現行BMW3シリーズは中古車の買い得感が激高!! 1年落ちで数百万円安!?


 日本ではBMWの人気は相変わらずの高さだが、セダン&ワゴン受難時代においても3シリーズは堅調な販売をマークしている。

 旧型、2代前のモデルを安く手に入れるのもありだが、BMWは現行モデルに乗ってこそ魅力が味わえる、と考える人もいる。

 現行3シリーズが日本デビューを果たしたのは2019年2月。新車価格も高額でまだ最大1年半落ちながら、すでに出回っている中古車の買い得感が高いという情報もある。

 現行3シリーズの中古車にうまみはあるのか? ないのか? そのあたりについて、萩原文博氏が相場、タマ数などをもとに考察する。

文:萩原文博/写真:BMW、池之平昌信


現行BMW3シリーズはロングドライブに最適!!

ロングツーリングでのディーゼルの燃費のよさは特筆レベル。1日1000kmレベルで走るとそのよさがクローズアップされるのはさすが

 先日、取材のため4日間で約4300kmを走破するという久しぶりにぶっ飛んだロングドライブを行った。その時取材車に選んだのが、現行型BMW320dツーリング Xドライブ Mスポーツだった。

 選んだ条件は機材もたくさん積まねばならないし、高速道路中心に走行するので最新鋭の運転支援システムを搭載していること。そして何より燃費性能が高く、燃料代の安いディーゼルエンジン搭載車ということでチョイスした。

 結果、このチョイスは正解だった。トルクフルなディーゼルエンジンは高速走行ではリッター当たり約19kmという燃費性能を発揮し、低重心なステーションワゴンのフラットな乗り心地はロングドライブでも疲れにくい。

 さらにさすがロングドライブの多い欧州車らしくシートのホールド性が抜群。1日1000km走行しても「腰が痛い!」とドライバーだけでなく、同乗者もひと言も言わなかった。やはり、国産車と欧州車の疲れにくさの違いは「シートにあり!」と再確認できたのだ。

BMWは走りのよさで定評があるが、シートの出来がすばらしい。ロングドライブするとそれが如実に出る。日本車も進化しているが、まだ追いつけていない

 取材から戻り、ロングドライブを快適に送れた現行型BMW3シリーズの中古車相場はどうなっているのかと気になったので、調べ始めたら驚きの事実が判明した!

 これはぜひ伝えなければと思い、セダンが導入されてまだ1年が経過したばかりの現行型BMW3シリーズの最新の中古車事情を紹介したい。

最新の運転支援装置でハンズフリーも可能

 G20型と呼ばれる現行型BMW3シリーズセダンは、2019年1月に日本市場に導入され、3月より販売開始した。

 BMWのアイコンであるキドニーグリルは1つのフレームに縁取られて、より立体的な造形となると同時に、低重心でアグレッシブなデザインとなった。

 さらにヘッドライトは、下辺部の中央に鋭角の切り込みを入れることで印象的なフトントフェイスとなっている。

大型のキドニーグリルはメッキパーツで買もまれて存在感を狩猟。ヘッドランプは下端に切れ込みを入れるなどシャープなフロントマスクとなっている

 また、サイドウィンドウ後端部のホフマイスターキンクとして知られるピラー形状は、Cピラーに一体化されたデザインとなり、快適な乗降性を維持しながらも、サイドウィンドウの流線型が強調されたことにより伸びやかなスタイリングとなっている。

 インテリアは、2枚の大型コントロールディスプレイを採用したBMWライブ・コクピットを標準装備し、さらにAIを活用したBMWインテリジェント・パーソナル・アシストを導入。

現行3シリーズセダンは真横から見た時が特に美しい。アーチ状のルーフラインとショートデッキが見事なマッチングを見せる

 これは音声会話により車両の操作や情報へのアクセスが可能となる画期的な装備である。

 そして現行型3シリーズは多くのグレードに高性能3眼カメラを使用した最新の運転支援システムを採用。渋滞時などでハンズフリーによる自動運転が可能とした。

次ページは : セダンに続きワゴンのツーリングを追加

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ