「伝統」と「新時代」がクロスオーバー!! 新型クラウンの超アウトドア仕様に見た市販化と進むべき道

「伝統」と「新時代」がクロスオーバー!! 新型クラウンの超アウトドア仕様に見た市販化と進むべき道

 東京オートサロン2023と併催された「東京アウトドアショー」で、このたびが大きな変革を遂げた新型クラウンクロスオーバーが、さらにとんでもない事になっていると聞き、さっそく取材。そこにあったのは「クロスオーバー」という言葉を改めて考えさせられる自由な発想のクラウンの姿があった。

文/西尾タクト、写真/西尾タクト、TOYOTA

■「いつかはクラウン…で、キャンプに行こう」

 トヨタのフラッグシップ、伝統の一台として、「いつかはクラウン」という名コピーがあることはみんなが知っているだろう。時代は変わり、豊田章男社長が「百年に一度の変革期」と語ったとおり、クラウンさえも本気で生まれ変わらなければ伝統が途絶えてしまう。そんな時代に生き残るため、多様化と進化の行方を示したモデルのひとつが、今回紹介する「クラウン・アウトドア・コンセプト」だ。

CROWN OUTDOOR CONCEPT(クラウン・アウトドア・コンセプト)。大径タイヤを履いて車高アップ、フェンダーが拡幅していて、アウトドア感がめっちゃ上がっている!!
CROWN OUTDOOR CONCEPT(クラウン・アウトドア・コンセプト)。大径タイヤを履いて車高アップ、フェンダーが拡幅していて、アウトドア感がめっちゃ上がっている!!

 幕張メッセ北ホールの「アウトドアショー」トヨタブースでクラウンアウトドア仕様の解説をしてくれたのは、なんと、新型クラウンの開発責任者である皿田明弘(さらだあきひろ)氏。

「ユーザーの皆さまに自由に捉えていただいて、それぞれの趣向に合わせて選んでいただきたい。そんなクラウンの姿を模索してきました」

 と語る。なるほどよくわかるんですが、自由すぎませんか。これ、クラウンですよ。

フロントグリルにはサードパーティ製の丸フォグを装着。ボンネットには、WRCマシンも採用しているロングバータイプのLEDフォグを装着。さらにフロントウィンドウ上部にもロングバータイプのLEDを取付。めちゃくちゃ明るいです。これ夜道で見かけたら超カッコいいのでは
フロントグリルにはサードパーティ製の丸フォグを装着。ボンネットには、WRCマシンも採用しているロングバータイプのLEDフォグを装着。さらにフロントウィンドウ上部にもロングバータイプのLEDを取付。めちゃくちゃ明るいです。これ夜道で見かけたら超カッコいいのでは

 皿田氏によれば、ユーザーに多様性があるように、販売店にも得意不得意や好き嫌いの多様性があるそうだ。その中には、アウトドアやユーザビリティ色の強いカスタムを一台一台仕上げるのが得意なディーラーもあるとのこと。

 このクラウンの「超アウトドア仕様」ともいうべきモデルは、そうしたお店とともに(まさに併催のオートサロンのカスタムショップよろしく)サードパーティ製品などもうまく利用して、「いつかは俺だけのクラウン」を仕上げてくれるショップと連携して育てていきたい車両だそうだ。販売店でのパッケージ受注はもちろん、後付けでの架装車としてカスタム販売も検討したいとのこと。

 おお、もうこれ思いきり「市販前提の話」じゃないですか。

 今回出展された「クラウン・アウトドア・コンセプト」、見れば見るほど(既存の後付けパーツを思いっきり加えたというよりも)しっかり作り込まれていることがわかる。車高は50mmアップ、車幅は60mm拡幅、大径オールテレーンタイヤやLEDライトが唯一無二の個性を醸し出している。内装も、現在海外仕様にのみ設定されている「トランクスルー」が用意されており、これはアウトドア好きには嬉しい装備!!

 これ、コンプリートの追加グレードで設定されたらめっちゃ売れそう。

流れるようなルーフライン。しかしそこにルーフキャリア。アウトドア用品が似合いそうだが、マッドフラップとホイールセンターキャップにはかつてと同じクラウンのマーク
流れるようなルーフライン。しかしそこにルーフキャリア。アウトドア用品が似合いそうだが、マッドフラップとホイールセンターキャップにはかつてと同じクラウンのマーク

次ページは : ■血統確かな名馬が荷馬車を引くような遊び心

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ