【総勢20台超がスタンバイ!!】2020年新車カレンダー 怒涛の新車攻勢を暴く!!

 2020年は人気車種の新型からブランニューモデルに至るまで、総勢20台以上の新型モデルが登場する新車の「当たり年」に! 1月から12月まで各月に発売されるニューモデルは?

 2020年は、すでに発表されているとおり、ホンダの新型フィットやトヨタの新型ヤリスに加えて、小型SUVの日産 キックスなど、例年以上に多彩なニューモデルがデビューを控える。

 本稿では、流通ジャーナリストの遠藤徹氏が、足で稼いだ最新生情報をもとに、登場する新車情報と発売時期を一挙に解説。

 追加モデルなどを含めると、総勢20台以上の国産新車が、絶え間なく登場する勢いとなっている!!

文:遠藤徹
写真:編集部、TOYOTA、HONDA、DAIHATSU

【画像ギャラリー】2020年の注目新車 全ての写真&登場月予想を見る!


2月にヤリスとフィットが同時発売! 新型ノートも加わり三つ巴の戦いに

新型フィット/2020年2月発売

 2020年の新車スクープカレンダーは次世代コンパクトハッチを筆頭にSUV、電気自動車、スポーツバージョン、軽自動車などに集中している傾向がある。

 国内新車マーケットは業界筋によると、グローバル景気の後退や消費税引き上げの影響で3%程度のマイナス成長を予測する向きが強い。

 ただ、投入する新型車の出来如何では2019年実績並みか場合によっては若干のプラス転化の可能性もある。

 注目どころの傾向を追って見ると、まず次世代コンパクトハッチは、2月中旬にヴィッツの後継モデルであるトヨタ「ヤリス」とホンダ 新型「フィット」がほぼ同時期にデビューする。

新型ヤリス/2020年2月発売

 すでに2019年11月上旬にヤリス、12月中旬に新型フィットが相次いで先行予約をスタートさせた。両モデルとも絶好調の滑り出しを見せており、月販1万5000台規模の登録台数を確保し、納期は3ヶ月待ちの4月以降となっている。

 ついで、秋口にはもうひとつの雄である日産「ノート」も世代交代する見込みであり、以降、三つ巴の戦いが展開されるのは必至の情勢である。

SUVは5月の新型ハリアーからキックスなど大中小の新車が待機!

新型ハリアー/2020年5月発売予定

 SUVはトヨタの「Tjクルーザー」はじめ「ハリアー」「RAV4 PHV」「ランドクルーザー」、日産「キックス」など、引き続き豊富なラインアップが出番を待っている。

 日産 キックスは、従来のジュークに代わる新型コンパクトSUVだ。新たに開発した1.2リッターe-POWERの搭載で同分野でのトップセラー争いに加わるはずである。

 同じく日産のエクストレイルは2020年か2021年初めの一新なのか両情報が流れているが、年初に最終の改良が行われるので、その1年後の世代交代の方が濃厚と思われる。

 プラグインハイブリッドはRAV4とアウトランダーが投入される。航続距離の延長などの改良で、マーケットの拡大に勢いがつくことが予想される。

下半期はついにホンダeが日本発売! EV&スポーツ車も見所満載

ホンダe/2020年10月発売予定

 電気自動車はこれまでの日産 リーフ、三菱 i-MiEVに続いて、トヨタの超小型EVはじめ、「ホンダe」日産の新型軽EV、そしてマツダ「MX-30」などが続々と登場する。

 充電後の航続距離は100~250kmと日産 リーフに比べると物足りない気もするが、相乗効果でマーケットが急速に拡大する期待もある。超小型からミディアムクラス、ハッチバック、SUVなどラインナップもバラエティに富んでいる。車両本体価格は250~400万円の範囲で設定されそうである。

 これにトヨタが燃料電池車「MIRAI」をフルモデルチェンジする。

カローラスポーツ GRスポーツ/2020年6月発売予定

 スポーツバージョンはプリウス「GR」、カローラスポーツ「GRスポーツ」、ヤリス「GRスポーツ」、インプレッサ「STIスポーツ」などカスタマイズモデルを中心に豊富なラインナップとなっている。トヨタのGRスポーツシリーズが圧倒的に多い。

軽はデイズルークスからタフトまで新車攻勢続く!!

新型タフト/2020年4月発売予定

 軽自動車は2月中旬の日産「デイズルークス」を初め同日、三菱「eKスペース」、ダイハツ「タフト」、同「ムーヴ」、ホンダ「N-ONE」、スズキ「アルト」の6車種ものラッシュである。

 これに2019年12月24日にスズキが発表した新型ハスラーが1月20日に発表になるので、これを含めると7車種にも達する。

 こうしたことから2020年の登録車は2019年実績を下回りそうだが、軽自動車はプラスで200万台ラインを突破する見通しである。

 最もビッグなマーケットはスーパースペースワゴンで、ダイハツ タントが2019年7月にフルモデルチェンジし、11月にはホンダ N-BOXを抜いてトップセラーモデルとなった。

 これに対してN-BOXは10月上旬にマイナーチェンジし、反撃を開始しつつある。

新型eKスペース/2020年2月発売予定(※写真はスーパーハイト K-ワゴンコンセプト)

 第3勢力の日産 デイズルークス&三菱 eKスペースは、2019年3月にフルモデルチェンジしたデイズ、eKワゴン同様にプラットフォーム&エンジンなど基本コンポーネントを一新して同クラス最大の居住スペースの拡大や使い勝手向上を目指して開発を進めているので、どこまでシェア拡大が図れるかが注目である。

 デイズルークスは「デイズ」を外し、「新型ルークス」として分離独立するとの情報もある。上級&スポーツバージョンである「ハイウェイスター」とのコンセプト分けも明確にすることで、シリーズ全体のラインアップを充実強化する構えだ。

 eKスペースにはeKワゴン同様にSUVテイストの「eKスペースクロス」を設定することで、ルークスとのコンセプト分けを明確にする。

 SUVではダイハツの新型車「タフト」が、ライバルのスズキ 新型ハスラーをどこまで追い上げられるかが興味深い。新型タントと同様に新開発プラットフォーム&エンジン、足回りなどの全面刷新でSUVテイストを強調した仕立てとなる。

 従来の「キャスト・アクティバ&スポーツ」には、トヨタブランドの姉妹車「ピクシスジョイ」が設定されていたので、タフトのピクシスバージョンも同時にラインアップし、援護射撃態勢を取るはずである。

◆  ◆  ◆

 この他スバルは主軸モデルの「レヴォーグ」を世代交代し、新開発のパワーユニットを搭載することで、商品ラインアップを強化する。

■2020年 新車発売カレンダー(遠藤徹氏調べ)

【2月】
・ホンダ 新型フィット
・トヨタ 新型ヤリス
・三菱 新型eKスペース/日産 デイズルークス

【4月】
・ダイハツ 新型タフト
・日産 キックス

【5月】
・トヨタ Tjクルーザー
・トヨタ 新型ハリアー

【6月】
・トヨタ カローラスポーツ「GRスポーツ」

【7月】
・トヨタ 新型ランドクルーザー
・トヨタ 新型MIRAI

【8月】
・トヨタ 新型ヤリス「GRスポーツ」
・トヨタ RAV4 PHV
・ダイハツ 新型ムーヴ

【9月】
・日産 新型ノート
・スバル 新型レヴォーグ

【10月】
・ホンダe
・三菱 新型アウトランダー

【11月】
・ホンダ 新型N-ONE

【12月】
・日産 新型軽EV
・トヨタ 超小型EV
・スズキ 新型アルト

※本稿の新車発売予想スケジュールは、著者である遠藤徹氏が新車ディーラーを回って得た取材結果をもとに作成した予想であり、実際の発表スケジュールとは前後する可能性があります
(当サイトでは、登場予定新型車に関しては引き続き鋭意取材し、最新の情報が入り次第、情報をアップデートしてまいります)

【画像ギャラリー】2020年の注目新車 全ての写真&登場月予想を見る!

最新号

ベストカー最新号

【GRヤリス絶好調、タイプR今夏!! ほか】日本スポーツカー界最新ニュース&スクープ

 日本では軽自動車の販売比率が年々高くなると同時に、SUVの人気が高い。軽自動車以外のブランニューカーはSUVがメインとなっていて、スポーツカー受難の時代の様相を呈している。  しかし、そのいっぽうでジャパニーズスポーツカーの販売台数は多く…

カタログ