プラド アル/ヴェル C-HR 23年も注目の新型が目白推し!! ニューカースクープカタログ・トヨタ編

プラド アル/ヴェル C-HR 23年も注目の新型が目白推し!! ニューカースクープカタログ・トヨタ編

 2023年もビッグネームや注目の新型車が目白押しのトヨタ。気になるスケジュールを一挙お届け!

※本稿は2022年12月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/TOYOTA、ベストカー編集部 ほか
初出/ベストカー2023年1月26日号

【画像ギャラリー】予想主要諸元も掲載!!! 2023年注目のトヨタ車たちをギャラリーでチェック!(23枚)画像ギャラリー

■過激なクーペルックに磨きをかけて2代目登場 トヨタC-HR(2023年春登場予定)

トヨタC-HR(2023年春登場予定・画像は欧州トヨタが公開した「C-HRプロローグ」)。フロントマスクはサメをイメージした「ハンマーヘッドデザイン」を採用。ボディサイズは拡大され、室内居住性は大きく改善されることになる
トヨタC-HR(2023年春登場予定・画像は欧州トヨタが公開した「C-HRプロローグ」)。フロントマスクはサメをイメージした「ハンマーヘッドデザイン」を採用。ボディサイズは拡大され、室内居住性は大きく改善されることになる

 過激なクーペルックのSUVとして2016年12月に初登場したC-HRが2023年、2代目に進化する。

 掲載している写真は欧州トヨタが2022年12月に発表したコンセプトカーのC-HRプロローグで、日本仕様もこれに準じたデザインで登場することになる。最新情報では5月頃デビューとのことだ。

 欧州仕様のパワーユニットはハイブリッドとPHEVとされているが、日本仕様はそれに加えて2L・NAのガソリンエンジン仕様も用意される。また、2024年度内にはEV仕様も追加設定されるというから、相当バラエティに富んだ構成となる。

 C-HRプロローグのボディサイズは全長4538×全幅1888×全高1560mm。市販時には全幅は絞られ、1850mm程度になると思われるが、それでも初代よりも大幅なサイズアップ。

 その分、室内空間が拡大され、初代の弱点だった居住性を大きく改善。スタイル優先のコンセプトは変わらないが、実用性も兼ね備えたモデルに生まれ変わる。デザインはトヨタの南仏デザインセンターED2によるものだ。

 プリウスが思い切りスポーティなデザインに生まれ変わり、C-HRに近づいたこともあって、2代目はプリウスクロスオーバー的な佇まい。

 ハイブリッドシステムも新型プリウスと同じ2L・THS IIが搭載される(プリウスには廉価版の1.8Lハイブリッドもある)。

 つまり、PHEVはプリウスと同様、ハイパワーな走りを売りにするスポーティな仕様になるということ。

 もちろん、高い燃費性能も両立する万能スポーツで、2代目C-HRのイメージリーダーとして君臨することになりそうだ。

 ここにきてトヨタのデザインが急速に変化しているが、C-HRはさらにその先をゆくものとなる。もちろん、ハンドリングの進化も確実で期待は膨らむばかり。EVの追加も話題を呼びそうだ。

次ページは : ■550psで登場する最後の純エンジンスープラ トヨタスープラGRMN(2023年春登場予定)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ