キャラバンに改良型登場!! 最強の2番手がハイエースを超えられない4つの理由

日産の老舗に改良型登場!! 「最強の2番手」キャラバンがハイエースを超えられない4つの理由

 街中での配達などに使われるクルマとして、頻繁に見かけるのがワンボックスバンだ。

 なかでも人気車種にトヨタ ハイエースがある。ハイエースの2019年における登録台数は、すでに廃止された姉妹車のレジアスエースを含めて9万300台(月平均で7525台)、2020年はコロナ禍の影響を受けながら7万8410台(6534台)であった。

 いずれも乗用車でいえば、ヴォクシー、シエンタ、ルーミーなどと同等の売れ行きだ。

 いっぽう、ライバル車となる日産 キャラバンの登録台数は、2019年が約2万5000台(月平均で2083台)、2020年は約2万台(1667台)に留まる。ハイエースの25~28%と低迷している。

 キャラバンは2021年10月にマイナーチェンジを実施して、フロントマスクのデザインを変更したり、ガソリンエンジン車のATを従来の5速から7速に変更した。改良後の売れ行きは不明だが、少なくとも従来は、販売面でハイエースに前述のような大差を付けられていた。

 なぜキャラバンは、販売面でハイエースを超えられないのか。そこには4つの理由がある。

文/渡辺陽一郎、写真/NISSAN、TOYOTA

【画像ギャラリー】本文未収録写真あり!! マイナーチェンジを受けた日産 キャラバン(9枚)画像ギャラリー

■マイナーチェンジした日産 キャラバン

2021年10月にマイナーチェンジを受けた日産 キャラバン。フロントのデザインが変更されたほか、ガソリン車のATが従来の5速から7速となった(写真はバン EX〈2WD〉ロングボディ)

 まず最も大きな理由は、1980年に登場した2代目、あるいは1986年に発売された3代目の商品力だ。この時代のキャラバンはボディ剛性が弱く「片輪だけを歩道に乗り上げて駐車すると、スライドドアを開閉できなくなる」などといわれた。

 そのためにワンボックスバンをベースにしたキャンピングカーを製造する業者も、大半がハイエースを選んだ。「キャラバンのボディはヤワで、キャンピングカーの架装には適さない」といわれていた。

 この後、キャラバンは2001年に発売された4代目、2012年の現行型で改善を加え、今ではスライドドアが作動不良を発生するような問題は聞かれない。開発者も「入念に開発している」というが、商用車では、このような以前の評価が語り継がれてしまう。

 なぜなら車両に問題があると、仕事に支障が生じるからだ。万一スライドドアが開閉不能になれば、荷物の積み降ろしに時間がかかり、仕事の進行が滞る。車種をハイエースからキャラバンに変えたことで、何か問題が生じたら困るから、よほどのことがない限りハイエースに乗り続ける。

 また、新しく商売を始める時も「ハイエースを選べば安心」と聞けば、キャラバンを購入しない。乗用車であれば、多少の不安が伴っても好みを優先して選ぶが、商用車では仕事を円滑に行える信頼性が何よりも重視される。

■好条件で売却できる王者ハイエース

優れた耐久性から現場での絶大な支持を得るトヨタ ハイエース(写真はバン スーパーGL〈標準ボディ・2WD・ディーゼル車〉)

 ハイエースが売れてキャラバンが伸び悩む2つ目の理由は、数年後に売却する時の価値だ。買取店では「ハイエースは購入から10年以上を経過して、思い切り使い倒された車両でも、確実に売却できる。査定額がゼロになることはない」という。

 前述のとおりハイエースは古くから優れた耐久性を備えているから、過酷に使われる海外市場でも人気が高い。「低年式を含めて、さまざまなハイエースが海外へ輸出されるので、国内の流通台数が減り、中古車価格や買い取り価格を高めている」とのことだ。

 そして好条件で売却できることは、仕事で使う商用車では大きな魅力になる。例えば複数の商用車を使う法人の経営が悪化した時など、所有する車両の何台かを高値で売却できれば、運転資金に充当できるからだ。

 個人が使う乗用車でも高値で売却できることは魅力だが、商用車では資産価値がさらに重要になる。ここにもハイエースが好調に売れて、キャラバンが及ばない理由がある。

次ページは : ■法人や一人親方などの商用利用がほとんどを占めるキャラバン