海外ではメルセデスが普通? なぜ日本人だけ「ベンツ」と呼ぶのか


 輸入車の代名詞のひとつであるメルセデス・ベンツ。日本では、古くから親しみを込めて「ベンツ」と呼んできたが、世界的には「メルセデス」と呼ぶことが一般的といわれる。いったいどう呼ぶのが、正しいのか!?

 本稿では、メルセデス・ベンツジャパンに尋ねてみた。以下、その回答も含め、日本で最もポピュラーな輸入車ブランド、メルセデス・ベンツ呼び方について掘り下げていきたい。

文:大音安弘
写真:Daimler AG.、編集部

【画像ギャラリー】日本でも18車種を展開!! メルセデス・ベンツ 現行全ラインナップを見る!


「全世界で“メルセデス”を推奨しています」

「MBUX」を搭載し、日本では2018年に発売されたAクラス

 2019年の輸入新車登録台数ナンバー1に輝くなど、今も絶大な人気を誇るメルセデスベンツ。日本では「ベンツ」と呼ぶのが一般的。バブル期に大人気となった190Eは、「小ベンツ」の愛称で親しまれた。

 ところが、2018年秋に導入された3代目Aクラスに搭載されるインフォテイメントシステム「MBUX」の音声認識機能は、会話調で音声操作ができることが売りなのだが、その起動キーワードは、「ハイ! メルセデス」。これに違和感を覚えたユーザーもいるはずだ。

 その理由を探るべく、メルセデス・ベンツ日本に問い合わせると、「メルセデス・ベンツの略称は、全世界で“メルセデス”を推奨しています」とのこと。

「ヘイ! メルセデス」で応答し、ナビやオーディオ類の調整などが、音声認識で可能な「MBUX」

 もちろん、ベンツという呼び方についても、完全にNGというわけではないと前置きしたうえで、

「古くから“ベンツ”と呼ばれていますが、その一方で、そこに良いイメージを持たない方もいらっしゃると思います」

「ですから、“メルセデス”は、女性の名前でもありますから、親しみも感じていただきやすいのではないでしょうか。ぜひ今後は、“ベンツ”と呼んで頂いている方にも、“メルセデス”と呼んで頂ければ幸いです」

 との回答を得た。

世界では“メルセデス”が主流も中国は“ベンツ”!?

メルセデス・ベンツといえば写真のスリーポインテッドスター。世界ではメルセデスの呼称が一般的だが、中国は日本と同様?

 そもそも「メルセデス」の由来だが、それはダイムラーとベンツが手を組む前の19世紀末まで遡る。

 この頃、ダイムラー車の総販売権を取得していたオーストリア・ハンガリー帝国の領事エミール・イエリネックが、愛娘メルセデスの名をダイムラー車につけて販売。レースでも好成績を収めることができたなど幸運に繋がったことで定着していったようだ。

 つまり、欧米で、古くから親しまれた車名なのである。また英語やフランス語では、クルマを女性名詞として扱うことも、女性名が馴染んだ理由のひとつだろう。またイエリネックが、ダイムラーという響きの重厚さを避けたこともあるようだ。

 そこで主要市場であるドイツや米国での呼び方を調べると、ほぼ「メルセデス」と呼んでいるそう。

 では、新たな巨大市場となった中国ではどうなのだろうか。駐在中の日本人ビジネスマンの協力で調べてみると、意外な結果が判明。

 なんと中国人も一般的には「奔驰(ベンツ)」と呼んでいるそう。因みに、メルセデス・ベンツの中国語表記は、「梅赛德斯奔驰」となる。

次ページは : 吉田茂元首相もベンツと呼んだ!?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ