新型ノア最終確定! 盤石トヨタの2022~2023戦略を追え!

新型ノア最終確定! 来年以降も新型続々!? 盤石トヨタの2022~2023戦略を追え!

 車種ラインナップを絞る傾向にある最近の各メーカーの動向だが、トヨタは今年もすでにアクアやランクル300を新型にモデルチェンジして投入。GR86のモデルチェンジもスタンバイするなど、ニューモデル投入に積極的だ。

 来年以降も矢継ぎ早にニューモデルの投入計画があり、車種ラインナップの整理とともに、再構築に向けた戦略的ニューモデルの動向から目が離せない。ノア、ヴォクシー、アルファード、ランクルプラド、プリウス、カロスポGR…。2022年から2023年、トヨタの新型車情報を追う!

※本稿は2021年9月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年9月26日号

【画像ギャラリー】掲載しきれなかった画像もご紹介! トヨタ2022-2023の戦略をギャラリーで見る!


■トヨタ 新型ノア&新型ヴォクシー(2022年1月登場予定)

 そんなトヨタのニューモデル、ベストカーが掴んだ最新情報が、来年1月に新型にモデルチェンジが計画されるノア&ヴォクシーの確定エクステリアだ。

 販売チャンネルの統合に伴い、いわゆる「兄弟車」の一本化を進めるトヨタ。現行型ではノア、ヴォクシー、エスクァイアと3モデルを用意しているが、モデルチェンジする新型はノアに統一される方向である。

 とはいえ、現行型ではノア、ヴォクシーがそれぞれ高い人気を維持していることから、新型では車名は『ノア』に一本化されても“カスタム”的な個性をアピールするフロントマスクのモデルが用意されることとなる。その最終確定フロントマスクがここでお見せするCGだ。

こちらが従来のノアに相当する標準仕様のフロントマスク。全幅は1695mmに抑えられ、5ナンバーサイズを堅持する
こちらがいわゆる“カスタム”的なモデル。ワイドフェンダーで全幅は1700mmを超える。このフロントマスクはベストカーが掴んだ最終確定版だ。車名は「ノア」に一本化されるというのが最有力だが、最終確定ではない

 基本コンセプトに大きな変化はなく、全幅1965mmの5ナンバーサイズを基本としながら、“カスタム”的モデルはワイドフェンダーの3ナンバー仕様となる。

 もちろんプラットフォームはカローラなどに採用される最新のTNGAとなる。パワートレーンは2ZR型1.8Lエンジンを組み合わせたハイブリッドに加え、2Lダイナミックフォースガソリンエンジン搭載モデルも設定。

 ハイブリッドのバッテリーはアクアで新開発搭載された「バイポーラ型ニッケル水素電池」が採用され、プリウスやカローラよりもさらにモーター走行領域を強化。ドライバビリティの向上を実現する。

●ここがポイント!

 基本的にはキープコンセプトのモデルチェンジで、全幅1695mmに収まる5ナンバーサイズのBOX型ミニバン。現行型ではノア、ヴォクシーにエスクァイアも加えた三兄弟だが、トヨタの販売店統一戦略のなか「ノア」に一本化。

 しかし、よりスポーティなテイストのフロントマスクのヴォクシー人気も高いことから、上のような“カスタム”モデルも設定され、新型ノアは2つの顔が用意されることになる。プラットフォームはカローラシリーズなどで高評価のTNGA。1.8Lハイブリッドと2Lガソリンエンジンを搭載。

1.8Lハイブリッド&2Lダイナミックフォースガソリンエンジンを搭載
こちらは2L、直4ガソリンエンジン

■トヨタ 新型プリウス(2022年12月登場予定)

 そのプリウスは来年12月にフルモデルチェンジの計画だ。最新技術をフル搭載するのがプリウスの流儀。

 当然ベースとしてバイポーラ電池による1.8Lハイブリッド&PHEVはあるのだが、トピックスとして挙げられるのが水素燃焼エンジンを組み合わせたPHEVの存在。

トヨタ 新型プリウス(2022年12月登場予定)。PHEVに加えて水素燃焼PHEVも用意!?(画像はベストカー編集部による予想CG)

 水素燃焼エンジンは、トヨタが推し進める、まさに「戦略的」パワートレーン。プリウスの使命は燃費リーダーだったが、来年12月に登場予定の5代目プリウスは、燃費という言葉だけではなく、さらに範囲を拡大した「カーボンニュートラル」をキーワードとする戦略的モデルになる。水素燃焼エンジンの開発にはもう少し時間が必要とのことで、2023年以降に追加されることになる。

●ここがポイント!

 燃費リーダーを突き進んでいた歴代プリウスだが、来年12月にモデルチェンジが計画される5代目は、さらに「カーボンニュートラル」のリーダーカーとして突き進むことになる。このエクステリアは、スクープ班が掴んでいる最終確定版。1.8Lハイブリッドに加え、2023年には水素燃焼エンジンによるPHEVを追加。

次ページは : ■トヨタ 新型ランドクルーザープラド(2022年8月登場予定)