新型ランドクルーザー300公式世界初披露!! 今夏にHVなしで登場確定!!


 トヨタのフラッグシップSUVであるランドクルーザー、世界中が待ち望む14年ぶりのフルモデルチェンジの詳細が、2021年6月10日東京時間午前2時半にオンラインで公式発表された。

 2021年に登場する新型車のなかでも最大の注目を集める新型ランドクルーザー(ランクル300)の発表情報を、すべてお知らせしたい。

文/柳澤隆志 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】未掲載写真も収録!! 世界初披露された新型ランクル300の姿をまとめて見る!!!

■東京の午前2時半はドバイの午後9時半にあたる

 今回発表された新型ランドクルーザー300シリーズは、世界中で高い評価を受ける「陸の王者」として活躍を期待されている。伝統の「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」としての「オフロードでの信頼性・耐久性・悪路走破性という骨太さ」に加え、「オンロードでの乗り心地の良さと使い勝手の良さ」を持つ、高級SUVとして二つの性格を持つよう企図されている。

 そしてその相矛盾するような二面性が「二兎を追うものは一兎をも得ず」ではなく、両者の「いいとこどり」となってデビューしてくると思うと期待は高まる。

中東を狙い打ったような時間にワールドプレミア(世界初披露)された、トヨタのフラッグシップSUV新型ランドクルーザー

 今回のグローバルプレミア発表時間「東京時間午前2時半」とは、究極の実用性とラクジュアリー性の両者を兼ね備えることが非常に重要となるマーケット、「中東」で最も注目を浴びる時間帯を意識したもの。

 東京時間午前2時半は、サウジアラビアのリヤドでは午後8時半、UAEのドバイでは午後9時半にあたる。新型ランドクルーザーが二羽のウサギを捕まえている自信の表れと言ってもいいかもしれない。

今回の世界初披露では、砂漠を疾走するシーンと都市部のハイウェイを走行するふたつのシーンが公開された。ランクル300が持つ「二面性の両立」がアピールされたかたち

 今回の新型ランドクルーザー開発を取り仕切ったトヨタ自動車・横尾貴己チーフエンジニアは、自らが先代200シリーズのハンドルを握り、世界の道の8割が集まるというオーストラリアをドライブしたところ、「クルマの挙動に逐一注意を払う必要があり、疲れたこと」に気づき、新型300シリーズの開発に当たっては「まず運転しやすいこと、疲れないこと」を目標にしたという。また悪路走破性に関しては歴代過去最高だった80シリーズを超えることを目標としたとのこと。

世界初公開写真。グリルの形状が異なるモデルが存在することがわかる(真ん中のおそらく標準仕様はレクサスLXに似ている気が…)

■70年の蓄積を背負った究極の働くクルマ

 1951年8月にTOYOTA BJ型として発売されてから70年の時を経て蓄積された伝統のフレーム構造を持つ「究極の働くクルマ」としての経験知に加え、パワートレインユニットとプラットフォームを一体で開発するTNGAの発想に基づく最新技術、新GA-Fプラットフォームを導入。第一に運転しやすく疲れないドライビングポジションを確保。

新型ランクル300は2種類(以上)のグリルを持つことが判明。グリル内には「GR」のロゴも見える

 構造は不変ながらも新設計されたラダーフレームと世界初のフレーム溶接技術に加えエンジンのダウンサイズにより200kgの軽量化と重量バランスの適正化、低重心化を実現。悪路でのタイヤの路面密着性を高めるため、タイヤのストローク方向とショックアブソーバーの位置関係を改善するなどサスペンションの基本性能の向上が図られた。

 またオンロードではスタビライザーを電子制御で作動させて走行を安定させ、オフロードではスタビライザーの機能を解除して悪路での足回りの柔軟性を確保するE-KDSSを世界初搭載。

 ドライバーが悪路での障害物を見落とさないよう直感的に可視化するマルチテレインモニターや路面状況をクルマが確認しマルチテレインセレクトが自動で選択され、オフロードでの運転支援がより強力となった。

【画像ギャラリー】未掲載写真も収録!! 世界初披露された新型ランクル300の姿をまとめて見る!!!

次ページは : ■エンジンは2種類のV6ツインターボ