【グランドハイエース、ヤリス…続々!! 】2020年の新車が日本を席捲する!!

 毎年のようにニューカーは登場するが、オリンピックイヤーである2020年は、ここ数年になかったにぎわいを見せる。日本のクルマ界を活性化するターニングポイントになるかもしれない、という期待感が膨らむ。

 すでに欧米で発売されているクルマの日本導入、ブランニューカー、フルモデルチェンジ車などなど、いろいろなタイプの新車のデビューが控えていて今から楽しみ。

 クルマの購入計画を立てるためには1年後のニューカースケジュールを把握しておくことは重要になってくる。

 BCスクープ班がつかんでいる2020年にデビューするクルマを一挙に紹介していく。

文:ベストカーWeb編集部/写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、ベストカー編集部

【SCOOP!!】2020年にデビュー予定のニューカーリストはこちら


すでに海外で発売されている2台の動向

2019年9月3日に欧州で発表され同時に発売を開始したジューク。相変わらず個性的だが現行よりカッコいい。日本仕様はe-POWERの搭載が確実視されている

 2019年9月3日に予告どおり新型日産ジュークが発表された。しかし発表・発売を開始したのはイギリス、フランス、イタリア、スペインなどの欧州仕様のみで、期待した日本仕様についてはまったく言及されず肩透かしを食らったかたちだ。

 新型ジュークに関しては日本での販売をやめる、車名が変更になるなどのネガティブな情報もあったが、日本でも引き続き販売されるのは間違いない。

 デビュー時期は、2020年5~6月有力で、現在発表されている欧州仕様は1L、直3ターボエンジンのみだが、日本仕様には人気のe-POWERもラインナップされるはず。

 もう1台はホンダe。すでに欧州では予約が開始されているなか、ドイツで開催されているフランクフルトショーで、欧州におけるホンダの電動化ビジョンを発表すると同時に市販モデルを世界初公開した。

 日本でもマスコミを対象にしたホンダミーティングで2019年7月に日本仕様を公開しているが、一般にその姿を見せるのは10月末から開催される東京モーターショーになる。

欧州で販売を開始し、2000年春からデリバリーが開始となるホンダe。日本でもその頃までには発表されるもよう。価格は日本でも400万円を超えるのか!?

 プロトタイプから大きく変わらないキュートなデザインは市販モデルでも健在で人気が出そうな雰囲気ムンムンだが、急速充電に対応しているとはいえ200kmという微妙な航続距離、400万円を超えると予想されている日本での価格などが気になるところ。

 そのほか2020年にデビューする注目のニューカーをカテゴリー別に見ていく。

SUV

 今一番盛り上がっているカテゴリーのSUVで最も注目したいモデルはトヨタの新型ランドクルーザー(300系)だろう。初代モデルは1951年にデビューという長い歴史を誇り、現行モデルは2007年にデビューだから13年目でフルモデルチェンジとなる。

 同時にコンポーネントを共用するレクサスLXも新型に切り替わることになる。

高級SUVマーケットが活況を呈しているが、新型ランクルの登場を心待ちにしている人は多い。洗練されながらも世界一のタフさは継承される
300系ランクルのデビューから若干遅れてレクサスブランドで販売するラグジュアリーSUVのLXの販売を開始。1500万円超のグレードも設定するとの情報もあり

 もう1台は三菱アウトランダー。2012年デビューの現行モデルでガソリンエンジン、PHEVの両刀となったが、新型も踏襲される。ワールドワイドに見ればガソリンモデルの販売台数が多いが、日本ではほぼPHEVの注目度が高く、さらに進化して登場する。

 エクステリアは三菱が推進するダイナミックシールドを採用して現行のスッキリ系から存在感のある個性的なフロントマスクとなるのが特徴だ。

 SUVはまだまだ注目すべきクルマがある。日産エクストレイルが2020年夏にフルモデルチェンジして刷新され、待望のe-POWERが搭載され魅力アップ!!

ダイナミックシールドにより精悍なフロントマスクとなる新型アウトランダー。PHEVの性能をさらにアップさせると同時にS-AWCも大幅に改良し走りも進化させる

コンパクトカー

トヨタはヴィッツをグローバルで使用中のヤリスの車名に変更して2019年年末にデビューさせる。売れるか売れないかはトヨタの命運を握っている

 2019年11月のホンダフィット、12月のトヨタヤリス(ヴィッツ改め)が続々とデビューし、古臭さの隠せなかったコンパクトカーが大きくリフレッシュされる。どちらも売れなくては困るモデルだけに期待にたがわないで気になっているのは間違いない。

 それに対しe-POWERを搭載して一気にコンパクトカーの販売ナンバーワンに躍り出た日産ノートが満を持してフルモデルチェンジする。

 最大のトピックスはスライドドアの採用でライバルと差別化する点で、さらに進化して扱いやすくなるe-POWERにより販売増強を目論んでいる。日産のコンパクトカーの旗手のノートに期待だ。

フィット、ヴィッツから約半年遅れでフルモデルチェンジする日産ノート。最大のポイントはスライドドアの採用で、e-POWERと合わせ独自路線をひた走る

軽自動車

 ホンダN-BOX、ダイハツタント、スズキスペーシアといったスーパーハイト系が大人気のなか、デビューから年月が経過し古さを隠せない日産デイズルークス/三菱eKスペースが2020年フルモデルチェンジ。

N-BOX、タント、スペーシアの牙城を切り崩すべくライバルを研究し尽くして最後発となる日産デイズルークスは新開発のシャシー、エンジンで対抗する

 すでに刷新されているデイズ/eKワゴン&eKクロスをベースにスーパーハイトワゴンに仕立てたモデルだが、単に背を高くしたモデルではなく、これまでの軽自動車の常識を超越した内外装の質感、走りの質感、充実した安全装備でライバルとの差別化を狙っている。

 いっぽうスーパーハイトワゴン系の人気に押されがちのハイトワゴン系モデルだが、トップブランドのダイハツムーヴが登場する。

 タントに続くDNGA採用第2弾となる。タントでは世界初、軽自動車初の技術、装備が多く盛り込まれていたが、新型ムーヴでもアッと驚かせてくれること間違いなしだ。ハイトワゴン系の復権は新型ムーヴにかかっているといっても過言じゃない。

ミニバン

写真はタイで発売を開始したマジェスティ。日本ではハイエースワゴンがグランドハイエースとして販売される可能性が高い。アルファードより大きなボディとなっている

 ミニバンの人気モデルのほとんどは2021年以降のデビューとなる。そんななか注目度絶大なのがグランドハイエース。このクルマは2019年中のデビューも噂されていたが、2020年春に登場が有力だ。

 ベースとなるのはすでに台湾、オーストラリアで販売されているグランビア、タイで販売を開始したマジェスティで、アルファード/ヴェルファイアを凌駕する大型のボディを持つラグジュアリーミニバンとなる。

 いっぽう、トヨタTJクルーザーのデビューを心待ちにしている人も多いと思うが、10月末の東京モーターショーで市販モデルを公開後、来春をめどに発売を開始するというのが有力。2列シート、3列シートの2タイプをラインナップする予定だ。 

TJクルーザーは2019年10月末の東京モーターショーで市販モデルを公開し、その後販売を開始。ほぼこのままのデザインで登場するといわれている

ステーションワゴン

 日本ではステーションワゴンのラインナップが激減していて大きな動きがないなか、ステーションワゴンのナンバーワンブランドに君臨するスバルレヴォーグが2020年夏にフルモデルチェンジを予定している。

 新世代のプラットフォームのSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)の採用、新開発のダウンサイジングターボなど話題性抜群の1台だ。

ワゴンのナンバーワンブランドのレヴォーグが2020年に初のフルモデルチェンジを受ける。新世代プラットフォーム+新開発ダウンサイジングターボエンジンで魅力アップ確実

 エクステリアデザインは2018年のジュネーブショーで公開されたヴィジブツアラーコンセプトがベースとなっていて、新世代のスバルを象徴するモデルとなる。

 そしてもう1台はカローラツーリングのトップグレードで、2019年9月17日のデビューから約1年後にカローラツーリングGT-FOURが追加される。GT-FOURの名前のとおり、4WDターボとなる。

 各カテゴリーの走りを究めようとしているトヨタが本気を具現化したクルマで、ステーションワゴン復権の期待もかかる1台だ。

往年のGT-FOURの名前がカローラツーリングで復活。250psの1.6Lターボ+4WDで異次元の走りを実現しているというから今から楽しみ

★    ★    ★

 ここ数年デビューから10年近く経過したコンパクトカーが販売台数の上位を独占、という由々しき事態となっている日本のマーケットだが、そのコンパクトカーも2020年には新型が出揃うことで大きくリフレッシュする。

 2020年のラインナップを見るだけでもSUVの元気、勢いは健在間違いなしだし、元気なカテゴリーに連動するようにそのほかのカテゴリーのクルマも元気になれば最高! そんな予感がします!

【SCOOP!!】2020年にデビュー予定のニューカーリストはこちら

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ