日産はスカイライン400Rだけじゃない! 市販可能性大の2モデルも登場!!【東京オートサロン2020】

 2020年1月10日から幕張メッセで開幕している東京オートサロン2020にて、日産自動車が2019年9月にマイナーチェンジした「スカイライン 400R」をベースにしたコンセプトカーや、日産の「ニスモ(NISMO)」と双璧をなすブランド「オーテック( AUTECH )」が提案する市販可能性大のコンセプトカーなどを出展した。

 会場で担当者に取材した、ベストカーWebが注目する3台のポイントをお伝えしたい。

文/写真:ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】ひと味違う日産のコンセプトカーがズラリ! 市販化に向けた期待も大!

■GT-R NISMOとはひと味違う!「スカイライン 400R スプリント コンセプト」

 2019年9月にマイナーチェンジした「スカイライン」。その「スカイライン」に”R”を冠した400Rをよりレーシーに仕立てたコンセプトカーが登場した。

今回はアクセサリーコンセプトカーとして登場した「スカイライン 400R スプリント コンセプト」。GT-Rとの差別化し、スカイラインらしいハイパフォーマンス感を表現することに注力した

 エクステリアは、400Rのパフォーマンス感をより強調するフロント/リヤバンパーとリヤスポイラーを装着。モータースポーツでも活躍するNISMOのノウハウを生かし、ドラッグの低減しつつダウンフォースを向上させている。

 デザインを担当した日産グローバルデザイン本部アドバンスドデザイン部の森田充儀氏によれば、ボディはハードさばかりを主張しないように、ホワイトシルバーとマットブラックをベースに、フローセントグリーンのアクセントを配し、モード感を演出している、とのことだった。

 実はこの配色は、東京オートサロン2019に出展された「ジューク パーソナライゼーション アドベンチャー コンセプト」と同じで、シリーズ物としてデザインされている。またボディのいたるところに、数字が配してあるが、こちらはジュークが2019年にちなんだ「19」という数字なのに対して、スカイライン400Rは2020年にちなんだ「20」という数字をつけている。

 この数字だが、実は「20」の隅っこに「2」という数字もついていて、「20」の二乗で「400」となる隠れコンセプトを秘めている。

 将来的には、部品単位で商品化されるかもしれないということで、その場合は今回マットブラックにしてある部分は、よりハイパフォーマンスカーらしさを引き立てるカーボンで製造したいとのことだった。

上下2枚にわかれた構造のリアスポイラーを採用。リアディフューザーも装着し、よりレーシーなスタイルとなっている。見かけ倒しではない、性能に裏打ちされたデザインとなっている

■復権へオーテックが磨く!「エルグランド オーテック コンセプト」

「オーテック(AUTECH)」は、多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきたオーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングが特徴のブランドだ。

 そのオーテックが出展したクルマのなかで、ひときわ目を引いたのが、フラッグシップモデルとして参考出品された「エルグランド オーテック コンセプト」だ。ベースモデルの「エルグランド」は、3代目となる現行型が2010年に登場。2020年で10年が経つこともあり、苦戦を強いられている。

オーテックのカスタムカーで、購入者の約半数が選ぶという「湘南ブルー」をまとった「エルグランド オーテック コンセプト」。オーテックの特徴であるグリルなど、専用エクステリアを装着

 オーテックブランド共通のグリルと、金属調塗装のロアプロテクターを装着した車両は、フラッグシップミニバンらしい存在感を感じさせる仕上がりとなっていた。

 ブランドのアイコニックカラーである「湘南ブルー」はダーク目の専用のブルーを採用。深みがありながらも、ハイライトはきれいに浮かび上がるように調色されたブルーは、「セレナ オーテック」と比べ、さらに高級感と落ち着いた印象に感じさせる。

 ホイールは、ホイールメーカーと共同開発した鍛造アルミホイールを装着。このクラスのオーナーが求めるポイントを押さえた開発が行われている。

 将来の発売に向けて開発を進めているが、エクステリア以外のサスペンションなどの部品に関しては、商品化するかまだ検討中とのことだった。

■車中泊の新たな提案!「セレナ e-POWER オーテック マルチベッド コンセプト」

 マイナーチェンジをした「セレナ オーテック」をベースに、休憩や車中泊ができるベッドシステムを搭載したのが、この「セレナ e-POWER オーテック マルチベッド コンセプト」だ。

ベース車両は「セレナ e-POWER オーテック」。本来は7人乗りだが、3列目シートが外され4人乗りに変更されている

 3列目のシートをなくし、4人乗りに変更された車両は、専用のベッドパネルを使用することでフルフラットに早変わり。ベッドパネルは耐荷重150kgで、大人2人+子供1人がきちんと寝られる大空間となる。

 車中泊をするユーザーのニーズが近年変わってきており、 年配のドライバーから夜に睡眠をとるためだけでなく、長距離ドライブで疲れた際にフラットな空間で足を伸ばしてくつろぎたい、といった声が増えているそうだ。今回は、そういったライトなニーズにも対応する提案となっている。

分割式のベッドパネルを並べると、ご覧のようなフルフラットの大空間が生まれる

 ベッドパネルは、ペットの毛などが入っていきにくい構造と素材なので、ペットと一緒のドライブでも活躍すること間違いなし。小型犬であれば、ドッグランがない場所でも少し息抜きをさせてあげられると担当者は語っていた。

 オーテックとしては、東京オートサロンでは来場者の声を集め、ポジティブな意見が多ければ、ぜひ市販化したいと意気込んでいた。価格も検討中だが、それほど高くない価格で手に入るようにしたいとのことだ。

【画像ギャラリー】ひと味違う日産のコンセプトカーがズラリ! 市販化に向けた期待も大!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ