今秋~来春発表予定!! トヨタ 新型ヤリス「クロスオーバー」全情報

 トヨタが新型コンパクトSUV「ヤリスクロスオーバー」を、2020年3月3日に『ジュネーブモーターショー』で世界初公開するはずだったのだが、新型コロナ禍の影響で延期になりその姿はいまだ不明だ。

 そんななか、2020年秋~2021年春に登場とされる新型クロスオーバーの最新情報を、BCスクープ班が入手した!

 販売好調の新型ヤリスのクロスオーバーということで、注目している人は多いだろう。今回は、スクープ班が入手したエクステリアデザインについて、詳細情報をすべてお伝えしたい。

※本稿は2020年3月のものです
写真/ベストカー編集部、TOYOTA
CGイラスト/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年4月26日号

【画像ギャラリー】新型ヤリスとその派生車となる「新型ヤリスクロスオーバー」を比較する!


■プラットフォームはヤリスと共通だがボディサイズはひと回り拡大

 肝いりで登場した新型車ヤリス。新開発コンパクトカー用TNGAプラットフォームは評価も高く、また、新開発された直3、1.5Lエンジンによるパワートレーンも低燃費と高いドライバビリティを両立しており、とても高い評価を得ていることはご承知のとおりだ。

 ヤリスの弱点を挙げるなら、ちょっと後席が狭いという点。しかしトヨタ関係者は「割り切ったためです。当然、新開発プラットフォームの幅広い車種展開を見据えた戦略のうえで、ヤリスはあえてあのサイズとしました」と言う。

 実際、2020年3月上旬に開催予定だったジュネーブショーにはヤリスより大きいBセグメントSUVを発表すると公表していたが、ショーの中止に伴い、モデル公開が見送られた。

 このBセグSUVこそが2020年秋~2021年春にデビューが計画されているヤリスクロスオーバーだ。

全長はヤリスよりも23mm長い4170mmとなることで後部荷室の容量がグンと大きくなる。ホイールベースは10mm長い2560mmだが、これはホイールトラベルの差によるものだ

 BCスクープ班がつかんだ情報では、ボディサイズは全長4170mm、全幅1765mm、全高1555mm、ホイールベース2560mmというもの。ヤリスよりも全長が230mmも長くなるとともにワイド化されることで後席スペース、荷室サイズが大幅に拡大される。

基本プラットフォームは新型ヤリスで初採用されたBプラットフォームで、フロア長などの変更もない。フロントサスはストラット、リアはFFモデルがトーションビームで、モーター駆動式4WD車はダブルウィッシュボーンとなるのもヤリスと同じだ。サスストロークは拡大され、これによるホイールトラベルぶんホイールベースが10mm伸びる

 ホイールベースはヤリスよりも10mm長いが、これはSUVとしてサスストロークを大きく取ることでホイールトラベルの余裕を取って伸びたぶん。フロアそのものが延長されるわけではない。

 ティザーではリアハッチゲート部のみが明らかにされていたが、BCスクープ班はエクステリアの全貌をつかんだ。こちらのCGが最終デザインだ。

ヤリスでは全幅1695mmで5ナンバーサイズに収められていたが、こちらは1765mmとワイドボディ。フェンダーモールの差だけではなく、ドアパネルも拡幅され、室内横幅もヤリスよりもワイドとなる

 搭載されるパワートレーンはヤリスと同じ1.5Lハイブリッドと1.5Lガソリンエンジンの2タイプで、1Lの搭載はない。

 デビューは2020年秋~2021年春の計画。クロカンテイストのロッキー/ライズと比べて、ずいぶんとスタイリッシュで都会派だ。

搭載されるパワートレーンはヤリスにも搭載される新開発された120ps/14.8kgmを発揮する直列3気筒1.5Lエンジン(M15A-FKS)+ダイレクトシフトCVTと、1.5Lハイブリッドの2タイプ。ハイブリッドモデルには後輪をモーターで駆動するE-Fourが設定されるのもヤリス同様。ヤリスには搭載される直3、1Lエンジンは搭載されない計画だ

【画像ギャラリー】新型ヤリスとその派生車となる「新型ヤリスクロスオーバー」を比較する!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ