中国勢ブースはニューモデル続々登場で華やかな一方……「日本車メーカー」ブースは閑古鳥なところも!?【広州モーターショー2023】

中国勢ブースはニューモデル続々登場で華やかな一方……「日本車メーカー」ブースは閑古鳥なところも!?【広州モーターショー2023】

 2023年11月17~26日まで開催された中国・広州モーターショー2023。2003年に第1回が始まり、以後毎年開催されているモーターショーだが、今回広州市現地を訪れ、感じたことをレポートしよう。

文、写真/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生

【画像ギャラリー】毎年開催される広州モーターショーだが、中国現地では何が起こっているのだろうか?【広州モーターショー2023】(31枚)画像ギャラリー

■毎年開催の広州モーターショーだが、熱気は衰えず!

広州モーターショー2023プレスデー初日の会場前での筆者
広州モーターショー2023プレスデー初日の会場前での筆者

 来場者数は現地での発表によると、約84万7000人。ジャパンモビリティショーが4年ぶりに開催され、111万2000人を記録したことを思えば「なんだ、大したことないじゃん」と思うかもしれないが、前述したように広州モーターショーは毎年開催されている。

 広州モーターショー公式サイトでの発表によれば、展示されていたモデル数は1132台で、そのうちNEV(新エネルギー車)は約4割に当たる469台だった。ワールドプレミアされたモデルは全部で59台。

 7カ月前の2023年4月に私が訪れた上海モーターショー2023では1413台が展示され、ワールドプレミアが93台、来場者数は90万6000人を記録していたことを思えば、広州モーターショー2023の規模は確かにやや小さい。だが、上海モーターショーは今や世界最大のモーターショーであり、しかも4年ぶりの開催だったことを思えば、決して引けは取らないだろう。

 ジャパンモビリティショーではインポーターの出展はメルセデスベンツとBMW、そしてBYDのたった3社だったのに対し、広州ではメルセデスベンツとBMW以外にVWやアウディ、ランボルギーニ、ベントレー、ロールスロイス、PSA、日本からは撤退したフォードなどなど華やかなもの。

 今回の広州モーターショーの中心はBYDのクーペSUV、「シーライオン07」など中国メーカーからの出展だったのだが、日本車メーカーでも中国仕様の新型カムリやブリーズPHEV、アコードPHEV、さらに日産から中国仕様パスファインダーなどがワールドプレミアされた。

 ちなみに日本車メーカーでブースを出展していたのがトヨタの一汽トヨタ、広汽トヨタで、中国トヨタ(TMCI)としての出展はなし。また、ホンダも広汽ホンダと東風ホンダがブースを構えていたほか、日産も東風日産がブースを展開。さらにマツダとスバルもブースを出展していた。

次ページは : ■閑散としていた日本車メーカーブースに一抹の寂寥感も……

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!