複雑なシステムをわかりやすく展示! 実物再現モデルに凝縮されたトレーラ最新技術【ジャパントラックショー2022】

複雑なシステムをわかりやすく展示!  実物再現モデルに凝縮されたトレーラ最新技術【ジャパントラックショー2022】

 最新のトレーラシャシー技術をご存じですか? トラクタ(トラック)と連結しなければ走ることができない被けん引車のトレーラですが、実はさまざまな「走行機能」「安全機能」「コネクティッド」を搭載できることはあまり知られていません。

 この知られざる技術が、5月12~14日に開催された「ジャパントラックョー2022」で紹介されました。

文/緒方五郎 写真トラックマガジン「フルロード」編集部

【画像ギャラリー】ZFグループのトレーラ最新技術をギャラリーでチェック(11枚)画像ギャラリー

■とても珍しいプロの技術者用再現モデル

 最新トレーラ技術を出品したのが、ZFグループのワブコジャパンです。

 同社は世界最大手の大型商用車用ブレーキメーカーだったWABCO(ワブコ)の日本現地法人で、現在はティアワンサプライヤであるZFフリードリヒスハーフェン社に、WABCOとともに統合されています。

 「ジャパントラックショー2022」では、次世代電子制御ブレーキシステム(EBS)のモジュレータ(ただし実物ではなくモックアップ)や空気ブレーキ用整備機具、そして「模型のトレーラになにかがゴチャゴチャついたようなもの」を出品していました。

 実はこの「模型のトレーラになにかがゴチャゴチャついたようなもの」は、プロの技術者向け「実物再現モデル」で、日本国内には数台しかない珍しいものなのです。

 その正式な名称は「トレーラ・トレーニング・モデル(TTM)」といいます。

 これは、トレーラ・メーカーの技術者やメンテナンスに関わるサービスエンジニアなど「本職」の方たちが、トレーラに搭載されるシステムの構造と機能、そして新技術を理解するために使われているものです。

 そのため「ゴチャゴチャついているなにか」である、EBSモジュレータ、電子制御エアサスペンションシステム(ECAS)、駐車ブレーキ解除バルブ(PREV)、車速センサー、スマートボード(車載電子端末)、イモビライザー(盗難防止装置)、トレーラ・リモート・コントロール(運転席の表示装置)、TailGUARD(テールガード、障害物接近警報装置)、ブレーキチャンバー、リヤコンビネーションランプなどはすべて本物で、それらが実車同様に配置されています。

トレーラ用コンポーネントの実物をミニチュアシャシーに装着した「TTM」
トレーラ用コンポーネントの実物をミニチュアシャシーに装着した「TTM」

 シャシーフレームやアクスル(車軸)、エアベローズなどはミニチュアですが、電制エアサスの車高調整機能やリフトアクスル機能は実車と同様に、圧縮エアで作動(外部電源コンプレッサを使う)するようになっています。

 ついでにいえば、TTMのシャシーフレームを受託生産しているのはヨーロッパのトレーラメーカーで、ミニチュアでも本格的な造りなのです。

次ページは : ■最先端トレーラ機能も実装

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ランクルミニの確定デザイン入手!! ベストカー10月10日号

 10月10日号のベストカーは、ランドクルーザーミニの第一報をお届けします。ランドクルーザー250が…

カタログ