ヤリスクロス 強さの理由とは? 残価設定ローンならヤリスより安い!?


 ヤリスクロスはヤリスベースのコンパクトSUVで、2020年8月31日から販売を開始した。すでに年内納車が難しくなるほどのバックオーダーを抱えている。

 クルマは魅力的な商品が出ると必ず既存の車種にも影響が出る。それは同じクラスのライバルだけでなく、クラスを超えたクルマにまで影響は及ぶことも珍しくない。

 また、同一メーカーのモデル、ヤリスクロスの場合はトヨタのほかの車種にも必ず影響が出てくる。

 ヤリスクロスの登場により影響を受けるクルマについて、渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、NISSAN、MAZDA、平野学、池之平昌信、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】気が付いたらSUV王国!! トヨタの緻密に構成されたSUVラインナップをチェック!!


ライバルに比べて安い価格設定が魅力

ヤリスクロスは全長4180×全幅1765×全高1590mmで3ナンバーサイズとなるが、SUVとしてはコンパクトだから日本での使い勝手も悪くない

 2020年8月31日に発売されたヤリスクロスが注目されている。売れ筋のコンパクトSUVで、価格も割安に設定したからだ。

 最も安価なノーマルエンジンのX・Bパッケージは179万8000円。

 このグレードは、Xから衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能を省いた仕様だが、価格は9万8000円しか下がらない。安全装備を省くのは、レンタカーやカーシェアリング向けの低価格仕様としても論外だ。従って推奨できないグレードだが、価格の安さを訴求する効果はある。

 各種の装備を充実させた最上級のハイブリッド2WD・Zは258万4000円だから、ライバル車のキックスX(275万9900円)、ヴェゼルハイブリッド2WD・Zホンダセンシング(276万186円)に比べて約18万円安い。この価格差も話題を呼んだ。

キックスはハイブリッドのe-POWERのみの設定と割り切ったため、ライバルに対して価格が高めに映ってしまう
ヤリスクロスはライバルに比べてもかなり割安な価格設定となっている

コストを抑えて最大限の変化を実現

 ヤリスクロスの価格がライバル車よりも約18万円安い背景には、複数の理由がある。

 まず前述のライバル車への対抗だ。コンパクトカーのエンジンやプラットフォームを使ってSUVを造った場合、一般的には価格が35万~40万円高くなる。そこをヤリスクロスでは約18万円の上乗せに抑えたから、価格がライバル車よりも安くなった。

ヤリスをベースにして共有パーツを増やしながら、見事にSUV化してイメージチェンジ。このあたりにトヨタのうまさが光る

 価格を安くできた理由は、ヤリスクロスとヤリスを比べた時の違いがライバル車よりも小さいからだ。

 ボディパネルは異なるが、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)はヤリスクロスになっても10mmしか拡大されず、インパネの基本レイアウトもヤリスと大差ない。そのためにヤリスクロスは価格の上乗せを抑えられた。

インテリアはヤリスに比べてサイズアップしているが、基本レイアウトを変更していないことがコストダウンにつながっている

次ページは : トヨタのSUVラインナップの価格的バランス

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ