【ホンダ軽スポーツの両雄 進化&深化!!】 新しきS660&N-ONEの姿を見よ!

 ホンダは2020年1月10日、2シーター・オープンスポーツ「S660(エスロクロクマル)」および「S660 Modulo X」のマイナーチェンジ、また合わせてN-ONEの次期モデルを先の東京オートサロンにて公開した。

 いずれもホンダの軽スポーツを象徴する2台。どのような進化と深化を遂げたか(遂げるのか)? フィット&フリードのモデューロXコンセプトと合わせてご紹介したい。

■ホンダS660・N-ONEの主な変更点
・フロントグリルのデザイン変更(S660)
・ボディ同色フロントピラー採用(S660)
・新デザインのアルミホイール(S660)
・インテリアの質感アップ(S660)
・新開発プラットフォームを採用(N-ONE)
・シリーズ初の6MT搭載(N-ONE)
・マイナーチェンジではなくフルモデルチェンジ(N-ONE)

【画像ギャラリー】S660 N-ONE フィット フリード! 東京オートサロンで公開されたモデルをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文:ベストカー編集部/写真:HONDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月26日号


■ホンダ S660(2020年1月10日発売)

 S660の主なマイナーチェンジの内容は、前後デザインの小変更とステアリング、シフトノブの表皮にアルカンターラを採用したこと。

 また「デザインの深化」をコンセプトに、ボディーカラー同色のフロントピラー、新デザインのアルミホイール採用など、デザインに一層の磨きがかけられた。

エンジンやサスペンションはどう進化しているのか? 早く試乗して確かめてみたい!

 また「α」にシートヒーターを追加したほか、写真のアクティブグリーンパールなどの新色の追加など快適性を向上。

 エンジン、サスペンションの変更は伝えられていないが、4年の歳月を経たぶん熟成、進化していることは間違いない。

新たにアルカンターラを採用したS660のステアリングとシフトノブ。「α」ではシートも小変更を施した

■ホンダ N-ONE(2020年秋発売)

 N-ONEは外観だけ見るとほとんど変わっていないように思えるが、実は新開発プラットフォームを採用するなど中身は一新。

 デザインこそ超キープコンセプトだが、新世代軽に大きく生まれ変わっている。

見た目の変化はほとんどないが、中身は一新される2代目N-ONE

 東京オートサロンでは6MT搭載の「カフェレーサーコンセプト」として出展しており、イベントのキャラクターに合わせたものともいえるが、次期モデルはよりスポーツ性を重視するというホンダの宣言とも取れる。

 実際、この6MTは市販車でも採用されることが決まっている。

 オートサロンの会場で開発スタッフに「なぜ今、公開?」と問うと「N-ONEを大事に育てていく姿勢を見せたかった」との返答。

 その意気やよし。秋までにさらに磨き上げられることを期待したい。

現行型には設定のない6MTは市販モデルでも設定されるという

■フリード&フィットのモデューロX新型も公開!

 2月に登場する新型フィットと昨年10月にマイナーチェンジしたフリードの「モデューロX」も公開。専用エアロで空力性能をアップさせ、操縦性の向上に繋げるのはモデューロXの王道カスタマイズ。発売時期は未定だが、気になる2台だ。

ホンダ フリード モデューロX コンセプト2020
ホンダ フィット モデューロX コンセプト2020

【画像ギャラリー】S660 N-ONE フィット フリード! 東京オートサロンで公開されたモデルをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【今夏やってくる!?】ヤリスクロスオーバー&キックス最新情報|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、新型ヤリスクロスオーバーのエクステリアデザイン最新情報と、新型キックス含めた日産SUV新車攻勢の最新情報をお届け。  そのほか、予算200万円から250万円までで買える軽自動車&コンパ…

カタログ