ボルボ初の都市型コンパクトSUV「XC40」日本上陸!

■まず特別仕様車を先行発売後、3月に通常モデルを発表発売

 ボルボ・カー・ジャパンは、新型「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」を全国300台限定で、2018年1月26日より予約注文受付を開始した。

「XC40」は昨年、日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボXC60の弟分にあたり、ライバルはBMW X1やアウディQ3、メルセデスベンツ GLAとなる。国産車だと売れ筋のトヨタC-HRやホンダヴェゼルのハイブリッド仕様……よりは価格もサイズもひと回り大きく、エクストレイルやハリアークラスと勝負することになりそう。

 サイズは全長4425mm×全幅1875mm×全長1650mm。

 今回予約注文を開始したのは、ボルボ初となる都市型コンパクトSUV「XC40」のフルラインアップ発表発売(2018年3月以降を予定)に先立つ特別仕様車販売で、「高級グレードを先に予約受注受け付け開始することで、その後の売れ行きを確かめ、本国からの輸入台数の目安をつけたい」というインポーター側の狙いがある。

 XC40は新開発となる小型車向けのプラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」を採用し、都市型のライフスタイルにマッチするスポーティー&カジュアルさ溢れるデザインが特徴のコンパクトSUV。パワートレーンは2.0L直4ターボに、8速ATを組み合わせている。

 新世代ボルボの共通アイコンである北欧神話の「トール・ハンマー」をモチーフとしたT字型ヘッドライトや、上部まで伸びるリアコンビネーションランプを採用。

 この「XC40」は、先行して発売されている「XC90」や「XC60」に比べてよりスポーティーでカジュアルなスタイリングを特徴としている。フロント、ボンネット、ボディサイドパネルは、曲線に深い彫りを組み合わせた大胆な造形で構成され、細部までエッジを効かせた都会にマッチするデザインとなっているのが特徴。また90シリーズや新型XC60と同様の9インチ縦型タッチパネルを採用した新世代SENSUSを備え、高い実用性と洗練を高次元で両立した全く新しいインテリアも見所。

 90シリーズや新型XC60で採用された多くの安全装備も採用されており、「歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」、「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」、「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」のほか、「オートブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)」が新たに加わり16種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」を標準装備する。

 今後、本年3月のこのXC40 T5 AWD R-Design 1st Edition導入以降、300万円台後半から500万円台後半の価格帯でラインナップを構成し、順次発売を予定している。

車両本体価格:XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition 559万円

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ