フェアレディ GT-R エルグランド…日産2022年登場の新車6台を詳報


 今年2021年、そして2022年に登場が目されている日産車は以下の一覧の通りとなる。実に11車種。対決を煽るではないが、これはベストカーで報じているトヨタのラインナップにも引けを取らない数だ。

 かつて日本軽視と呼ばれた状況から考えれば口元が綻んでしまいそうだが、未だに懐疑的な見方もあるのは事実だし、問題はその中身だ。ここでは、2022年にラインナップされている6台について詳報したい。

●日産2021年&2022年ラインナップ一覧
・新型軽EV(2021年2月)
・アリア(2021年6月)
・セレナ(2021年10月)
・エクストレイル(2021年10月)
・IMQ(2021年12月)
・フェアレディZ(2022年3月)
・新型コンパクトミニバン(2022年6月)
・エルグランド(2022年8月)
・GT-Rファイナル(2022年11月)
・フーガ(2022年12月)
・シルフィ(仮称・2022年12月)

【画像ギャラリー】いずれ劣らぬビッグネーム! 2022年登場の日産車をギャラリーでチェック!!

※本稿は2021年1月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/NISSAN、MITSUBISHI、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号


■405ps+6速MTで日産復活へ猛ダッシュ 日産 新型フェアレディZ(2022年3月デビュー)

 日本国内市場における存在感回復を急務とする日産。

 昨年はキックス、そして新型ノートの投入で久々に注目を集めたが、やはりユーザーに真の復活を印象づけるには、元気かつ魅力的なスポーツモデルの投入しかない。そう、新型フェアレディZだ。

 昨年9月に公開された新型フェアレディZ。全長4382×全幅1850×全高1310mm(プロトタイプ)のボディは、伸びやかで美しいロングノーズスタイルとされつつも、どこかコンパクトにも思えるという、不思議な印象を見る者に与える。

初代S30型をイメージさせるディテールを与えられた7代目、新型Z。デコラティブなスープラとは対照的に、シンプルなラインでまとめられている

 そのボディに搭載されるエンジンは、現行スカイラインにも搭載されている3L、V6ツインターボのVR30DDTT。

 304ps仕様もあるが、上級グレードには400Rが積む405ps仕様が搭載されることになるはずだ。

実は全長が約120mm長い以外は、現行型とさほど大きさは変わらない
日本刀をイメージしたシルバーのモールディングが目立つリアスタイル。リアコンビランプは4代目、Z32型を彷彿とさせる

 また、このパワフルなエンジンに組み合わされるミッションに、6速MTが用意される点も注目。

 ライバルのスープラRZが8速ATのみということを考えると、スープラ以上にドライビングプレジャーを追求した性格とされていることが、このことからも容易に想像できる。来年3月の登場が、今から待ち遠しい。

ドライバーに向け、角度をつけて設置された3連補助メーターなど、すべてがドライバーのために作られたコックピット

■48Vマイルドハイブリッドでビッグマイナーチェンジ! 日産 GT-Rファイナル(2022年11月デビュー)

 CAFE(企業別平均燃費基準)規制については、リーフに代表されるピュアEV、さらに電動化の嚆矢として車種ラインナップをイッキに増強していく計画のe-POWER車でクリアできる可能性が高いのだが、2021年以降強化される騒音規制のクリアが困難なため、現行システムのGT-Rは2022年以降の継続生産が困難になる。

2022年に20台程度の限定生産となるGT-Rファイナルの価格は4000万円程度になるといわれる(画像はベストカー編集部による予想CG)

 V6、3.8Lツインターボを搭載するピュアな内燃機関パワーユニットのGT-Rはこれで幕を閉じることになる。

 だが最後に文字通り「ファイナルエディション」として、GT3レーシングマシンのエンジンをベースに手作業で組まれた720ps仕様のスペシャルVR38DDTTを搭載するモデルが限定生産される計画。

 価格は4000万円級と言われ、生産台数は20台程度というレアモデルとなりそう。

 これでGT-Rの歴史にピリオドが打たれるのかというと、実は「次の一手」が用意されている。

 それがGT-Rハイブリッドだ。

 R35GT-Rの基本プラットフォームを活かしながら、3.8Lツインターボに48VISGを組み合わせてマイルドハイブリッド化する。

GT-Rは48Vマイルドハイブリッド化で2024年まで生産される(画像はベストカー編集部による予想CG)

 中間域のトルクをモーターでカバーすることで燃費を稼ぎながら、エンジン音もマイルドにして騒音規制をクリアするのが狙い。

 2022年末にビッグマイナーチェンジで登場の計画だ。

CAFEによる燃費規制もさることながら、騒音規制が大きなネックとなるGT-R。48Vマイルドハイブリッドの採用で、エンジン特性を見直して騒音規制をクリア。2022年後半ビッグマイナーチェンジ(画像はベストカー編集部による予想CG)

次ページは : ■上質感を武器にライバル追撃へ! 日産 新型エルグランド(2022年8月デビュー)

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ