超過酷砂丘ステージに挑む! 日野チームスガワラがトラブル克服!! ノートラブルで4日目走破【ダカールラリー2022】

超過酷砂丘ステージに挑む! 日野チームスガワラがトラブル克服!! ノートラブルで4日目走破【ダカールラリー2022】

 並みいるモンスターマシンを相手に孤軍奮闘する日野チームスガワラだが、ダカールラリーも4日目となり、チームは持ち前の底力を発揮し始めたようだ。

 難関の砂丘ステージもノートラブルでクリア。着実にポジションアップを果たしている。

文/フルロード編集部・日野自動車  写真/日野自動車・ASO

【画像ギャラリー】日野チームスガワラも底力を発揮。じわじわと順位を上げ始めた!(9枚)画像ギャラリー

悪天候によりビバーク地・コースが変更

4日の行程は砂地の高速ステージと砂丘エリアで構成される
4日の行程は砂地の高速ステージと砂丘エリアで構成される

 4日の行程はアル・カイシュマ~アル・カイシュマ。ループ状のコースで255.31kmのSS(競技区間)が行なわれ、競技用のハイブリッドシステムを搭載した日野チームスガワラのHINO600シリーズはトラック部門総合22位でゴール。この日までの累積順位を一つ上げて総合22位とした。

 この日のSSは当初アル・アルタウィヤからアル・カイシュマに向かうルートで行なわれる予定だった。ところが悪天候でアル・アルタウィヤのビバーク地が水没。3日のビバーク地がアル・カイシュマに変更された。

 これに伴って4日は元のSS(競技区間)の後半部分を使い、アル・カイシュマにゴールするループコースで行なわれた。

 具体的にはアル・カイシュマのビバークから214.33kmのリエゾン(移動区間)で元のSSの113㎞地点に向かい、そこをスタート地点として競技を実施。

 路面は前日と同じく砂地の高速ピスト(未舗装路)を走りながら砂丘を越えて行く。とりわけ168㎞地点から始まる高く大きな砂丘地帯がこの日の難関となった。

巨大な砂丘を越えるカマズのドミトリー・ソトニコフ組。SS1位で終え、総合でも1位をキープ
巨大な砂丘を越えるカマズのドミトリー・ソトニコフ組。SS1位で終え、総合でも1位をキープ

高く大きな砂丘をノートラブルでクリア

 HINO600シリーズの菅原照仁/染宮弘和/望月裕司組はこのSSを慎重にアタック。

 フローティングマウントのキャパシタケースが走行中に動いて車体の挙動に影響を及ぼすため、細心の注意を払いながら砂丘越えに挑み、無事スタート時の25番手から22位にまで順位を上げてゴールした。

 それ以外はSS中はトラブルなく推移。この結果により総合順位も22位に浮上した。5日は今大会最長465㎞のSSに臨み、終了後は首都リヤドに到着する。

SSを走りきり、整備点検を行なう日野チームスガワラ
SSを走りきり、整備点検を行なう日野チームスガワラ

日野チームのメンバーのコメント

菅原照仁
 今日はトラブルはありませんでしたが、サスペンションを介して積んであるキャパシタのケースが走行中に動きます。相応に重量があるため、その動きが路面と振動の振幅が合うと大きな慣性力となって車体後部を跳ね上げたりする。それが起きないよう抑えながら速く走るのに苦労しました。

ビバークで取材を受ける菅原照仁
ビバークで取材を受ける菅原照仁

望月裕司
 雨の影響で砂が重かったですが、負荷を掛ける時間がそれほど連続しないのでエンジンにとっては問題ないステージでした。ハイブリッドシステムのエラーもSS終了後に出たので競技には影響していません。

作業内容を話し合う望月裕司
作業内容を話し合う望月裕司

染宮弘和
 ナビゲーター用の液晶画面はロードブックのほか、トリップや方位など全ての情報を表示する仕組みです。ロードブックを渡されるのはスタート直前ですが、みんな同じ条件なので良いと思います。マーカーで書き込んだりは出来ないので、その場その場で対応する感じです。

ビバークでメカニックと打ち合わせる染宮弘和
ビバークでメカニックと打ち合わせる染宮弘和

次ページは : ダカールラリー2022のコース概要

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ