気分はまるで高級サルーン!? 超快適なボルボの新型大型トラック「FH」に乗る!

気分はまるで高級サルーン!? 超快適なボルボの新型大型トラック「FH」に乗る!

 ボルボトラックの魅力は、国産車では得られない快適性や動力性能だろう。日本に於けるボルボ車の販売台数は過去10年連続で右肩上がりで、2020年の伸長率はトラックの全需要が減少するなか約20%に及んでいる。

 そんななか、ボルボトラックスは2021年の11月29日、構内専用車のFMXとともに大型フラッグシップのFHを刷新し、同日より販売を開始した。

 V字型LEDヘッドライトを採用して精悍な顔つきとなったFHの新型は、フロント周りの意匠を見直して空力を改善。インパネや操作系を含めて内装も一新し、先進・快適装備の機能も見直しが行なわれた。新型ボルボFHの実力はいかに?

文/フルロード編集部・多賀まりお 写真/フルロード編集部

【画像ギャラリー】ドラバビリティに磨きをかけ順当進化を遂げた新型ボルボFH(16枚)画像ギャラリー

新型ボルボFHの概要

モデルチェンジを果たした新型ボルボFH(右)。左が同時にモデルチェンジしたFMX。FMXはキャブを一新しFHと同様の最新キャブと骨格を共有する

 今般導入されるFH・FMXの2021年モデルは、細いV字型のLEDヘッドライトを共通モチーフとして採用されている。

 FHはキャブ前面はヘッドライト周りだけでなく、フロントウィンドウ下部からバンパーまで全面的に形状を見直し、ギャップの僅少化によって空力性能を改善。

 V字型のヘッドライトには、配置された12個のLEDを個別に制御して対向車や歩行者の眩惑を抑制する、アダプティブハイビーム機能も備わる(一部車種はハロゲンライト仕様)。

ボルボ車ライナップの共通モチーフとなったV時型のヘッドライト

 またバックミラーは、これまで助手席側のミラーを専用のステーで前方に配置する日本独自の方式を採っていたが、欧州仕様と共通のドアミラーが左右ともに採用された。

 同ミラーの採用と併せて助手席側サイドミラーのアーム下部には「パッセンジャー・コーナーカメラ」と呼ばれるカメラを配置。左折時や車線変更時に映像をインパネ上のサイドディスプレイに表示することで、安全確認を補完する。

欧州仕様のバックミラーとなった新型。乗用車で例えるならフェンダーミラーとサイドミラーような違いに近い

 室内はインパネのデザインを一新するとともにトリムカラーをこれまでのブラウン系とブラックの組み合わせからグリーンとブラックに変更した。

 メータークラスター全体が12インチの液晶画面とされ、運転状況にあわせて複数のビューモードを表示可能。新たに道路標識を読み取って、クラスター内に表示する機能も追加された。

 また、クラスターの左側には9インチのサイドディスプレイを配置。同画面にはタッチパネルを採用し、多くの機能の設定をこのパネルで行なうことができる。

 このほか運転席左側に付くI-シフトの操作レバーには新たにコンパクトなデザインが与えられ、ステアリングも左右スポーク部のステアリングスイッチの意匠を見直している。

 室内装備ではべバスト社製のパーキングヒーターに加え、ビルトイン式のパーキングクーラー「I-パーク・クール」が全車に標準装備された。同クーラーはエンジン停止中にモーター駆動のコンプレッサを運転して通常のエアコンを運転するもの。

 また、長さ2000mm、最大幅815mmのポケットコイルスプリング式マットレスを擁するベッドには、休憩時に背もたれ部分の角度を調整する電動リクライニング機能が追加された。

エンジンを切っても稼働できる電動コンプレッサー式のパーキングクーラー「I-パーク・クール」。グリルを開くと同コンデンサが見える

 機能面では、ステアリング操作の省力化と操縦安定性の向上をもたらすボルボ独自の電子制御機構「ボルボ・ダイナミック・ステアリング」(VDS)に、パーソナルセッティング機能が追加。任意で同ステアリング制御の強弱が選べるようになった。

 また、車間距離保持機能付きのクルーズコントロール(ACC)も全車速対応式に変更されている。

 いっぽうパワートレーンは2021年モデルとしての変更はなく、18年モデルの仕様を受け継ぐ。搭載するエンジンは12777ccのD13K型で、460PSと540PSの2種類を設定。

 トランスミッションは12段AMTのI- シフトで、従来と同じく540PS車にデュアルクラッチ式のI-シフトも設定されている。

VDSのキックバック抑制機能を試しているところ。凸凹道を走行しても車体は揺れるがステアリングはほとんど動かない

新型FHの新機能を試す

 UDトラックス本社工場内のテストコースで新型ボルボFHに試乗する機会を得た。

 試乗車は、10tのダミーロードを積載した2軸トレーラをけん引するハイルーフのグローブトロッターキャブの4×2トラクタと、18t積載の3軸トレーラをけん引するスリーパーキャブ(セミハイルーフ)の6×4トラクタの2台。ともに540PSのエンジンとデュアルクッラッチ式の「I-シフト」の組み合わせである。

 早速、新型の運転席に乗り込むと、12インチ液晶のメータークラスターや、ダッシュボード上に置かれた9インチのサイドディスプレイ以外は内装の大きな変更はないものの、トリムカラーのブラック基調の面積が増しこともあり、インテリアはさらに質感が増した印象を受ける。

上位グレードの「ラグジュアリー」仕様の室内。標準仕様とは主にシートが異なる

 存在感のあるタッチパネル式のサイドディスプレイだが、セミラウンド型のインパネ上にあり、運転席からの操作がしやすく、フロントウィンドウを妨げない位置に置かれているのも好印象だ。見直されたステアリングやインパネのスイッチ類も、わかりやすく機能的に配置されている。

 従来モデルから継承された、FHの居住性の高さは圧倒的だ。とくにグローブトロッターキャブでは座席の上に立ち上がれるほど室内高が高く、肉厚のマットレスが置かれたベッドスペースも広々している。コックピッドというようり「部屋」と表現したほうが似つかわしい。

 日本国内向けは、現在4×2にのみグローブトロッターキャブが設定されているが、6×4にも採用して欲しいというユーザーの声も多いという。

グローブトロッターの室内。フロアトンネルはわずかに残るものの180cmほどの大人が立ち上がっても余裕の室内高だ。ハイルーフ部に収納が潤沢に装備されるのも嬉しい

 次にVDSの制御量を変更できるパーソナルセッティング機能を試してみた。調整できるのは直進中、コーナリング中のステアリングの重さ、自動センタリング機能の戻りの速さ、ステアリング補正機能(ワダチを走行した際などのキックバックを抑制する機能)の強弱の4項目である。

 セッティングはサイドディスプレイで変更可能で、試乗中に弱強の両極を試してみたが、劇的に変わるというわけではなく「やや」変わるといった印象。ともあれドライバーの好みや状況に応じて使い分けができるようになったのは好ましい。

サイドディスプレイからVDSのセッティングが可能に。カスタム設定では「直進」「コーナリング」「リターン」「制動」の4項目を自由に変更できる。なおプリセットも用意されている

 新型のバックミラーは欧州仕様と同様になったことで、フロントウインドウ越しに見ていた左ミラーは助手席側の窓越しに見ることに……。左ミラーを確認する際には、振り向く動作が生じるため、慣れは必要かもしれないが、ミラー自体の面積は広くなって視認性は向上している。

 いっぽうでそれを補うように、新型には車両左前からトレーラ後端まで映る超広角レンズのコーナーカメラが備わり、死角となりやすい左折時や車線変更時の左サイドをサイドディスプレイで確認できるようになった。コーナーカメラの映像はデフォルトで左ウインカー操作と連動表示されるようになっている。

 とくにトレーラでは、右左折時に通常のバックミラーでは見れない特有の死角があるため、カメラによる安全効果が期待できそうだ。

サイドディスプレイに表示されるコーナーカメラの映像。超広角カメラながら歪みはおもったほどキツくはない

 最後に、新型はパワートレーンの変更はないが、あらためて6×4トラクタでボルボの動力性能を試した。

 手のひらサイズになったI-シフトのセレクターを「A」の位置へ入れ、アクセルを強めに踏み込むと、13Lエンジンらしく低速から力強く加速する。

 デュアルクラッチの恩恵で息継ぎ(変速の間)もほとんど感じさせない。18tのダミーウェイトを積んだ状態でも、もたつきを感じさせないのは「さすが」の一言である。

 VDSがもたらすステアリングの軽さと相まって、好みはあるだろうが乗用車的に運転できるのがボルボ車の魅力だろう。いずれにしてもFHは、国産車とは一線を画す、別格の存在感であった。

540PS仕様に設定されるデュアルクラッチトランスミッションは日本の大型車で唯一無二。トルク抜けのない加速はドライバビリティ向上だけでなく燃費性能も向上させる
【画像ギャラリー】ドラバビリティに磨きをかけ順当進化を遂げた新型ボルボFH(16枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ