ホンダN-WGN 7月発売!! 超激戦区投入でライバル真っ青の完成度か!? 最終情報キャッチ!!

 軽自動車全体を牽引するホンダN-BOX。2018年は登録車も含めて最大の販売台数を誇ったN-BOXは名実ともに「最強」のクルマかもしれない。

 そんなN-BOXの弟分にあたるN-WGNが2019年夏に新型へとモデルチェンジするという情報が入ってきている。

 N-WGNも一新で「Nシリーズ」がいよいよ軽自動車の天下を獲る可能性が出てきた。ライバル勢の動向も踏まえ、販売現場の状況をお伝えしよう。

文:遠藤徹/写真:ベストカー編集部


■2019年7月頃に新型N-WGNは登場予定!!

 次期型ホンダ・N-WGNは2019年7月末の登場予定でスケジュール調整をしていることが有力となっている。この4月下旬から5月中旬にかけて販売店向けの商品説明会を実施する見通しである。

こちらが新型N-WGNのベストカー予想CG。従来のイメージを踏襲しつつ、N-BOXのテイストが生かされる。リアのライトは縦目になりそうだ。もちろん燃費はN-BOX以上を目指すはず

 従来モデルはすでに2月いっぱいで生産を終了、在庫一掃セールに入っているが、多くのホンダカーズ店では売り切り、在庫がほとんどない状況にある。

 次期型は2017年8月末にフルモデルチェンジした現行N-BOXがベースで新開発のプラットフォーム、エンジンなど基本コンポーネントを採用する。

 ボディシェルはキープコンセプトだが、やや直線をいかしたシャープなデザインで仕立てる。

 フロントマスクは標準タイプと上級&カスタマイズバージョンである「カスタム」のコンセプト分けをより明確にし、カスタムは押し出しの良い大型グリルでより個性化を図っている。

 ボディサイズは全長3395mm、全幅1475mmは従来モデルと同じだが全高は1650mmでやや高めのレイアウトを採用。

 ホイールベース2520mmは同じでN-BOXと共通だが、エンジンを傾け前方へ移動させることで、同クラス最大の室内居住空間を実現している。

 シート材質はクオリティアップを図り、座り心地の改善と走行フィーリングを向上。助手席スーパースライドシートはN-BOX同様に用意。ベンチシート&スロープ仕様両シートもラインアップする見込み。

 ボディカラーはモノトーンを10色、2トーン3色程度を設定。パワーユニットは新開発660cci-VTECのNA&ターボを搭載。

絶好調のN-BOXの弟分としてN-WGNも一大勢力になるのだろうか? ライバル勢の躍進からも目が離せない

 性能はNAが最高出力58ps/7300rpm、最大トルク6.6kgm/4800rpm、ターボは64ps/6000rpm、10.6kgm/2600rpmを発揮。

 N-BOXと同じ数値だが車重を約100kg軽くすることで、低速トルク&発進加速を大幅に引き上げている。

■ハイブリッドは採用見送りもライバルは進化を続ける

 ライバルのスズキ・ワゴンR、日産・デイズ、三菱・eKワゴンはモーターアシストによるマイルドハイブリッドを採用しているが、次期型N-WGNはN-BOX同様にひとまず採用を見送るようだ。

 また従来モデルは安全パッケージ「ホンダセンシング」を採用していなかったが、次期型ではホンダセンシングの進化バージョンを設定するという。

2019年3月発表のeKクロス。日産・三菱の新たな一手となる軽自動車だ。N-WGNは後発なので当然ながらこのクルマも超えないとならない

 センシングの細目は10項目にわたる。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故軽減ステアリング
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・路外逸脱抑制機能
・アクティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・後方誤発進抑制機能
・オートハイビーム

 安全性能向上は昨今の軽自動車における大きな要素であり、今回のホンダセンシングの設定はN-WGNにとってはアドバンテージになる。

 N-WGNと同クラスのハイトワゴンタイプは2019年3月28日に、日産・デイズとeKワゴンがフルモデルチェンジし好調な販売のスタートを切っている。

 またN-WGNが目指すであろう同クラス最も販売台数が多い、ダイハツ・ムーヴと2位のスズキ・ワゴンRが存在する。そんなライバルたちにも大きな動きがありそうだ。

■内外装のテコ入れ太刀打ちできないN-WGNの存在感

 ムーヴの現行モデルの登場は2012年12月で、その両側スライドドア「ムーヴキャンバス」の発売が2016年9月となっている。

 したがって次期型にバトンタッチするのは2020年秋頃が有力で、その1年前の2019年秋には最終のマイナーチェンジの時期を迎える。

ムーヴは2020年に新型にモデルチェンジ予定だという。2019年秋は小変更のみで、2020年からが本領発揮といったところか

 今回は内外装のデザイン変更と買い得の特別仕様車の最終モデル設定で対応する見込みである。

 もう一方の雄であるワゴンRは現行モデルの登場が2017年2月であり、来春の2月あたりにビッグマイナーチェンジすることが予想される。

 従来の内外装のデザイン変更だけでは、強力な新型車のNーWGN、デイズ、eKワゴン&eKクロスに太刀打ちできない可能性がある。

 有力な追加モデルの設定や個性派モデルの設定が必要になる。追加モデルで有力なのは両側スライドドアのムーヴキャンバスやSUVテイストの「クロス」バージョンの設定である。

ワゴンRはまだモデルチェンジの時期ではないものの、マイナーチェンジの時期にビッグマイナーを仕掛けないと辛いか?

 クロスバージョンはすでにスズキは2018年末に「スペーシアギア」を派生させているので、ワゴンRにも設定すれば有力な追い風になることが予想される。

 もうひとつ今年、新型軽自動車で注目されるのはダイハツの次期型タントである。8月か9月にフルモデルチェンジする見込みである。

 次期型はプラットフォーム、エンジン、足回りのほとんどを全面刷新する。プラットフォームはホイールベースを延長、N―BOXのようにエンジンを傾け、前方に移動させることで、同クラス最大の居住空間を実現する。

 センターピラーレスのレイアウトを引き続き採用することで、かさものの出し入れが一段とし易くしているのが特徴。

 パワートレインは新開発の660ccNAガソリンと同ターボを搭載。NAガソリンユニットにはEV走行可能なフルハイブリッドを軽自動車で初めて採用すべく開発を進めている。

 1モーター&リチウムイオンバッテリーの組み合わせで、可能な限りコストダウンを図っている。

 安全パッケージでは「スマートアシストIII」を実用化しているが、次期型タントではさらに自動ブレーキの作動スピードや検知機能両範囲の拡大の他、自動運転の装備充実などでも進化させている。

手つかずのままだったN-BOXスラッシュ。乗り味も大きく異なる1台だったが、新型ベースのモデルチェンジがありそうだ

 軽自動車のトップセラーカーのポジションは過去2年間、N-BOXに譲っていたが、この世代交代によって、その座の奪還を目指すものと思われる。

 N-BOXもトップ死守を目指して近い将来、「スラッシュ」のテコ入れを実施する方向にある。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ