現行BMW3シリーズは中古車の買い得感が激高!! 1年落ちで数百万円安!?

 日本ではBMWの人気は相変わらずの高さだが、セダン&ワゴン受難時代においても3シリーズは堅調な販売をマークしている。

 旧型、2代前のモデルを安く手に入れるのもありだが、BMWは現行モデルに乗ってこそ魅力が味わえる、と考える人もいる。

 現行3シリーズが日本デビューを果たしたのは2019年2月。新車価格も高額でまだ最大1年半落ちながら、すでに出回っている中古車の買い得感が高いという情報もある。

 現行3シリーズの中古車にうまみはあるのか? ないのか? そのあたりについて、萩原文博氏が相場、タマ数などをもとに考察する。

文:萩原文博/写真:BMW、池之平昌信


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ