現行型は9月にマイナーチェンジ予定! 新型スイフト&スイフトスポーツはどうなる? 純ガソリン車+MTはなくなるのか?

現行型は9月にマイナーチェンジ予定! 新型スイフト&スイフトスポーツはどうなる? 純ガソリン車+MTはなくなるのか?

 2022年8月、欧州の公道でカモフラージュが施された、新型スイフトと思われる覆面テスト走行車がついにその姿を現した。

 そこで、新型スイフト&スイフトスポーツの中身はどうなるのか、デビュー時期はいつになるのか、行方を追った。

 現行スイフト&スイフトスポーツのマイナーチェンジ情報も入手したので合わせて紹介していこう。

文/ベストカーweb編集部
写真/ベストカーweb、スズキ、APOLLO NEWSERVIS(スイフト覆面テスト走行車)

【画像ギャラリー】新型スイフトスポーツは1.4リッターターボの48Vマイルドハイブリッド! 現行モデルが最後の純ガソリン車!(8枚)画像ギャラリー

■現行モデルは9月にマイナーチェンジ予定

現行スイフト
現行スイフト

 現行スイフトは2017年1月に販売され、スイフトスポーツは2017年9月に登場した。その現行スイフト&スイフトスポーツが、9月にマイナーチェンジが行われるという情報をディーラーから入手した。

 スズキ販売店の営業マンに尋ねると以下のような返答が来た。

 「法規改正に伴う仕様変更がメインで小変更にとどまります。車体色の変更やグレードの見直しなどで価格は1万円ほどアップすると聞いています。スイフトスポーツもほぼ変わらないといっていいと思います」。

 納期についても聞いてみたが、今から(8月下旬)に注文すると6ヵ月~7ヵ月だという。スイフトスポーツについては「7月に受注停止という噂がネットで流れていましたが、そんなことはありません。普通に買えますよ。最後の純ガソリン車のMT車となる可能性がありますので、早めに注文していただければと思います」。

 たしかに営業マンの言う通り、140ps/23.4kgmを発生する1.4Lガソリンターボのホットハッチが、受注生産となるスズキセーフティサポート非装着車が188万5400円(6MT)/195万6900円(6AT)、標準車が202万8400円(6MT)/209万9900円(6AT)で買えることを考えると、急いだほうがいいかもしれない。

■新型スイフトはどうなる? 発売時期は2023年春頃の予定

欧州で撮影された新型スイフトの覆面テスト走行写真(写真/APOLLO)。エンジンフートの切れ込みがヘッドライトの上になっている点に注目
欧州で撮影された新型スイフトの覆面テスト走行写真(写真/APOLLO)。エンジンフートの切れ込みがヘッドライトの上になっている点に注目
現行スイフト。ドアノブの位置に注目。現行はCピラーの窓枠にあるが新型は通常の位置、ドアに取り付けられている
現行スイフト。ドアノブの位置に注目。現行はCピラーの窓枠にあるが新型は通常の位置、ドアに取り付けられている

 まずは、撮影されたスイフトの覆面テスト車を見てほしい。カモフラージュされていてわかりにくいが、全体的なフォルムは、現行スイフトからのキープコンセプトながら、フロントフードの切れ込みがヘッドライトの上になっている点に注目。加えてフロントグリルのハニカム形状も継承していることがわかる。

 そして、現行スイフトはリアドアのドアノブがCピラーの窓枠にあるのに対し、新型スイフトはフロントドアと同じ通常の位置に配置されているのがわかる。

 現行スイフトの日本仕様は、当初ラインナップしていたストロングハイブリッドが廃止され、現在はK12C型1.2L、直4ガソリン(91ps/12.0kgm)と、ISG(モーター機能付き発電機)付きのK12C型1.2L、直4+マイルドハイブリッド(91ps/12.0kgm+3.1ps/5.1kgm)の2種類。

 注目の新型スイフトのパワートレインは、改良が行われたK12C型1.2L、直4ガソリン車と、K12C型の1.2L、直4ガソリン+48Vマイルドハイブリッド仕様になる見込み。発売は2023年春頃の予定。

次ページは : ■新型スイフトスポーツはどうなる?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します