世界最速「フェアレディZ SUV」爆誕!? 公道走行可の日産直系コンセプトカーがスゴい

世界最速「フェアレディZ SUV」爆誕!? 公道走行可の日産直系コンセプトカーがスゴい

 幕張メッセにて行われた東京オートサロン。そこで筆者は、ひと際個性的なカスタマイズカーを目にした。北ホールの日産愛知自動車大学校と日産京都自動車大学校の展示ブースには、セレナなのにセレナじゃない、新型ZなのにZじゃない2台のクルマが展示してあった……。

文・写真/佐々木 亘

■まさかの「煙」対応!? 「セレナもくもくキャンパー」

ぱっと見車種不明だが実はセレナベース。ライトはなんとY33セドリック用を流用
ぱっと見車種不明だが実はセレナベース。ライトはなんとY33セドリック用を流用

 日産愛知自動車大学校が製作したのが「セレナもくもくキャンパー」。フロントフェイスだけでは、GFC27型セレナと言われないと分からない。セドリックの
ヘッドライトと、キューブのフロントバンパーを使用し、ボンネットとバンパーはタイヤハウスの中に塗るアンダーコートを塗り上げた。

 醸し出すオーラは、本格クロカンだ。車高を少し高め、フロントに丸みのあるキューブのバンパーを使用することで、セレナの純正状態よりもアプローチアングルが深くなっている。これなら、少々の荒れた路面でも、ボディ損傷を気にすることなく、突き進んでいけるだろう。

 このクルマのターゲットは30代の独身男性らしい。なぜ、このターゲットになったのか。理由は制作チームの担任の先生が、30代の独身男性だったからだ。「担任の先生に向けてクルマを作ろう」という学生の気持ちが、大作を生み出した原動力になっている。

特徴となるサイドドア。タープのようにも使えるのが嬉しい
特徴となるサイドドア。タープのようにも使えるのが嬉しい

 コンセプトは、プライベートと仕事の時間の切り替えがしやすいクルマ。仕事に「もくもく」と取組み、遊びにも「もくもく」と熱中できるというのが、「もくもくキャンパー」という名前の由来の1つ目だ。

 車内に目を移すと、天井には大きなガラスルーフがある。これはラフェスタからの流用。昨年4月から始まった板金塗装の勉強を、フル活用して制作にあたった。目を引いたのは、運転席側のスライドドアを跳ね上げ式にしている点。これは、キャンプなどで屋根代わりに使ってほしかったためと話してくれた。

 さらに驚くのは、これまでご法度だった、「クルマの中で火を使う」のを、このセレナでは可能にしている点だ。エアコン吹き出し口の部分が煙を吸うための換気扇に変わっている。また、雨の日でもドアを開けて調理中の換気がしやすいように、先ほどの、跳ね上げ式スライドドアが生きてくるというわけだ。

 車内で火を使い、煙がもくもくでも大丈夫。これが「もくもくキャンパー」という名前になった2つ目の理由だ。車両のコンセプトから制作技術、そしてネーミングに至るまで、一貫した隙の無さが、完成度の高さに繋がっている。

次ページは : ■新型ZがもうSUVに?超絶カッコいい「フェアレディX」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ