エクストレイル ロードスター フォレスター…がなんと50万円で買える!!? 特選中古車 5選


【番外コラム】販売店に聞いた! コロナ禍の今、中古車市場はどうなっている?

 今回取材にお伺いした中古車店『コンプリートスピード』の責任者である山添さんにコロナ禍での中古車市場について聞いてみた。

「自粛が始まった3月は中古車そして新車も需要期だったこともあり、ウチの店舗では、ほとんど影響がありませんでした。オークションなどでも影響が見え始めたのは、4月に入ってからですね。海外の港がロックダウンされている影響で輸出ができなくなり、海外で人気の高かったクルマのオークション価格が軒並み20万円は下がりました。

 なかでもアジア圏で人気の高かったアルファード/ヴェルファイアは輸出が止まった途端、国内中古車市場に流入し、いきなり100万円近くオークション価格が下がりましたよ。

中古車の価格は輸出を取り巻く状況によっても大きく変わる。アルファードも夢じゃない!!?(写真は2012年式)

 例年5月のゴールデンウィーク明けから6月は中古車市場の動きが鈍くなるので、コロナ禍の影響で体力のない販売店などが現金に換えるためにオークションに大量に出展すると、価格が暴落という可能性は高いです」と話す。

【画像ギャラリー】実はまだある! 100万円以内で買えるオススメ中古車たちのリストとともにギャラリーをチェック!!!