GT-R後継はどうなる!? スイフトスポーツの「次」は!? 国産スポーツモデルスクープ総まとめ

GT-R後継はどうなる!? スイフトスポーツの「次」は!? 国産スポーツモデルスクープ総まとめ

 EU議会が改めて2035年までにエンジン車の販売を中止すると発表。同じEU内でも反対する国や組織があり、また法的拘束力もないが、時代は確実にEVに進んでいる。

 とはいえ、エンジン車の計画もまだ数多くあり、パワーユニットの多様化がひとつの楽しみともなりそうだ。ここから数年先、日本のスポーツモデルは新たな局面に突入する! 走りの楽しさへの追求はこれからも続く!!!

●国産スポーツモデルスクープ総まとめラインナップ
・日産 R35GT-R(マイナーチェンジ・2023年春登場予定)
・スズキ スイフトスポーツ(2023年春登場予定)
・レクサス LS F(2023年春登場予定)
・日産 フェアレディZ NISMO(2023年夏登場予定)
・レクサス LFAII(2025年登場予定)
・トヨタ ダイハツ スズキ3社共同開発 1Lクラスミドシップスポーツ(2025年登場予定)
・トヨタ GR(500ps級)EVスポーツ(2026年登場予定)
・日産 次期R36GT-R(2028年登場予定)


※本稿は2022年7月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年8月10日号

【画像ギャラリー】総勢8台!!! ベストカーが掴んだ国産スポーツの新鋭をギャラリーでチェック!!!(19枚)画像ギャラリー

■日産 R35GT-R(マイナーチェンジ・2023年春登場予定)

●現行R35GT-Rはマイチェンモデル登場

 現行R35型の受注は終了しているGT-Rだが、一時休止後にマイナーチェンジして来年春に再登場することが確実となっている。

 現行型をベースに内外装をスキンチェンジする方法が有力で、マイチェンと言いながら、新型に近いレベルに変えられるというから楽しみ。エンジンや足回りなどは小規模改良に抑えられそうだが、純エンジンのGT-Rはこれが最後になること必至。激しい争奪戦が繰り広げられそうだ。

現行R35GT-Rはマイナーチェンジモデル登場(2023年春デビュー予定・画像はベストカーによる予想CG)
現行R35GT-Rはマイナーチェンジモデル登場(2023年春デビュー予定・画像はベストカーによる予想CG)

■スズキ スイフトスポーツ(2023年春登場予定)

●マイルドハイブリッドで新境地を拓く

 国産コンパクトスポーツの頂点、スイフトスポーツが来年春に生まれ変わる。

 小さく、安く、よく走るというコンセプトはそのままに現行型の直4、1.4Lターボをマイルドハイブリッド化。エンジン本体も圧縮比の向上や電動吸気VVT、EGRの採用などで進化させ、最高出力は140psから150psにアップするとの情報が入っている。

 マイルドハイブリッドとはいえ、効果は絶大。燃費性能の向上はもちろん、極低回転域ではモーターのトルクを生かしてピックアップをよくできる効果もあり、燃費だけでなくスポーツ性も向上してくるはず。

 モーターを加えることによる重量増も最小限に抑え、スイフトスポーツの持ち味である「軽さ」も維持する。

次ページは : ■レクサス LS F(2023年春登場予定)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!