スバルフォレスター ガイザーブルーとブラックが雄々しく映える特別仕様車出現!! ほか国産&輸入車最新情報

スバルフォレスター ガイザーブルーとブラックが雄々しく映える特別仕様車出現!! ほか国産&輸入車最新情報

 スバルは2022年12月22日、フォレスターの特別仕様車「XTエディション」を発表した。スバルのAWD車誕生50周年記念モデルで、内外装の各所をブラック塗装することでタフな印象がより強調されている。

 ほか、日産 ノート追加グレード、トヨタ MIRAI一部改良、アウディ Q4の限定モデルなどの情報をお届け!

※本稿は2023年1月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年2月10日号

■スバル フォレスター(特別仕様車・12月22日発表)

スバル フォレスター。ボディカラーは北米向けモデルで採用しているガイザーブルーを日本仕様車として初めて設定(通常グレード比:価格差ゼロ)
スバル フォレスター。ボディカラーは北米向けモデルで採用しているガイザーブルーを日本仕様車として初めて設定(通常グレード比:価格差ゼロ)

 スバルは2022年12月22日、フォレスターの特別仕様車「XTエディション」を発表した。

 スバルのAWD車誕生50周年を記念したモデルで、1.8Lターボのスポーツをベースに内外装の各所をブラック塗装することでタフな印象がより強調されたほか、撥水シートや撥水カーゴフロアボードなど、アウトドアで便利な装備が多く採用されている。

 価格は335万5000円。

●価格:335万円5000円

■日産 ノート(追加グレード・12月20日発表)

日産 ノート。アクティブさをより強調するボディサイドとホイールアーチのデカールもオプションで新設定した
日産 ノート。アクティブさをより強調するボディサイドとホイールアーチのデカールもオプションで新設定した

 日産は2022年12月20日、ノートに新グレード「オーテック クロスオーバー プラスアクティブ」を追加すると発表した。

 ノートオーテッククロスオーバーは、e-POWERのスムーズな走りで高い評価を得ているノートをベースにオーテックの「プレミアムスポーティ」をコンセプトにした上質さとSUVのアクティブさを両立したモデル。

 地上高の25mmアップによる雪道や悪路での走破性向上を果たしながらスポーティな乗り味を実現するため、専用サスペンションチューニングやパワーステアリングの制御変更を実施しており、走行性能面でも好評なモデルである。

 今回追加されたプラスアクティブは、シルバーのフロントプロテクターとルーフモールを追加することで、SUVらしさをより強調している。

 価格はFFが262万200円、4WDが287万8700円。

●価格:262万200円~

■トヨタ MIRAI(一部改良・12月19日発売)

トヨタ MIRAI。運転支援技術である「アドバンストドライブ」に他車の死角領域に配慮して走行する機能を追加した
トヨタ MIRAI。運転支援技術である「アドバンストドライブ」に他車の死角領域に配慮して走行する機能を追加した

 トヨタは2022年12月19日、燃料電池車のMIRAIを一部改良し発売した。

 今回の改良では、ディスプレイオーディオに全画面表示が可能なHDワイドディスプレイや車内Wi-Fiを採用し使い勝手を向上させているほか、フロントドアのガラスにIR(赤外線)カットと高遮音性の機能を追加した。

 価格は710万6000~860万円となる。

●価格:710万6000円~

次ページは : ■ジープ ラングラー(追加グレード・12月14日発売)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ