4WDに「モリゾウモード」発見! GRヤリス「オジエ仕様」「ロバンペラ仕様」の違いを調べてみた

■4WDモードセレクトがまるで違う!

ロバンペラ仕様の内装。ステッチがフィンランドカラー!
ロバンペラ仕様の内装。ステッチがフィンランドカラー!

 ではインテリアに目を向けてみよう。ノーマルと異なるのは、ステアリングやシートのステッチ(縫い糸)の色の違いだ。

 オジエ仕様はステアリングのステッチのみがトリコロール調の赤とブルーになり、シフトブーツやシートはシルバー。欧州仕様のGRヤリスはステッチが赤なので、わざわざ日本仕様に似せたこだわりといえる。いっぽうロバンペラ仕様はステアリング、シフトブーツ、シートすべてのステッチが白とブルーに。ロバンペラ選手の故郷フィンランド国旗のモチーフは、ここで使われているというわけだ。

 ところがインテリアをチェックしていると、ものすごく重大な発見をしてしまった。センターコンソールにある「4WDモードセレクトスイッチ」が、ノーマルとはまるで違うのだ。通常のGRヤリスが「SPORT」と「TRACK」なのに対し、オジエ仕様は「OGIER」と「MORIZO」、ロバンペラ仕様は「KALLE」と「DONUT」という謎だらけの仕様!(「ボタンを押すとNORMAL」は共通)

オジェ仕様の4WDモードにはさりげなく「MORIZO」の文字が!
オジェ仕様の4WDモードにはさりげなく「MORIZO」の文字が!

 実はこれもまた、両選手がもっとも走りやすい前後トルク配分を移植した特別仕様なのだった。聞いてみると、オジエ選手もロバンペラ選手もかなりリア寄りのトルク配分になっているが(SPORTに近い?)、それぞれアクセル開度などによる過渡特性が異なるという。

 では「MORIZO」と「DONUT」はなんなのか。MORIZOについてはご想像の通り、モリゾウ選手の好みを反映したセッティングで、オジエ選手よりはややフロント寄りの仕様とのこと。DONUTは、ロバンペラ選手がドーナツターンが大得意なことから(誕生日にモリゾウ選手から本物のドーナツを贈られたほど!)、それにあやかったセッティングなのだそうだ。ちょっとモリゾウ選手! どさくさに紛れて(笑)モリゾウエディションにもなかった隠しモード仕込まないでくださいよ!

 以上がオジエ仕様とロバンペラ仕様の相違点だ。両車はあくまで「コンセプト」であり、正式な仕様がどうなるかは未定だが、購入者にはWRC競技車両への証の掲載、両選手との懇談機会なども提供されるというから気になる。正式アナウンスを楽しみに待とう!

【画像ギャラリー】GRヤリス「オジエ仕様」「ロバンペラ仕様」はここが違う!(19枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します