タイヤにもお肌の曲がり角! 劣化の証し「ヒビ」を放っておくとヤバいことに!

 乗用車でもトラック・バスでもタイヤは縁の下の力持ち。使用管理をおろそかにすると痛い目に遭います。

 現役バリバリのタイヤマンであるハマダユキオさんから、今回はタイヤの劣化の証し「ヒビ」についての話が届きました。

 お肌の劣化を放っておくと、取り返しのつかないことになるのはタイヤも一緒。さあ、どうしましょう?

文/トラックマガジン「フルロード」編集部・ハマダユキオ 写真/ハマダユキオ

【画像ギャラリー】劣化の証し!! タイヤの「ヒビ」を見逃すな!!(6枚)画像ギャラリー

日々進行するタイヤのヒビ

 人間もタイヤも劣化は日々進行していきます。これは有機物であれ工業製品であれ、変わりなく平等に与えられしもの。アンチエイジングでいろいろ試して「美」を維持されている方、多いと思います。その恩恵(?)か、街中には美男美女が多いすね。

タイヤは経年変化によっていろいろな症状が現われます

 ただタイヤは、美は維持できません。人や荷物を載せた車重を支え、灼熱から極寒、荒れた路面、エンジン、ブレーキからの強烈な駆動力、制動力を路面とコンタクトし、自らをすり減らしながら日々人間の生活の支えとなって転がり続けてるタイヤは人知れず多大なダメージを受け続けております。

 そんなタイヤでも老化防止剤って薬品を混ぜて製造してるんですが、これは繰り返される走行によって内面から染みて表面を保護しているものなんです。
 
 タイヤのヒビの原因の多くは紫外線なんですね。紫外線は強いエネルギーをもってます。紫外線を物質に当てると、化学反応などを起こします。このような理由から、長時間、強い紫外線を浴びると、人間ならば皮膚ガンが発生する可能性もあるので注意が必要なんですね。

タイヤのヒビの激しい例です
これも激しいヒビの例

劣化の原因は紫外線

 しかし日常生活で紫外線を浴びないようにするのは人もモノもむずかしいです。ヒトでいうならば日々の生活で皮膚がいちいち炎症をおこしているようでは大変なんで、そうならないように、ヒトにはメラニン色素ってのがあります。メラニン色素は紫外線を受けると茶色になる色素なんですね。褐色の肌は紫外線を浴び炎症を抑える結果なんですね。

 話が逸れましたが、タイヤが紫外線を受けた場合ヒビが進行します。これはポリマーの結合が切断されるため。ベランダや庭にあるプラスチックのプランターとか洗濯のクリップなんかがヒビが入ったり割れたりしてません? あれがポリマー結合の切断の結果。

 仲良く手を繋いで輪になってるグループに紫外線ちゃんが入って来て、有ること無いことを吹き込んで手を繋ぐのを止めてバラバラにしちゃうんですよ。正に関係にヒビが入る感じです。
ただ紫外線を悪く書いて紹介しましたが、もちろん良い面もあります。それは殺菌。アルコールのようにモノを濡らさず殺菌ができますので製造工場など多方面でご活躍しておりますのであまり悪く思わないでください。

次ページは : 人には保湿クリーム タイヤには老化防止剤 ただし有限

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ