ホンダN-WGN 7月発売!! 超激戦区投入でライバル真っ青の完成度か!? 最終情報キャッチ!!


 軽自動車全体を牽引するホンダN-BOX。2018年は登録車も含めて最大の販売台数を誇ったN-BOXは名実ともに「最強」のクルマかもしれない。

 そんなN-BOXの弟分にあたるN-WGNが2019年夏に新型へとモデルチェンジするという情報が入ってきている。

 N-WGNも一新で「Nシリーズ」がいよいよ軽自動車の天下を獲る可能性が出てきた。ライバル勢の動向も踏まえ、販売現場の状況をお伝えしよう。

文:遠藤徹/写真:ベストカー編集部


■2019年7月頃に新型N-WGNは登場予定!!

 次期型ホンダ・N-WGNは2019年7月末の登場予定でスケジュール調整をしていることが有力となっている。この4月下旬から5月中旬にかけて販売店向けの商品説明会を実施する見通しである。

こちらが新型N-WGNのベストカー予想CG。従来のイメージを踏襲しつつ、N-BOXのテイストが生かされる。リアのライトは縦目になりそうだ。もちろん燃費はN-BOX以上を目指すはず

 従来モデルはすでに2月いっぱいで生産を終了、在庫一掃セールに入っているが、多くのホンダカーズ店では売り切り、在庫がほとんどない状況にある。

 次期型は2017年8月末にフルモデルチェンジした現行N-BOXがベースで新開発のプラットフォーム、エンジンなど基本コンポーネントを採用する。

 ボディシェルはキープコンセプトだが、やや直線をいかしたシャープなデザインで仕立てる。

 フロントマスクは標準タイプと上級&カスタマイズバージョンである「カスタム」のコンセプト分けをより明確にし、カスタムは押し出しの良い大型グリルでより個性化を図っている。

 ボディサイズは全長3395mm、全幅1475mmは従来モデルと同じだが全高は1650mmでやや高めのレイアウトを採用。

 ホイールベース2520mmは同じでN-BOXと共通だが、エンジンを傾け前方へ移動させることで、同クラス最大の室内居住空間を実現している。

 シート材質はクオリティアップを図り、座り心地の改善と走行フィーリングを向上。助手席スーパースライドシートはN-BOX同様に用意。ベンチシート&スロープ仕様両シートもラインアップする見込み。

 ボディカラーはモノトーンを10色、2トーン3色程度を設定。パワーユニットは新開発660cci-VTECのNA&ターボを搭載。

絶好調のN-BOXの弟分としてN-WGNも一大勢力になるのだろうか? ライバル勢の躍進からも目が離せない

 性能はNAが最高出力58ps/7300rpm、最大トルク6.6kgm/4800rpm、ターボは64ps/6000rpm、10.6kgm/2600rpmを発揮。

 N-BOXと同じ数値だが車重を約100kg軽くすることで、低速トルク&発進加速を大幅に引き上げている。

■ハイブリッドは採用見送りもライバルは進化を続ける

 ライバルのスズキ・ワゴンR、日産・デイズ、三菱・eKワゴンはモーターアシストによるマイルドハイブリッドを採用しているが、次期型N-WGNはN-BOX同様にひとまず採用を見送るようだ。

 また従来モデルは安全パッケージ「ホンダセンシング」を採用していなかったが、次期型ではホンダセンシングの進化バージョンを設定するという。

2019年3月発表のeKクロス。日産・三菱の新たな一手となる軽自動車だ。N-WGNは後発なので当然ながらこのクルマも超えないとならない

 センシングの細目は10項目にわたる。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故軽減ステアリング
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・路外逸脱抑制機能
・アクティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・後方誤発進抑制機能
・オートハイビーム

 安全性能向上は昨今の軽自動車における大きな要素であり、今回のホンダセンシングの設定はN-WGNにとってはアドバンテージになる。

 N-WGNと同クラスのハイトワゴンタイプは2019年3月28日に、日産・デイズとeKワゴンがフルモデルチェンジし好調な販売のスタートを切っている。

 またN-WGNが目指すであろう同クラス最も販売台数が多い、ダイハツ・ムーヴと2位のスズキ・ワゴンRが存在する。そんなライバルたちにも大きな動きがありそうだ。

次ページは : ■内外装のテコ入れ太刀打ちできないN-WGNの存在感

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ