スズキスイスポ「刀」超絶カッコいい!! 市販化熱烈希望!!! 【東京オートサロン2020】

■その名も「カタナエディション」

 2020年1月10日(金)~12日(日)に幕張メッセ(千葉県)で開催される東京オートサロン2020での、スズキの出品車概要が発表された。

 最注目車は「スイフトスポーツ カタナエディション(参考出品車)」。あくまでコンセプトモデルだが、発表された広報写真がとにかくカッコいい。

スイフトスポーツに大型二輪車「KATANA」の力強さと美しさを表現したコンセプトモデル。「カタナエディション」

 ご承知のとおり「カタナ」はスズキが1981年から発売している超名門2輪車モデル(1980年にケルンモーターショーで先行展示された際にはその美しいフォルムのため「ケルンの衝撃」と言われた)。今回出展されるコンセプトカーは、その「カタナ」のイメージをモチーフにした特別仕様車。

 このコンセプトモデル、あながち「夢物語だろう」と思えないのが、2019年5月にスズキ欧州部門は、30台の特別限定仕様として、「スイフトスポーツKatana」を発売しているから。

 エンジンはスイフトスポーツの1.4Lターボそのままだったが、足回りにはスポーツサスペンションが装着され、特別仕様のシートと外装が与えられていた。価格は28,999ユーロ(約352万6000円)。

 今回東京オートサロンに出品される「スイフトスポーツ カタナエディション」は、上述の限定販売された仕様の日本版といえる。すでに販売実績があるのであれば、市販化のハードルも低いはず。ぜひ日本でも発売してほしい!!

 このほかスズキは2台のコンセプト仕様を発表した。どちらもスズキブースを華やかに彩りそう。いよいよ近づく東京オートサロンが楽しみになってきた。

「ジムニーシエラ マリンスタイル(参考出品車)」。ジムニーシエラをベースに、洗練された大人のマリンレジャーをイメージしたコンセプトカー。外装には釣り竿を収納できるロッドケースを備え、内装にはウェットスーツの素材を用いるなど、実用性と大人のおしゃれを兼ね備えたカスタマイズを施した。優れた走行性能を備えた小型艇「S17」と一緒に展示
「ハスラー ストリートベース(参考出品車)」。12月25日に発表され、2020年1月20日より発売となる新型ハスラーの特別仕様モデル。外装はコンテナをイメージしたマットカラーを採用。内装はスピーカーとイルミネーションによりライブ会場のような音楽と光の世界を表現

■東京オートサロン2020の概要はこちら

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ