早速会場で見てきたぞ!! スーパーGTをかき回してくれそうなホンダシビックタイプR

早速会場で見てきたぞ!! スーパーGTをかき回してくれそうなホンダシビックタイプR

 東京オートサロンで行われたホンダのプレスカンファレンス。その最中にホンダシビックタイプR-GTコンセプトが公開された。2024年からスーパーGTのGT500クラスに投入されるマシンのコンセプトモデルとのことだが、エクステリアに関してはすぐに実戦投入できそうな雰囲気をまとっていた。

文・写真/ベストカーWeb編集部

■ついに姿を現した新型スーパーGTマシン

ホンダ・レーシング 代表取締役社長 渡辺康治氏の合図でアンベイルが行われた
ホンダ・レーシング 代表取締役社長 渡辺康治氏の合図でアンベイルが行われた

 東京オートサロンにおけるホンダのプレスカンファレンスが行われるまで、ホンダブースの壇上で黒い布をまとったマシンが置かれていた。中は見えないものの、布越しに見える凹凸の激しさから、市販車とは異なるすさまじいオーラが発せられていた。

ついに姿を現したホンダシビックタイプR-GTコンセプト
ついに姿を現したホンダシビックタイプR-GTコンセプト

 そしてホンダ・レーシングの渡辺康治社長の合図とともに、ホンダシビックタイプR-GTコンセプトが公開された。ウインドウはブラックフィルムでふさがれており、中身についてはうかがい知れないが、エアロをまとった姿はすぐに実践参加できそうな雰囲気である。

 渡辺社長は「レーシングカーのごとき速さと圧倒的なドライビングプレジャーを追求するホンダのピュアスポーツモデルであるタイプRの名を冠したマシンをついにスーパーGTに投入することにいたしました!」と高らかに宣言した!

■シビックタイプRをGT500クラスに投入

巨大なGTウイングが目を引く
巨大なGTウイングが目を引く

 現在スーパーGTに参戦するNSX-GTの後継として、シビックタイプRが2024年からGT500に投入される。だが、現段階でこのマシンはコンセプトモデルであるという。

 スーパーGTでは、メーカー同士のマシンをイコールコンディションとするために空力に関しては厳しい規定がある。公開されたマシンはこれらをすでにクリアしているようで、シビックタイプRのイメージとうまく融合している。

 カナード翼などが追加されたフロントスポイラーに加え、巨大なリアウィングをまとうことで、GTマシンらしい雰囲気を醸し出している。

「このマシンはまだデザインの方向性を示す段階のものですけれども、東京オートサロンをはじめ、ファンの皆様にじかに見ていただく機会を設けますので、ぜひご期待ください」と語った渡辺社長。

 今後オートサロン以外でもこのマシンを見るチャンスは多そうだ!

【画像ギャラリー】GT500仕様のホンダシビックタイプRの詳細を画像でチェック!!(11枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ