【フィット、ヤリス登場確実!!】2019年後半に出る大物新車&年内に間に合わない新車は?


 2019年もいよいよ後半戦突入間近。今年はこれまでスープラ、マツダ3といった新車が投入されたが、下半期はフィットやカローラセダンなど、さらなる大物新車が登場を控えている。

 ディーラー情報を丹念に収集し、新車情報に精通する遠藤徹氏が、7月以降に2019年内に登場する大物ニューモデルの最新情報を解説。また、年内デビューが噂されながら登場が2020年にずれ込む新車についても最新情報を合わせて解説する。 

文:遠藤徹
写真:編集部、TOYOTA、MAZDA、HONDA


人気車フィット&カローラに新型登場!!

■新型フィット/2019年10月発売

新型フィット(本誌予想CG)。ハイブリッドはCR-V、インサイトと同様のi-MMDを新たに採用し、再びトップセラーを目指す

 2019年10月の発表、発売。キープコンセプトで世代交代。質感を上げ、走りのポテンシャルアップを図る。

 パワーユニットは1.3&1.5LのNAエンジンに代わり、新開発の1L・3気筒ターボエンジンを搭載。1.5Lハイブリッドは従来の1モーター2クラッチ方式(i-DCD)から2モーター(i-MMD)に切り替え、高次元での低燃費&高性能の両立を実現する。

 ハイブリッドは車両本体を190万円台からの価格設定とする。安全パッケージの「ホンダセンシング」は検知機能の拡大、夜間の歩行者認識性能、前走車を追随する機能などを加えてさらに進化させる。

 9月上旬から先行予約の受付を開始する。従来モデルは、8月いっぱいでオーダーストップとなる見込み。

■新型カローラセダン/2019年9月発売

すでに海外で発表されている新型カローラ。全幅は中国仕様が1780mmだが、日本仕様は若干コンパクト化され、車名もアクシオを廃止し、カローラセダンとなる

 新型カローラセダンは2019年9月17日に発表、発売する見通し。キープコンセプトのシンプルな3ボックスレイアウト。

 現行カローラスポーツと同じプラットフォームの「TNGA」を採用。全幅は3ナンバーサイズを採用するものの、カローラスポーツの1790mmよりも小さい1750mm程度とする。

 パワーユニットは、カローラスポーツと同様の1.2Lターボ&1.8Lハイブリッドで、FFは両ユニットで、4WD車は1.2Lターボのみのラインアップ。

「カローラセダン」の名称で従来の「アクシオ」は採用しない。8月中旬に事前の予約を開始する。現行アクシオは法人向けに「X」グレードのみを1年程度継続生産する。その他は7月いっぱいでオーダーストップする。

マツダ&ホンダのSUVと軽に新型登場!!

■CX-30/2019年11月発売予定

マツダにとって久々の新規車種となるCX-30。欧州で今夏に登場し、日本での発売時期も見えてきた

 マツダ CX-30は2019年11月頃に発売予定で「若者向けのスタイリッシュな新型クロスオーバーSUV」がコンセプト。

 CX-5とCX-3の中間に位置するミディアムサイズのクラスといえるが、CX-3の後継モデルとなる可能性もありそう。

 パワーユニットは1.8Lクリーンディーゼル、2Lガソリンと「SKYAVTIV-X」を搭載する見込み。いずれも2WD、4WDをラインアップ。車両本体価格は240~320万円程度に設定する。9月あたりから予約受注をスタートさせる。

■新型N-WGN/2019年7月発売予定

ホンダが公開したN-WGNのティザー写真。標準モデルとカスタムで外観を差別化。打倒ムーヴ、ワゴンRを誓う

 新型N-WGNは2019年7月18日発表、19日に発売。6月上旬から先行予約の受付を開始した。

 現行N-BOXと同じプラットフォーム&基本コンポーネントを採用。シンプルで飽きのこないデザインが特徴。

 フロントマスクは標準タイプが丸目2灯式、カスタムは異形角形2灯式。広い室内と荷室は床を低く2段でも積めるレイアウト。運転席は小柄、大柄な人でもベストな運転姿勢がとれるように、ハンドルは位置を前後、上下に調節が可能。

 安全パッケージの「ホンダセンシング」は、N-BOXの先進デバイスに加えて狭い場所でもバックがラクなパーキングセンサーシステム、坂道や信号待ちでブレーキから足が離せるオートブレーキホールド機能、渋滞追従機能付きアダクティブクルーズコントロールを標準装備する。

次ページは : 今年デビューと噂も2020年にずれ込む新車は?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ