日産 エルグランドにシエンタ&フリード対抗ミニバンも!? ニューカースクープカタログ・日産編

日産 エルグランドにシエンタ&フリード対抗ミニバンも!? ニューカースクープカタログ・日産編

 昨年(2022年)はサクラ、エクストレイル、セレナと1年を通して話題に事欠かなかった印象の日産。2023年はどうなる!? 画像ギャラリーではGT-R 2024年モデルをたっぷりとご紹介!

※本稿は2022年12月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/NISSAN、ベストカー編集部 ほか
初出/ベストカー2023年1月26日号

■シエンタ&フリードの対抗モデルをラインナップ 日産 コンパクトミニバン(2023年春登場予定)

日産 コンパクトミニバン(2023年春登場予定)。ノートをベースにハイトボディ&3列シート化し、後席スライドドアを採用したスモールミニバンが登場予定だ(画像はベストカーによる予想CG)
日産 コンパクトミニバン(2023年春登場予定)。ノートをベースにハイトボディ&3列シート化し、後席スライドドアを採用したスモールミニバンが登場予定だ(画像はベストカーによる予想CG)

 2022年は8~9月に続き、11月も登録車月販台数ランキングでヤリスに迫る2位に着く好調な売れゆきを見せているノートシリーズ。

 オーラ、オーラNISMO、オーテッククロスオーバーと豊富なバリエーション展開をしていてそれぞれが好評だが、ノートにはさらに新バージョンが登場する。

 ハイトボディに3列シート、それにスライドドアを備えたコンパクトミニバンだ。

 コンパクトクラスの3列シート車は、2022年8月に一新したトヨタシエンタの販売が絶好調で、ホンダのフリードも安定して売れている。

 その人気カテゴリーに日産も2008年に販売を終了したキューブキュービック以来、久々に参入することになる。

2代目キューブをベースに2003年に追加された3列シート仕様のキューブキュービック
2代目キューブをベースに2003年に追加された3列シート仕様のキューブキュービック

 この新型コンパクトミニバンはノートをベースに開発。

 ルノーと共用するコンパクトカー用のCMF-Bプラットフォームを採用するが、3列シートを搭載するスペースを確保するためホイールベースをノートよりも140mm程度延長。

 室内空間は、競合するシエンタやフリードの居住性を研究し、同レベルの広さを実現するはず。

 パワーユニットはノートの1.2L・e-POWERをベースにした改良版を搭載。リアモーターを採用した4WDも設定する。

 販売店からのリクエストも多いというコンパクトな3列シート車。

 車名はノートの名がつかない可能性もあるが、クルマの出来のよさで高い評価を得ているノートがベースだけに、そのコンパクトミニバンも大いに期待できそうだ。

次ページは : ■質感と走りに磨きをかけて生まれ変わる! 日産 エルグランド(2023年冬登場)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!