メルセデス・ベンツGLB発表!! 日本にジャストなベンツSUVがついに出た!


 充実のラインアップを誇るメルセデスSUVに、9番目となる新型SUVが投入された。この新SUVは、日本でも扱いやすいサイズ感に加え、なんと7人乗りが基本。ミニバンライクな使い方もできそうなのだ。

 新たなファミリーメルセデスとしても、人気を集めそうな、オールニューモデル「GLB」を紹介しよう。

文:大音安弘 / 写真:メルセデス・ベンツ日本

【画像ギャラリー】全部叶えてくれる!?欲張りなSUV、メルセデス・ベンツGLBをチェック


9番目は日本に最適なSUV!?

 メルセデス・ベンツ日本は、2020年6月25日、新型クロスオーバーSUV「GLB」を発表し、同日より予約受注を開始した。価格は、512万~696万円となる。

 メルセデスSUVのニューフェイスとなる「GLB」は、FFプラットフォームをベースに開発されたコンパクトなサイズのモデルだ。

 そのポジションは、クロスオーバー色の強いコンパクトサイズの「GLA」とミディアムサイズSUVの中間に位置する。近年のSUVブームの傾向を受け、より本格派らしいスタイルが与えれているのが特徴だ。

GLAとGLCの隙間を埋めるべく誕生した新型SUVがGLB。取り回しやすいサイズと多目的に使える機能性の高さが特徴だ

タフさを前面に打ち出した王道的スタイル

 GLBは、メルセデスSUVのアイコン「Gクラス」を彷彿させる、野性味ある力強いデザインを採用。フロントマスクには、メルセデスSUVファミリーの一員であることを示すSUVライン向けのフロントグリルを装着。

 フロントバンパーには、アンダーガードが与えられ、クロカン風味を加えている。さらにヘッドライトをスクエア形状とすることで、端正かつ小顔に仕立てている。

 リヤスタイルは、ルーフ後端を最大限延長することで、ボクシーかつ収納性に優れる形状とし、リヤバンパーにボリューム感を与えることで、安定感ある走りと堅牢さを強調するスタイルとした。

 堂々としたスタイルだが、ボディサイズは、全長4650mm×全幅1845mm×全高1700mm(※GLB 250 4MATICスポーツ)と、日本道路事情でも困らないサイズに留められているのもポイントだ。

頼りがいある力強いリヤスタイル。ボディサイズは、イメージするよりもコンパクトだ。

次ページは : 5+2のシートレイアウト