【「応相談」じゃわからない】超名門国産クラシックカーの本当の相場価格


 クラシックカーとして価値があるのは、自動車の歴史の古い欧州車やアメリカ車と思う人も多いはず。

 しかし、最近ではトヨタ2000GTが海外のオークションにおいて1億円で落札されたということがニュースとなったり、ハコスカ、ケンメリといった日産スカイラインGT-Rが数千万円という驚きのプライスを付けたりするなど日本車のクラシックカーの人気が海外でもうなぎ登りだ。

 今回はトヨタ2000GTやハコスカ、ケンメリのGT-Rほどの超メジャー級ではないが、今後国産のクラシックカーとして人気になりそうだが、まだ手が届く5車種をピックアップ。現在の流通台数と中古車相場を調べてみた。

文:萩原文博/写真:TOYOTA、HONDA、MITSUBISHI、ISUZU、MAZDA

【画像ギャラリー】まだ手が届くものもあるジャパニーズクラシックカー


旧車はギャンブル的要素がある

 今回フォーカスを当てた国産クラシックカーの中古車は大きく3つのパターンに分けることができることがわかった。

 まず1番目がすでにレストアずみで、比較的維持費が掛からないクルマ。これは車両価格こそ高くなるものの、その後の維持費は比較的安くできるパターン。しかし、すでにレストアされてしまっているので、自分の好みに仕上げるなどの楽しさは味わえない。

トヨタ2000GTは試作も含めて330台程度しか生産されていないうえに海外でも大人気。今後高くなっても安くなることはないだろう

 2番目はまだレストアしていないクルマだ。これは車両価格が1番のパターンより安くなるが、手を入れるとなるとかなり高額になるケースもある。それは見えない部分がどれくらい傷んでいるかわからないからだ。しかし、自分の好きなように納得できるまでレストアできるという楽しさもある。

 そして3番目が部品取り車。これはエンジンがすでになく、ボディだけというものだ。これは車両価格が抜群に安くなるが、走行することはできない。しかし、ボディなどの外板部品はこういったクルマはもう廃盤となっているので、こういった部品取り車の需要も高くなる。

旧車の場合、部品取り車として販売されているもののボディのほうがよかったり、1台として同じものがないので手に入れるにはギャンブル性を覚悟する必要がある

 以前、私は雑誌の企画で初代フェアレディZ、S30型の240Zのレストアに同行したが、元々レストアしようとしていたクルマより部品取り用に仕入れたクルマのボディのほうがしっかりしていて、急遽そちらをベースにレストアし、クルマを仕上げたということを目の当たりにしたこともある。それくらい、ギャンブル的な要素を含んでいるということは覚えておいてもらいたい。

 話がそれてしまったが、今回まだ手が届く国産クラシックカーとして、取り上げるのは初代トヨタセリカ、ホンダS800、三菱コルトギャランGTO、いすゞベレットGTR、そしてマツダコスモスポーツの5台だ。

初代トヨタセリカ

販売期間:1970~1977年

ボディサイズは全長4215×全幅1620×全高1280mmで車重は1040kg。日本初のスペシャルティカーとして大人気モデルとなった。今見てもカッコいい

 まず、初代トヨタセリカからだ。

 ダルマという愛称で人気の高い初代セリカは1970年12月に販売開始。ロングノーズショートデッキというFR車らしいスタイリングの2ドアクーペと1973年4月に追加されたファストバックルーフのリフトバックを追加。

 また、2ドアクーペの1600GTをベースにサスペンションをチューニングし、装備を簡素化した1600GTVなどもラインナップしていた。

1973年に追加されたリフトバックの人気は高い。ノーマルが繊細なイメージなのに対しリフトバックはマッチョで力強い。写真はST

 現在、初代セリカの中古車の流通台数は約15台で、相場は約249万~約500万円となっている。2ドアクーペよりリフトバックの中古車のほうが多く流通している。台数は少ないモノのスポティーグレードのGTVも見つけることができる。

次ページは : ホンダS800

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ