新型ランクル300発表! さっそくディーラーに買いにいってみた!


 2021年6月10日に中東トヨタが世界初公開した新型ランドクルーザー300。筆者の周りでも評判は非常に高く、普段クルマにあまり興味を持たない友人たちも「詳細はどのくらいわかっているのか?」、「日本はいつ発売? 価格は?」と聞いてくる始末。

 そのうちのひとり、友人Aが新型ランクルがとても気に入ったので早速ディーラーに商談しにいったという。

 その友人の商談の話を踏まえ、新型ランドクルーザー300の発売時期、グレード展開、価格、販売現場などはどうなっているのか、最新情報をお伝えしていこう。

文/柳澤隆志
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】新型ランクルついに世界初披露! 公開された海外仕様車をギャラリーでチェック!!


どのモデルが人気? やはりディーゼルか?

こちらが標準仕様新型ランドクルーザー300。最上級のZXグレードだと思われる
TOYOTAのロゴとブラックアウトされたグリルが特徴のGRスポーツ
GR SPORTのリアスタイル

 友人Aは現在2014年式BMW320dスポーツに乗っていて今年11月に車検を迎える。そろそろ乗り換えるべきかと思って次のクルマを探していたところ、「新型ランクルGR SPORTがカッコいい!」とひと目惚れ。

 気に入ったポイントはずばり見た目。ブラックアウトされたフロントグリルとタイヤのアーチ部分。そしてグリルに大きく入ったTOYOTAのロゴ。ひと昔前のランクルやFJクルーザーを彷彿とさせる無骨なデザイン。

 友人Aいわく「グリルのカラーと合わせて外装色はブラックもしくはグレーメタリックの濃色系がいいと思いました。ランクル史上最高の悪路踏破能力は私にとって宝の持ち腐れですが、他のグレードはアルファードっぽくてどうも好きになれずGR SPORT一択です」とのこと。

 発売タイミングや納期、価格、サイズ等の詳細が知りたくて、いても立ってもいられなくなり、知り合いにトヨタディーラーの営業マンを紹介してもらって早速ディーラーに商談に行ってきたとのことだった。

営業用資料はまだ部外秘のセールスマニュアルしかない

新型ランドクルーザー300のリア回り。200に比べテールランプが横長になった

 彼が向かったのは都内某所の幹線道路沿いにあるモビリティ店。平日で他の客はあまりおらず待つことなしに面談コーナーに案内され、さっそく、若くてハンサムでやり手のにおいがプンプンする営業マンと名刺交換。

 「いやあ、問い合わせ本当に多いんですよ、先代200系のオーナーからもそうですし、お客様と一緒でドイツ車からの乗り換えの方も多くて」とのっけからうれしい悲鳴を聞かされる。

 「現時点で営業用の資料はカタログも何もなく、あるのはセールスマニュアルだけなので、これを一緒に観ながら説明させてください」と言われ、富士通の黒い2-in-1端末にインストールされた30ページ弱の電子ブックが見ながら詳細説明を受ける。外部への情報流出を恐れてか電子ブックには営業マンのIDと思しき電子透かしが入っているのが印象に残ったそうだ。

 まずは今回の新型ランドクルーザーが「どこへでも行き、生きて帰ってこられる」というこれまでの「人の命と生活を守るクルマ」の哲学を踏襲する正統進化であることの説明を聞く。電子ブックページ上には「営業用のビデオを参照すること」という記載があり、営業マンがしっかり事前に情報を頭に入れたうえで顧客にマーケティングを行うよう指示があったが、ビデオ教材はまだ準備できていないらしい。

 先日のワールドプレミアでの紹介動画は中東市場を意識して英語でのプレゼンテーションとなっていたが、今回の300系の開発テーマが語られる部分など多くは日本語のままだったので友人Aの頭にはひと通りの知識はインプットされていた。

 また彼は直近ロシアのトヨタ公式HPにてGR SPORTの内外装デザインがバッチリ見られる動画も観て予習をしたらしく、営業マンとの会話もスムースに進んだそうだ。

次ページは : 悩ましかったエンジン選択は営業マンからナイスアドバイス!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ