【ランクル70続報入電】リアサスはリーフ濃厚!! フェンダーは一体型!? トヨタが魂を注ぐ「ナナマル」が見えてきた

【ランクル70続報入電】リアサスはリーフ濃厚!! フェンダーは一体型!? トヨタが魂を注ぐ「ナナマル」が見えてきた

 2023年秋頃の発売が噂されるランドクルーザー70。詳細な第一報をベストカーWebが独占でお伝えしたが、緊急の続報が入ってきたのでお伝えしよう。リアサスはリーフであくまでもタフにいくぞ。

文:ベストカーWeb編集部/写真:トヨタ、編集部

■中古車相場が異様に高すぎるランクル70

2014年再販のランクルがプレミア価格になっている。異様なまでの高騰ぶりにトヨタも注視していたそうだ
2014年再販のランクルがプレミア価格になっている。異様なまでの高騰ぶりにトヨタも注視していたそうだ

 ランクル70が2014年に再販されたとき、トヨタからは自治体や「どうしてもナナマルじゃないとダメなんだ」というユーザーの声に応えた再販という話があった。ガソリンエンジンでMTしかなかったもののナナマルは売れに売れた。

 期間限定での発売だったがバン360万円、ピックアップ350万円という価格帯は当時としても割安に思えるものだった。しかしいつの間にかナナマルの中古車相場はどんどん上がっていく。

 もちろんアウトドア需要の高まり、武骨なクルマがウケたりなど相場が上がる要因はあった。ただ10万km近く走行しているのに定価より高い個体があったりと、ナナマルは手の届かないクルマへとなってしまった。ナナマルどころかかつてのプラドなどもとんでもない価格になっている。

以前の群馬トヨペットのカスタマイズモデルが再再販ナナマルの姿というウワサもあったが、編集部が掴んでいる情報とは異なる(画像は2023年の同社カスタマイズモデル)
以前の群馬トヨペットのカスタマイズモデルが再再販ナナマルの姿というウワサもあったが、編集部が掴んでいる情報とは異なる(画像は2023年の同社カスタマイズモデル)

 編集部では2021年のランクル300デビューの取材会において、ランクル70の再販についての可能性をトヨタ関係者に直接聞いたことがある。

「再販の可能性はゼロではございません。特に中古車相場においてナナマルが急騰していることも認識しており、価格の是正については再販でどうにかしたいという気持ちはあります」と答えてくれた。

 いつでも手が届く最強のランクルがナナマルであって、トヨタとしても中古車相場の異様な高騰は当時は注視していたことになる。

■丸目はもっとクッキリしたものになる

1984年当時のランクル70。再再販もこのような丸目でエンブレムは「TOYOTA」になる
1984年当時のランクル70。再再販もこのような丸目でエンブレムは「TOYOTA」になる

 第一報で丸目になるとお伝えしたが、そのイメージとして公開したのがオーストラリアの「ランドクルーザー70周年記念車」だった。ライトレンズは四角かったものの、内部のリフレクターなどで丸目っぽくなっているモデルだ。

 しかし新たな情報によれば丸目がもっとクッキリとしているようだ。かつてのナナマルのような独立した丸目になる可能性が高いのだが、LEDの加飾(デイライト)などが追加されるとみられる。

 メインライトはクルマの性格もありハロゲンになる可能性も高いがデイライトがLEDになりそうだ。イメージとしてはハスラーのような丸目が考えられるが、質実剛健と現代風のバランスをしっかりとったデザインになる。

 また別体型になるという情報もあったフェンダーだが最新情報では一体型になりそうだ(ナローボディのような雰囲気)。フェンダーについては情報が複数存在するので状況が分かり次第お届けしたい。

次ページは : ■リアサスは「リーフ」でSUVとは一線を画す硬派さ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します