明暗わかれた名門クラウン 中古車は買い!? 待ち!?? 

 2018年6月にフルモデルチェンジを行い、現行型となる15代目モデルが登場したトヨタクラウン

 販売開始から約1年4カ月が経過した。2019年1月~6月の新車販売台数は2万1853台で23位となり、モデル末期であるトヨタハリアーや、ヴェルファイアを抑えている。

 さらに消費税増税前の2019年9月の登録台数では3806台を記録し、国産車のラグジュアリーセダンの中でひとり勝ちという状況だ。

 そこで今回は、国産ラグジュアリーセダンでひとり勝ちしているクラウンの中古車事情を紹介しよう。

 文:萩原文博/写真:トヨタ

 【画像ギャラリー】昭和から平成へともにゆくクラウンをみる


現行型クラウンの中古車市場はいかに? 

現行型クラウン

 現行型クラウンはトヨタのクルマ構造改革である「TNGA」に基づいて開発され、高い走行性能や静粛性を実現するためにシャシーなどを一新。

 挑戦的なデザイン、向上した走行性能、最新鋭のコネクティッド機能と話題の豊富な現行型クラウンだが、販売開始から約1年半が経過し、中古車の流通台数は右肩上がりで増加中。現在は約340台の中古車が早くも流通している。

 流通台数がまだ200台程度だった3カ月前は平均価格も約510万円と高値をキープしていたが、その後の流通台数の増加により、現在は約488万円まで値落ちが進んでいる。

流通台数から見えるクラウンの人気度

 グレード分布を見てみると、最も多いのが2.5ハイブリッド RSアドバンスの約60台で、続くのが2LターボRSの約46台。

 そして2.5ハイブリッドS Cパッケージ、2.5ハイブリッドRS、3.5ハイブリッドRSとなっている。流通台数から現行型クラウンの人気の傾向が見えてくる。

 パワートレインはやはり燃費性能とパワーのバランスが優れた2.5Lハイブリッド。そしてグレードはスポーティなRSの人気が高くなっている。

 最も流通台数の多い2.5ハイブリッド RSアドバンスの平均価格の推移は3カ月前が約575万円、今月が558万円と17万円の値落ちを記録した。

 また、2LターボRSも3カ月前が約444万円、今月が約438万円と6万円の値落ちだ。2.5ハイブリッドS Cパッケージにいたっては、3カ月間得が約457万円から今月は約462万円とやや値上がりといった状況だ。

中古車価格が下がっているグレードはこれ

 人気グレードでの値落ちは期待薄ということで、より調べてみると大幅な値落ちを記録する車種を発見。それは2LターボRSアドバンスで、2LターボRSの上級グレードにあたるモデルだ。

 3カ月前の平均価格は約496万円で、今月は約477万円と約19万円値落ちとなっている。流通台数は少ないが2.5ハイブリッドG エグゼクティブFourは3カ月前の約585万円から今月は約555万円へと約30万円の値落ちを記録した。

 現行型クラウンもグレードによって値落ち幅が大きく異なるので、詳しく調べるとお得なグレードを見つけることも可能となっている。

 現行型クラウンは値落ち傾向とわかったところで、旧型となった2012年に登場したクラウンアスリートとクラウンロイヤルの中古車相場も調べてみたいと思う。

先代クラウンの中古市場に変動あり?? 

 一般的にはフルモデルチェンジを行うと先代モデルは未使用車が大量発生するケースを除いて値落ちが加速するものだ。

 先代クラウンアスリートとロイヤルの中古車相場を調べてみたら、驚きの結果となったのだ。クラウンロイヤルの中古車の平均価格の推移は2019年1月の時点では約244万円だったのだが、今月は約219万円と順調に値落ちが進んでいる。

クラウンロイヤル

 いっぽうのアスリートは2019年1月の時点の平均価格は約284万円で、8月に約265万円まで値落ちが進んだ。

 しかしそこから反発が始まり現在は約280万円と年始の平均価格に迫る勢いとなっている。流通台数の増加に連れて、中古車の平均走行距離が短くなっているので、走行距離の短い高品質車が中古車相場を引き上げていると考えられる。

 そこで、年式ごとに調べてみると初期モデルの2012~2014年式の流通台数がグンと減っていて、平均価格はほぼ横這いとなっている。

 しかし2015年式以降はほとんどの年式が値上がり傾向となっていて、2016~2018年の高年式では流通台数が倍増すると同時に平均価格は約10万円も値上がりしている。

 しかも平均走行距離が延びているにも関わらず値上がりなのだ。それは流通しているグレードを調べてみて値上がりの理由が見えてきた。

トヨタ店創立70周年記念特別仕様車 J-FRONTIER

 2016年8月に販売されたトヨタ店創立70周年記念特別仕様車「J-FRONTIER」の中古車が平均価格をアップさせているのである。

 流通台数が最も多い2.5ハイブリッドS J-FRONTIERは3カ月前の平均価格が約333万円に対して、今月は約366万円と33万円の値上がり。2.0S-T J-FRONTIERでも約340万円から約357万円へと約17万円の値上がりとなっているのだ。

買うならどちらがいいのか

 クラウンのような人気車種はフルモデルチェンジし旧型となっても順調に値落ちするわけではないということが明らかになった。

 先代のロイヤルは「買い!」といえるが、アスリートのほうは「待ち!」と言えるタイミングだ。

 【画像ギャラリー】昭和から平成へともにゆくクラウンをみる

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ