【BMW、MINI…】100万円輸入車で遊べ!! 中古車で選ぶ楽しい輸入車5選

【BMW、MINI…】100万円輸入車で遊べ!! 中古車で選ぶ楽しい輸入車5選

国産車もいいけれど、たまには輸入車にも乗ってみたい、なんて思うことはないだろうか? イメージ的にすぐ壊れるとか、修理代金が国産車の何倍もかかるなんていうイメージもあるかもしれない。

しかーし、実際はそこまで大きな故障は頻発するものではないし、中古車で気軽にのってみてもいいんじゃない!? というのがこの企画の出発点。今回は若手自動車ライターの永田恵一氏が徹底レポート。自身の経験をもとに、安くて、目立って、通好みな中古輸入車を選びました。

文:永田恵一/写真:ベストカー編集部


■乗るなら正統派!! 100万円から叶える名車オーナー

輸入中古車というと「壊れそう」とか「高そう」といった敷居の高いイメージを持つ人も多いかもしれない。しかし筆者は運転歴20年で3台の輸入中古車に乗っていたが、前者に関しては致命的なトラブルはなかった。

さらに壊れても社外パーツや純正同等品といった部品も使いながら、輸入車を得意としているお店にお願いするなどのちょっとした工夫しながら乗っていたのもあり、整備費用は日本車とさほど変わらず楽しめた。

後者に関しては新車価格も考えると同年式の日本車よりも買いやすいことが多いほどで、予算に合わせて幅広い選択肢から選べ、同じ値段なら日本車の中古車よりもいろいろな経験ができたりと、より楽しめる。

という訳で当記事ではお得に遊べる輸入中古車をピックアップしてみた。

【BMW 3シリーズ(E90)】~100万円  永田氏セレクトの3シリーズ中古車はこんなクルマ!!

BMW3シリーズはスポーツセダンを開発する際に世界中の自動車メーカーが目標やお手本にすることが多い、BMWを代表するモデルである。ピックアップした先代モデルは日本では2005年から2012年まで販売された。

BMWらしい軽快なハンドリングと重厚な乗り心地の両立に加え、クルマのサイズの肥大化が止まらないことを考えると、前期型で全長4525mmというボディサイズとキャビンスペースのバランスも今になると魅力だ。

永遠のスタンダードともいえる3シリーズ。100万円位下で買って楽しんだら乗り換えるもアリ
永遠のスタンダードともいえる3シリーズ。100万円位下で買って楽しんだら乗り換えるもアリ

さらに先代3シリーズから2リッター直4NAの320iが販売の中心だったものの、2.5リッター直6NAの323iや325iも納得できる価格でラインナップされていたことも注目。

中古車のタマもそれなりに流通しており、今後現実的な価格で買うのは絶望的になりそうな6気筒エンジンに乗りたいという人にも狙い目だ。

それでいて100万円以下で買える個体もたくさんあり、気軽な気持ちBMWに乗れるというのも嬉しい。

【ミニ3ドア】100万円~  永田氏セレクトのミニ3ドア中古車はこんなクルマ!!

イギリスの風景だったミニは現在BMWが持つブランドとなっており、BMWが開発したミニとしては現行モデルで3代目となる。ピックアップした個体は2代目モデル。

基盤となる3ドアは1.4リッターNAのONE、1.6リッターNAのクーパー、1.6リッターターボのクーパーSが中心となるラインナップで、6速ATに加え6速MTが全グレードに設定される点も目を引く。

2代目ミニの魅力はブランド力の強さによるイメージの良さだけでなく、インテリアやエンジン、各部の操作感なども想像以上にクオリティが高く、「小さいけど高級」なクルマに仕上がっていることだ。

またクーパーSであればパワフルな動力性能をかつてのミニのハンドリングを受け継ぐゴーカートフィーリングと呼ばれるハンドリングも合わせて味わえる。

さらにミニはピックアップした個体を見ても分かるとおりアフターパーツも豊富なので、サーキット走行にも対応する仕様に仕上げるなど、自分だけの1台を造るのも楽しみがあるのも嬉しいポイントだ。

次ページは : ■ちょっと変わった輸入車を選ぶならこの3台

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

あのパジェロもセリカも復活する!! 春本番に胸躍る! ベストカー4月26日号

花より団子。桜よりベストカーですよ~。胸躍る春の到来とともにお届ける「ベストカー4月26日号」の注目特集はベストカーの真骨頂、SCOOP企画。あの三菱パジェロとトヨタセリカの復活誕生をズドーンと掲載しています。クルマ購入お役立ち特集「アナタの最適解教えマス」、「鈴木利男に参りましたと言わせたい!」特集など、盛りだくさんです。

カタログ