トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?

トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?

 とんでもないスクープ情報が入ってきた。2015年に公開されたトヨタのコンセプトカー「S-FR」の開発が再び始まったという。小型車の開発・販売を得意とするダイハツ、スズキと組む可能性もあるとのことだが、その詳細をお伝えする!!

※本稿は2024年4月のものです
文・写真・予想CG/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2024年5月26日号

■あの計画がまた動き出した!?

現代に甦るトヨタ スポーツ800のイメージだ。BEVではなく純ガソリンエンジンでの登場となるのが逆に新しい!?(ベストカー編集部作成の予想CG)
現代に甦るトヨタ スポーツ800のイメージだ。BEVではなく純ガソリンエンジンでの登場となるのが逆に新しい!?(ベストカー編集部作成の予想CG)

 ベストカー本誌2024年5月10日号で「スターレット復活」のスクープ情報をお届けした。これまでダイハツから供給されていたコンパクトカー、パッソ(ダイハツ名:ブーン)の次期型をトヨタが開発しているというもので、正式車名は不明だが、開発チームの間では「スターレット」と呼ばれているというものだった。

 なかでも注目はGRバージョンの存在で、WRCラリー4のベース車としても使えるクルマとして開発が進んでおり、エンジンは直3、1.3Lターボを搭載する。

 このエンジンはGRヤリス、GRカローラに搭載されている直3、1.6Lターボの小排気量版で、予想スペックは150ps/22.5kgm。まさに往年のスターレットターボを彷彿させる期待度満点のFFコンパクトスポーツになるという情報だった。

 これだけでも大いに期待が膨らむが、実は5月10日号の締め切り直後に、さらに強烈な情報が入ってきたのだ。この「スターレット復活」をきっかけに、S-FRの開発計画が再始動したというのである。

 S-FRは2015年の東京モーターショーで初公開となったコンパクトなスポーツカーで、その名のとおりFRレイアウトを採用している。2012年に86が登場し、その余勢を駆って、さらに小さなFRスポーツとして計画されたもので、「現代版トヨタスポーツ800」というイメージのスポーツカーである。

 トヨタとしては、その後2019年に登場したGRスープラと合わせて、大中小3種類のFRスポーツを揃える計画だったが、S-FRは頓挫していたという経緯がある。しかし、その開発計画が再浮上してきたというのだ。

■世界最小クラスのFRスポーツ!

エンジンは直3、1.3Lターボで、電動アシストなしの純エンジン。150ps前後となりそうだ
エンジンは直3、1.3Lターボで、電動アシストなしの純エンジン。150ps前後となりそうだ

 情報筋によると「1.3Lターボエンジンの存在が鍵」ということだ。ラリー4ベースのGRスターレットに搭載することが決まっているエンジンだが、一車種の専用ユニットにするのは効率が悪い。「それならS-FRにも使ったらどうか」ということで議論が始まり、正式にGOサインが出たという流れである。

 今わかっているのは「コンパクトなサイズのFRスポーツ」ということだけだが、A~Bセグメントの量産FR車は世界的にもめずらしく、それだけで希少価値がある。

 2015年に公開されたS-FRにどこまで近いものになるかは不明だが、全長4000mm前後、全幅1700〜1750mm前後のサイズ感になるのは確実。もちろん、86/BRZよりも小さなスポーツカーとなる。

 86はスバル、GRスープラはBMWとの共同プロジェクトとすることで、単独では難しいスポーツカーの開発、生産、販売を続けてきたトヨタ。ではこのS-FRはどうなのかというと、こちらもトヨタ単独ではなさそうだ。具体的にはダイハツ、スズキとの共同開発の可能性が高い。

次ページは : ■3社共同プロジェクトは続いている

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!