TNGAカローラの“本丸” セダン&ツーリングワゴン いよいよ登場!

 いよいよ新型カローラのセダンとワゴンがフルモデルチェンジする。

「新型カローラシリーズ」全体で考えると、昨年「カローラスポーツ」が一足早く日本市場に登場しているが、やはり本命はセダンとワゴン。

 かつて日本自動車市場を代表するモデルだったカローラだが、最近影が薄いのも事実。2012年以来、実に7年ぶりのフルモデルチェンジ、最新型登場で、かつての栄光に近づくことができるのか。

※本稿は2019年8月のものです
文:ベストカー編集部/写真:TOYOTA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年9月10日号


■全車3ナンバーサイズへ 5ナンバーサイズの併売も

 注目のパワートレーンはカローラスポーツ同様、1.2Lターボと1.8Lハイブリッドの2種類が中心で、これに廉価グレード用の1.5LNAエンジンが設定される。

●トヨタ カローラセダン

カローラスポーツと同じく新型カローラセダン&カローラツーリングは、歴代初の全車3ナンバーサイズとなって登場することに(写真は欧州仕様)

 そのボディサイズは歴代で初めて全幅1700mmを超えて3ナンバー仕様となる。

 というのも現行型カローラアクシオ&フィールダーは先代型とは異なり、ヴィッツクラスと同じBプラットフォームを採用していたのだが、新型はTNGAとなることで大幅に車格を向上。

 特にセダンのスタイルは若々しさが強調されたスポーティなものだ。

 また、セダンとほぼ同時期にワゴンモデルも新たに「カローラツーリング」と名乗って登場予定。

●トヨタ カローラツーリング(2019年9月17日デビュー)

フロントマスクはカローラスポーツと同様のキーンルックをまとい、全体的にワイドでスタイリッシュな印象となる。特にセダンのスポーツグレードはスポーティにまとめられるようだ(写真は欧州仕様)

 こちらも3ナンバーサイズとなることで、現行型フィールダーよりも格段に質感や居住性、ラゲッジスペースが向上されるのは間違いないだろう。

 さらに、このツーリングには隠し玉として250psを発揮する直3、1.6Lの直噴ターボ搭載の「GT-FOUR」も追加される予定だ。

 カルディナ以来となる久々の快速ワゴンの登場に期待したい。

●トヨタ カローラツーリング GT-FOUR

トヨタ カローラツーリング GT-FOUR(画像はベストカー予想CG)

 ただし、トヨタは5ナンバーサイズモデルに根強い需要があることを考慮し、当面は新型カローラセダン&ツーリングと現行型カローラアクシオ&フィールダーを併売することも検討しているという。

画像ギャラリーで現行型・新型のカローラセダン(現アクシオ)・ツーリング(現フィールダー)をチェック!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ