海外ではメルセデスが普通? なぜ日本人だけ「ベンツ」と呼ぶのか

 輸入車の代名詞のひとつであるメルセデス・ベンツ。日本では、古くから親しみを込めて「ベンツ」と呼んできたが、世界的には「メルセデス」と呼ぶことが一般的といわれる。いったいどう呼ぶのが、正しいのか!?

 本稿では、メルセデス・ベンツジャパンに尋ねてみた。以下、その回答も含め、日本で最もポピュラーな輸入車ブランド、メルセデス・ベンツ呼び方について掘り下げていきたい。

文:大音安弘
写真:Daimler AG.、編集部

【画像ギャラリー】日本でも18車種を展開!! メルセデス・ベンツ 現行全ラインナップを見る!


「全世界で“メルセデス”を推奨しています」

「MBUX」を搭載し、日本では2018年に発売されたAクラス

 2019年の輸入新車登録台数ナンバー1に輝くなど、今も絶大な人気を誇るメルセデスベンツ。日本では「ベンツ」と呼ぶのが一般的。バブル期に大人気となった190Eは、「小ベンツ」の愛称で親しまれた。

 ところが、2018年秋に導入された3代目Aクラスに搭載されるインフォテイメントシステム「MBUX」の音声認識機能は、会話調で音声操作ができることが売りなのだが、その起動キーワードは、「ハイ! メルセデス」。これに違和感を覚えたユーザーもいるはずだ。

 その理由を探るべく、メルセデス・ベンツ日本に問い合わせると、「メルセデス・ベンツの略称は、全世界で“メルセデス”を推奨しています」とのこと。

「ヘイ! メルセデス」で応答し、ナビやオーディオ類の調整などが、音声認識で可能な「MBUX」

 もちろん、ベンツという呼び方についても、完全にNGというわけではないと前置きしたうえで、

「古くから“ベンツ”と呼ばれていますが、その一方で、そこに良いイメージを持たない方もいらっしゃると思います」

「ですから、“メルセデス”は、女性の名前でもありますから、親しみも感じていただきやすいのではないでしょうか。ぜひ今後は、“ベンツ”と呼んで頂いている方にも、“メルセデス”と呼んで頂ければ幸いです」

 との回答を得た。

世界では“メルセデス”が主流も中国は“ベンツ”!?

メルセデス・ベンツといえば写真のスリーポインテッドスター。世界ではメルセデスの呼称が一般的だが、中国は日本と同様?

 そもそも「メルセデス」の由来だが、それはダイムラーとベンツが手を組む前の19世紀末まで遡る。

 この頃、ダイムラー車の総販売権を取得していたオーストリア・ハンガリー帝国の領事エミール・イエリネックが、愛娘メルセデスの名をダイムラー車につけて販売。レースでも好成績を収めることができたなど幸運に繋がったことで定着していったようだ。

 つまり、欧米で、古くから親しまれた車名なのである。また英語やフランス語では、クルマを女性名詞として扱うことも、女性名が馴染んだ理由のひとつだろう。またイエリネックが、ダイムラーという響きの重厚さを避けたこともあるようだ。

 そこで主要市場であるドイツや米国での呼び方を調べると、ほぼ「メルセデス」と呼んでいるそう。

 では、新たな巨大市場となった中国ではどうなのだろうか。駐在中の日本人ビジネスマンの協力で調べてみると、意外な結果が判明。

 なんと中国人も一般的には「奔驰(ベンツ)」と呼んでいるそう。因みに、メルセデス・ベンツの中国語表記は、「梅赛德斯奔驰」となる。

吉田茂元首相もベンツと呼んだ!?

吉田茂元首相の愛車だったメルセデス・ベンツ300SE

 日本人がベンツと呼ぶようになった時期は定かではないが、こんな逸話がある。

 著名なメルセデス・ベンツオーナーの一人として知られる吉田茂元首相は、現役時代、1951年に訪問した西ドイツで、アデナウアー首相(当時)とドイツ車購入の約束をするも、時代背景から長らく約束を果たすことができなかった。

 それから12年を経た1963年、念願のドイツ車メルセデス・ベンツ 300SEロングを購入。アデナウアー氏に、「われ約束を果たせり。新しいベンツに本日から乗っている」と報告の電報を送っている。

 電報による事情も鑑みられるが、選ばれし者しか手に入れられなかった時代から、ベンツと親しみを込めて呼んでいたことが伺えるエピソードのひとつだ。

 また、日本でのクルマの愛称を思い起こすと、スカイラインGTを「スカG」、トヨタスポーツ800を「ヨタハチ」、初代セリカの「ダルマ」など3~4文字に略すことが多いよう。その感覚が、「ベンツ」という呼び方にマッチしたのかもしれない。

 実際に、輸入車でも、フォルクスワーゲンを「ワーゲン」やキャデラックを「キャデ」と呼び親しんだ。

実は誤った呼び名が広まった「AMG」

メルセデス・ベンツのハイパフォーマンスブランド「AMG」。アーマーゲーという呼び方も一部に定着していたが……

 メルセデス・ベンツの高性能モデルである「メルセデスAMG」も、かつて独立したコンプリートカーメーカーの「AMG(エーエムジー)」であった。

 正規インポーターが立ち上がった1980年後半から自動車ファンを中心に「アーマーゲー」と呼ばれるようになる。当時はドイツ語読みと言われたが、正しくは「アーエムゲー」である。

 なぜ誤った呼び方が広まったかには諸説があるが、こちらも響きの良さが受けたのだろう。

 現在は、英語読みである「エーエムジー」と呼ぶのが一般的となり、新型車は、メルセデス・エーエムジー」となった。メルセデス・ベンツ日本でも、この呼び方を推奨する。

 もしドイツ語で呼ぶならば、「メルセデス・アーエムゲー」となることをお忘れなく。

【画像ギャラリー】日本でも18車種を展開!! メルセデス・ベンツ 現行全ラインナップを見る!

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ