パジェロミニ復活計画は頓挫……しかし「デリカミニ」があった!!! 来春もう発売!!?

パジェロミニ復活計画は頓挫……しかし「デリカミニ」があった!!! 来春もう発売!!?

 以前のスクープで、パジェロミニが復活すると報じた。読者の反響は予想以上に大きく、期待の大きいクルマであることがよくわかったのだが、申し訳ない! その後の調査で、その計画はなくなったことが判明してしまったのだ。

 だがそれと入れ替わるように新たなモデルのスクープ情報が入ってきた! 「パジェロミニ」はなくなったが、「デリカミニ」があったのだ! パジェロミニ開発断念の詳報と新たなモデルについてお届け!

※本稿は2022年8月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/MITSUBISHI、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年9月10日号

【画像ギャラリー】ハスラー タフトとガチ勝負!!? 予想CG、兄貴分となるD:5の画像をギャラリーでチェック!(24枚)画像ギャラリー

■パジェロミニ復活計画は頓挫… 一体なぜ???

 情報筋によると、パジェロミニ開発断念の理由はやはりコストの問題だという。

 本格的な軽SUVはコアなファンこそ確実にいるものの、そこに行き渡ったあとも継続的に売れ続けるのは難しい。

 それは過去のパジェロミニの販売動向が示しているとおりだ。同じ理由で、軽自動車の開発、生産で提携している日産が難色を示したという説もある。

 一時の不振から脱却し、急激な回復ぶりを見せて好調な決算が続いている三菱だが、趣味性の高い軽自動車を投入するには時期尚早という判断だろうか。

 ただし、一度は開発にGOサインを出した案件なのだから、今後の状況しだいでは再開もありうる。三菱のさらなる業績回復に期待したいところだ。

新型パジェロミニのベストカーによる予想CG。今回の復活の可能性は潰えてしまったが、三菱の昇り調子が続けばきっと…と期待する面は拭えない。引き続き情報を注視していきたい!

 さて、パジェロミニ開発断念の報に肩を落とすベストカーに、意外な情報が飛び込んできた。パジェロミニはなくなったが、デリカミニがあったのだ!

 パジェロもデリカも三菱のビッグネーム。その名前を使って新型車を出す手法に賛同するファンは多いだろう。

■知らぬ間に開発が進んでいて、デビューは来年春との情報 本格4WDシステムを搭載か?

 デリカミニはその名のとおり軽自動車で、当然、デリカD:5のイメージを色濃く表現したクルマとなる。

デリカミニを名乗るなら、当然デリカD:5のイメージを感じさせるミニバン+SUV風のエクステリアデザインになる。直接のライバルはハスラーとタフトで、両車よりもワイルドな雰囲気を演出するデザインになりそうだ(画像はベストカーによる予想CG)

 具体的にはボックス型、リアスライドドアのハイトワゴンで、軽自動車の規定上3列シートにはできないが、外観はミニバンのイメージとなる。もちろん、デリカを名乗る限りSUVのテイストは必須で、それもクロスオーバーではなく本格的なSUVとなる。

 パジェロミニに気を取られていたベストカーにとって、デリカミニは寝耳に水といったもの。

 さらに驚かされるのは開発がもうかなり進んでいて、来年春(3~4月)には登場するスケジュールになっていることだ。悔しいが、まったく気づいていなかった!

 気になるのはeKクロス、eKクロススペースとの差別化だが、デザインは前述したとおり「もっとSUVテイスト」とすることで解決できる。

 来年春という登場時期から推察するに、パワーユニットはeKシリーズのものを踏襲することになりそうだが、4WDシステムはeKシリーズのビスカスカップリングを使ったオンデマンド方式よりもっと本格的なものとなる可能性もある。

「デリカ」を名乗るなら、見た目だけでなく、実際に悪路に強い走行性能も期待されるからだ。

 最低地上高はeKクロス(155mm)よりも大幅に上げられ、190mm前後の数値となるだろう。

 もうひとつの注目はガソリンエンジン+マイルドハイブリッドだけでなくBEVがあるかどうかだが、この点に関しての詳細な情報は入っておらず、想定されるのは「遅れて追加される」というもの。

 まずは売れゆき好調のeKクロスEVの納車を進めてからということになりそうだ。もちろん「マイパイロット」をはじめとする先進運転支援システムも装備される。

 円安効果もあって、財務状況が一気に好転している三菱だが、それ以上に新型アウトランダーPHEVをはじめとする商品力の向上が明るい材料。

 来年はじめには次期RVRも登場予定で、このデリカミニでさらに勢いを増しそうだ。

 なんと言っても、そのネーミングからもファンの喜ぶツボを理解していることが伝わってくるのが嬉しい。

 三菱に明らかな変化が見られる。パジェロミニの開発は頓挫したが、デリカミニがある。どんなクルマで登場するのか、来年春が楽しみだ!

●三菱 デリカミニ予想スペック
・全長×全幅×全高:3395×1475×1890mm
・ホイールベース:2520mm
・車両重量:1020kg
・最低地上高:190mm
・エンジン:直3、659ccターボ(マイルドハイブリッド)
・最高出力/最大トルク:64ps/10.2kgm
・モーター最高出力/最大トルク:2.7ps/4.1kgm
・駆動方式:4WD
・トランスミッション:CVT
・登場時期:2023年3~4月
・予想価格:200万~220万円
※NAエンジンもあり

【画像ギャラリー】ハスラー タフトとガチ勝負!!? 予想CG、兄貴分となるD:5の画像をギャラリーでチェック!(24枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ