【「応相談」じゃわからない】超名門国産クラシックカーの本当の相場価格

 クラシックカーとして価値があるのは、自動車の歴史の古い欧州車やアメリカ車と思う人も多いはず。

 しかし、最近ではトヨタ2000GTが海外のオークションにおいて1億円で落札されたということがニュースとなったり、ハコスカ、ケンメリといった日産スカイラインGT-Rが数千万円という驚きのプライスを付けたりするなど日本車のクラシックカーの人気が海外でもうなぎ登りだ。

 今回はトヨタ2000GTやハコスカ、ケンメリのGT-Rほどの超メジャー級ではないが、今後国産のクラシックカーとして人気になりそうだが、まだ手が届く5車種をピックアップ。現在の流通台数と中古車相場を調べてみた。

文:萩原文博/写真:TOYOTA、HONDA、MITSUBISHI、ISUZU、MAZDA

【画像ギャラリー】まだ手が届くものもあるジャパニーズクラシックカー


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ