日産、カーシェアリングサービス 「NISSAN e-シェアモビ」を開始

■日産が始める「カーシェアサービス」とは?

 日産は、ニッサン インテリジェント・モビリティの取り組みを特徴としたカーシェアリングサービス、「NISSAN e-シェアモビ」を2018年1月15日から開始する、と発表した。

 サービス開始に伴い、12月8日より、「NISSAN e-シェアモビ」の会員募集をスタートする。

 日産は、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みのもと、クルマの「電動化」、「知能化」に向けた技術開発を進めている。

 「NISSAN e-シェアモビ」は、電気自動車ならではのドライビングの楽しさと快適さを提供する電動化技術と、自動運転技術や自動駐車機能などの知能化技術を体感いただける新しいカーシェアリングサービス。

 サービス開始時は、新型「日産リーフ」と「ノート e-Power」が、利用できる対象車種となる。。

「NISSAN e-シェアモビ」のサービスは、「安心」、「快適」、「気軽」をキーワードに、これまでのカーシェアリングサービスには無い付加価値を提供する。

<安心>

 自動運転技術「プロパイロット」や、わずか3操作だけで駐車に必要なステアリング、アクセル、ブレーキなどの操作を自動制御する「プロパイロットパーキング」、上空から見下ろしているような映像でスムースな駐車をサポートする「インテリジェント アラウンドビューモニター」などの機能により、ドライバーの運転をサポート。

 さらに、万一の事故時に備えて、ドライブレコーダーも全車に搭載してゆく。

<気軽>

 月額料金は無料(2018年7月末まで)で、時間のみの課金料金システムのため、サービスの利用頻度に関係なく、入会しやすい会員制度としている。

 利用距離による料金加算もないので、料金を気にすることなるドライブが楽しめる。また、日産レンタカーでの利用料金が割引になるサービスなど、特典も充実。

<快適>

 免許証がそのままIDカードとなるため、利用時の紛らわしさが軽減。

 また、車両の清掃を毎日実施するので、常に清潔な室内空間で快適に運転できるとともに、ドライブのサポートとして、お勧めルートガイド設定やオペレーターによるナビサポートなども利用可能。

 また、車両には予めETCカードも搭載しているので、ETCカードをお持ちでないお客様もETCゲートを利用可能となる。(ETC料金はお客様負担)

 このサービスは、2018年1月にまず約30のステーション(東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山など)からスタートし、順次、他の都道府県にも拡大してゆく予定。

【料金体系(税込)】
・ ショートタイム:200円/15分
・ パック:6時間3,500円、12時間5,500円、24時間6,500円
・ アーリーナイト(18-24時):2,000円
・ レイトナイト(24-6時):2,000円
・ ダブルナイト(18-6時):2,200円
・ ビジネスナイト(17-9時):2,500円

このサービスの会員登録は、2017年12月8日19時にこちらから手続き可能。URL: https://e-sharemobi.com/

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ