発売から2年で新古車続出!!? 新型フォレスター 話題のe-BOXERも中古なら狙い目に


 2020年3月末に発表されたスバルの2020年2月度の生産・国内販売・輸出実績を見てみると、海外生産3万343台、輸出合計5万3700台は2月単月として過去最高を記録した。

 この過去最高の輸出に大きく貢献したのが、ミドルサイズSUVの「フォレスター」だ。今回は国内市場で販売されているスバル車のなかで最も悪路走破性に優れたフォレスターの中古車事情について紹介しよう。

文/萩原文博
写真/SUBARU

【画像ギャラリー】上質な走りを手に入れたフォレスター 歴代モデルの姿と現行モデルの詳細をチェック!


■燃費性能は物足りないがスバルきっての悪路走破性を持つSUV

 5代目となる現行型スバル「フォレスター」は2018年6月に登場し、まずガソリン車が7月から販売開始し、e-BOXERと呼ばれるハイブリッド車は9月から販売開始となった。

 外観デザインは先代を踏襲しているものの、ボディの骨格は現行型インプレッサで導入された「スバルグローバルプラットフォーム(以下SGP)」を採用し、ハンドリング性能と操縦安定性が向上させている。また、ボディサイズもひと回り拡大され、リアシートの居住性が大幅に改善されているのが特徴だ。

写真左が上級装備を満載したハイグレードモデル「Premium(プレミアム)」、写真右がアクティブさをより際立たせたモデル「X-BREAK(Xブレイク)」。熟成のシンメトリカルAWDと「Xモード」、スバル車のなかで最も高い車高(220mm)の合わせ技でどこへでも行ける頼もしさがある

 現行型フォレスターは搭載されているパワートレインも一新。従来モデルは2Lエンジンが中心だったが、ガソリン車は最高出力184ps、最大トルク24.4kgm(239Nm)を発生する2.5L水平対向4気筒自然吸気エンジンに変更。

 またターボエンジンは廃止され、最高出力145ps、最大トルク188Nmを発生する2L水平対向4気筒自然吸気エンジンに最高出力13.6ps、最大トルク6.6kgm(65Nm)を発生するモーターを組み合わせたe-BOXERと呼ばれるハイブリッドシステムを搭載。

 ミッションはすべてリニアトロニックと呼ばれるCVTが組み合わされ、駆動方式も4WDのみとなっている。燃費性能はより実走行に近いWLTCモードで、13.2~14.0km/Lとほかの国産ミドルサイズSUVと比べると物足りない数値だ。

 フォレスターは2018年に登場して以降、一部改良や特別仕様車の設定を行っている。まず、2019年6月に一部改良を行い、後席に荷物などの置き忘れをブザーなどで知らせるリアシートリマインダーを全車に標準装備したほか、ボディカラーではダークグレーメタリックを廃止するいっぽうで、新色のマグネタイトグレーメタリックを設定している。

プレミアムとアドバンスが採用するエクステリアデザイン。Xブレイクでは、インパネまわりやシートにオレンジがアクセントカラーとして入る
2019年7月の一部改良で追加された新色「マグネタイトグレーメタリック」。ボディカラーは9色を設定

 そして、2019年11月には2.5プレミアムをベースとした特別仕様車の「Xエディション」を設定。外観ではガンメタリック塗装の18インチのアルミホイールをはじめ、フロントグリルなどは無塗装ブラック+ダークメタリック加飾が施された。さらに、運転支援システムの「アイサイトセイフティプラスが標準装備されている。それでは、現行型フォレスターの中古車事情を見てみよう。

2019年11月に追加された、「プレミアム」をベースにタフに使える装備や、外観の力強さをさらに際立たせるアイテムを採用した特別仕様車「Xエディション」

次ページは : ■未使用中古車が数多く登場した影響で値動きあり

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ