三菱デリカD5に超キュート仕様登場!! 【東京オートサロン2020】

■その名も「eyeキュート」

 2020年1月10日、幕張メッセで開催中の東京オートサロン2020三菱ブースにて、デリカD:5をベースにしたコンセプトカー「デリカD:5 eyeキュート」が出品された。

東京オートサロン2020(幕張メッセ)の北ホール三菱ブースにて展示されている「デリカD:5 eyeキュート」。丸目のフロントマスクと「やわらかさ」がポイントか。ボディカラーは、マット仕上げの浅葱色のように見えた

 同車は自身もデリカD:5を愛車として所有するテリー伊藤氏がプロデュース。専用デザインのフロントマスクと特色、専用内装地などが施されており、現時点で市販化の予定はないが、今回の東京オートサロンの反響次第では販売する可能性もあるという。

東京オートサロン会場の三菱ブースでトークショーを開催したテリー伊藤氏。プロデュースしたデリカD:5 eyeキュートのポイントなどを解説した

 以下、東京オートサロン会場で実施されたテリー伊藤氏のトークショーで、同車の概要や製作の経緯を紹介する。

――テリーさんは今現在デリカD:5にお乗りなんですよね?

テリー伊藤氏(以下テリー) ええ。マイチェン前のACTIVE GEARに乗っています。現行型(マイチェン後)も取材で昨年たっぷり乗せていただきました。すごくよかったですね!

――どこらへんがよかったですか?

テリー まずパワフルでスムーズ。それにディーゼルなんだけど静か。それとわたしは世田谷と鎌倉に家があるんですが、どちらも狭い路地があるんですが、デリカD:5はあんがい大きくなくて全幅が1795mm。走りやすいんです。

――今回プロデュースしていただいたモデルはどうですか?

テリー 現行型のデリカって、カッコいいんだけどギラギラしているじゃないですか。都会っぽいし夜の街に似合うクルマでしょう。いっぽう私は、鎌倉のパン屋さんやTSUTAYAの駐車場が似合うクルマにしたかった。愛犬だとか、家族の一員のような、愛らしさや親しみやすさを出したかったんですね。それで三菱に頼んで「丸目」にしてもらいました。これが実際に作ってもらうとなると、ものすごい大変で、すごく頑張って作ってくれました!

現行型のデリカD:5。派手で威圧感のあるフロントグリルが特徴で、確かにテリー伊藤氏が言うように「夜の街」がよく似合う

――それがこの形になったと。

テリー いまミニバンって、みんな押し出しが強いじゃないですか。そんななかで「やさしさ」を出したかったんです。真ん中のグリルも、ギラギラ光ってたり黒一色だったりと派手な方向のクルマが多いんですが、あえて墨色にしてもらいました。ホイールもアルミではなくボディ同色の鉄チンです。最近のミニバンの「ゴージャスさ」とか「都会っぽさ」よりも、若者っぽい軽さを出したかったんですね。なのでボディカラーもメタリック系が流行っていますが、マットでお願いしました。

ボディのリア周りをあえて無彩色風に仕上げたのもテリー氏のアイデア。素朴なイメージが出ていて、「やわらかさ」が出ている。鉄チンホイールも相まってフランス車のような風味がある

――このモデルの命名もテリーさんがしてくれたんですよね。

テリー はい、やっぱり「目」(フロントライト)が最大のポイントだと思うので、「eye キュート」という名前を付けさせてもらいました。市販の予定はまだありませんが、ぜひ皆さん、SNSとかで「これほしい!」と呟いてください。そしたら発売に向けて動いてくれるし、その時は三菱に頼んで安くしてもらいますので。

シート地やドアの布地にタータンチェック柄を配したのもこのモデルのポイント。昨今のミニバンが「ゴージャス志向」であるのに対し、「若者らしい軽やかさ」をイメージ

■世界初公開のeKスペースは?

――本日世界初公開となったeKスペースについても感想をいただいてよろしいでしょうか?

テリー 先ほどじっくり見ました。もうね、ここまでくると「軽」という名前がおかしいでしょう。世界中を見回しても、このサイズでこれほどの走行性能や快適性や安全性を持っているクルマなんてありません。海外の人が乗ったらみんなひっくり返りますよ。そんななかでも、新型のeKスペースは、室内やラゲッジの広さ、ドアの開口部の工夫による乗降性のよさ、安全性能、どこをとっても、これ、よすぎて普通のクルマ(登録車)いらない、これ一台でいいやってなっちゃいますよね。

――どんなシーンがこのeKスペースに似合うでしょうか。

テリー どこでも似合いますよ。それこそ鎌倉の街を走っても似合うし、三崎にマグロを食べに行ってもいい。星空のきれいなところへ行ってキャンプしてもいい。室内が広いからお子さんも喜ぶだろうし、家族で使ってほしいですよね。

東京オートサロンの三菱ブースには世界初公開となる新型eKスペース(今春発売予定)も出品されており、こちらにも言及

――最後に、三菱自動車に何か一言お願いします。

テリー 子供の頃、三菱のジープに乗せてもらっていろんなところへ行きました。いまでもあの頃のことを思い出すとワクワクします。いまクルマって、クルマの魅力だけじゃなくて、そのクルマとのライフスタイルも提案しているじゃないですか。だから三菱には、ぜひワクワクを与えてくれるようなクルマを、これからも作ってくださいとお願いしたいです。よろしくお願いします。

イベントではテリー伊藤氏とともに三菱自動車の商品戦略本部CPS(チーフプロダクトスペシャリスト)吉川淳氏も登壇。新型eKスペースの見所や安全技術などについて語ってくれた

【東京オートサロン2020】新型eKスペース登場!! 三菱の日本市場「勝負車」が来た!!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ