新型アクア 7月19日発表直前全情報!! 注目の燃費35.8km/Lで全グレード&価格判明


 2011年に、コンパクトハイブリッドカーとして登場したトヨタ アクア。初代は、発売から1か月で月販12万台を記録した、モンスターモデルである。

 登場から約10年が経過する今年、年間販売日本一も達成したアクアが待望のフルモデルチェンジ。7月19日に記者発表をおこなう。すでに全国のトヨタ販売店に情報が回っており、今回、当編集部はその販売店へ徹底取材。ハイブリッド専用車として気になる燃費や価格など、新型アクアの情報を発表直前の今、詳細にお伝えしていこう。

文/佐々木亘
写真/TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】トヨタアクアが10年ぶりにフルモデルチェンジ! 発売1か月で12万台を記録した現行型モデルをみる


新型アクアは全4グレード! 価格は198万円スタート

写真は現行型のアクア(販売期間:2011年~/全長4050×全幅1695×全高1455mm/ホイールベース2550mm)

 新型アクアは、4グレードで販売スタートだ。現行で用意されていたクロスオーバーとGR SPORTは、一旦廃止される。

 新型アクアのグレードは、廉価グレードの「B」(レンタカーや法人向け)、個人向けエントリーグレードの「X」、販売の中心となる中間グレードの「G」、最上級の「Z」となる。各グレードで駆動方式はFFかE-fourどちらかを選択可能だ。

 このうち、「X」に関しては、生産開始時期を半年遅らせることが確定的となった。売れ筋となる「G」・「Z」グレードの生産を優先し、納期の短縮を図る狙いがあるのだろう。

7月19日に発表される新型アクア(予想CG)。全4グレードで、価格はレンタカーや法人向けの廉価グレードは198万円からとなる(全長4050×全幅1695×全高1485mm/ホイールベース2600mm)

 各グレードの価格は以下の通りだ。

■新型アクア グレード&価格一覧(筆者調べ)

「B」FF:198万円/E-four:217万8000円
「X」FF:209万円/E-four:228万8000円
「G」FF:223万円/E-four:242万8000円
「Z」FF:240万円/E-four:259万8000円

 ハイブリッドシステムは、1.5L直列3気筒ダイナミックフォースエンジンに、新開発のバイポーラニッケル電池を組み合わせる。(「B」グレードはリチウムイオン2.0電池)

 気になる燃費は、最廉価の「B」でWLTCモード燃費35.8km/L(現行型+6.0km/L)を達成し、「X」・「G」・「Z」ではWLTCモード燃費34.6㎞/Lとなる模様だ。ヤリスハイブリッドがWLTCモード燃費36km/Lを記録しており、少々物足りなさも感じる。

 しかし、EV走行可能速度が現行型では20km/h、ヤリスハイブリッドでは30km/hのところ、新型アクアでは40km/hまで拡大する。走行時間全体における、EV走行の時間をより長く保つことができ、新型アクアはWLTCモード燃費の数字よりも、実燃費に期待が持てるクルマに仕上がっているのだろう。

トヨタ初装備も目白押し! アクセルペダルオフで減速制御も導入

新型アクアには、新型ハイブリッドバッテリーに加えて、コンパクトカーでは初採用となる強回生システムが採用される。さらに最新トヨタセーフティセンスとMIRAIに搭載されているフルオート駐車支援機能が初搭載される

 走行性能では、前述の新型ハイブリッドバッテリーに加えて、トヨタコンパクト初採用となる、強回生システムを採用し、運転者の負荷を軽減する。アクセルペダルOFFで減速コントロールが可能になり、ペダルの踏みかえ頻度を下げ、運転の疲れや空走時間を低減するものだ。

 先進安全装備には、最新のトヨタセーフティセンス(TSS)を搭載する。基本はヤリスに搭載されているTSSと同機能となり、クルーズコントロールは全車速追従方式を採用した。

 加えて、パノラミックビューモニター(PVM)、ブラインドスポットモニター(BSM)+リアクロストラフィックオートブレーキ(RCTAB)は、メーカーオプション(MOP)として設定される。インテリジェントクリアランスソナー(ICS)は、「Z」・「G」で標準装備、「X」・「B」ではメーカーオプションだ。

 ICSの機能には、車両前後の静止物に対するブレーキに加え、側方の静止物に対するブレーキ機能を追加した(車両側方のソナーとカメラで検知するため、後述のアドバンストパーク装着車のみ対応となる)

 また、トヨタチームメイト[アドバンストパーク](フルオート駐車支援機能)を、トヨタコンパクトで初搭載する。

 MIRAIと同様に、アクセル・ブレーキ・ステリング・シフト操作を自動で行い、無駄な切り返しの無い動きで、約30秒で駐車を完了できる。区画線や隣接車両がなくとも、事前に駐車位置をメモリー登録すれば使用できるので、自宅車庫など、様々な場所で使用可能だ。

次ページは : 注目の外観&内装はどう変化? ボディカラーやシートバリエーションも詳報

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ