S15型シルビア中古価格高騰の前に買える?? 中古市場の現状はいかに?

S15型も中古スポーツ高騰の餌食に!? 最後のシルビアを中古で買うのは今でも遅くない?

 R34型日産 スカイラインGT-Rや80型トヨタ スープラなどの中古車相場大高騰をもたらした、アメリカの25年ルール。

 「製造から25年が経過した車両は、本来は禁止されている右ハンドル車であっても『趣味のクラシックカー』として輸入できる」というアメリカの国内ルールなわけだが、その25年ルールが、今から2年半後にはS15型日産 シルビアの初期モデルにも適用されることになる。

 それを機に、S15型シルビアの相場もR34型スカイラインGT-Rのように爆上げしてしまうのだろうか? というか、そもそも現時点ですでにS15型シルビアの相場は高騰しているのか?

 気になって仕方ないため、少々調べてみることにしよう。

文/伊達軍曹  写真/NISSAN

【画像ギャラリー】2年半後の北米25年ルール適用に備えて、高騰前のS15型シルビアを写真でチェック!!


■7代目のS15シルビアはダウンサイジングで再び人気!

 まずはS15型日産 シルビアというクルマについての超簡単なおさらいから。

S15型 7代目の日産シルビア(1999-2002年)。S14型の不発から車幅を5ナンバーサイズにもどし、コンパクトスポーツクーペのデザインに変更したことで再び人気となった

 サニーをベースとするスペシャルティカーとして1965年に初代が誕生した日産シルビアは、その後いろいろありながらも、1988年に登場した5代目・S13型が「デートカー」としても「走り屋のためのFRクーペ」としても大ヒット。

 1993年に発売された6代目・S14型は3ナンバーサイズに肥大化したことで評価を落としたのだが、再び5ナンバーサイズに戻して1999年に登場した7代目・S15型は「手頃なサイズのFRクーペ」として、再び大人気を得るに至った。

 搭載エンジンは、「spec.S」が最高出力165ps(MT車)または160ps(AT車)の2L直4自然吸気で、「spec.R」は同250ps(MT車)または225ps(AT車)の2L直4ターボ。spec.SのMTは5速タイプだが、ターボ版であるspec.RのMTは6速タイプだった。

S15型 日産シルビア スペックRに搭載されるSR20DET。ターボエンジンであるスペックRには6速MTが組み合わされる

■S15型日産シルビア、中古車相場の現在地

 ……というのがS15型シルビアの超大まかな概略で、2021年夏時点での中古車流通量はおおむね133台。相場は、モデル全体で120万~500万円といったところだ。

 これをもう少し細かく分解すると、下記のとおりとなる。

●MT車:122台(92%)/100万~500万円
●AT車:11台(8%)/120万~240万円

●spec.R:83台(62%)/160万~500万円
●spec.S:46台(35%)/100万~300万円
●オーテックバージョン:4台(3%)/160万~260万円

S15型シルビア オーテックバージョン。あえてNAの「スペックS」をベースに、エンジン、排気系、足回りプラス6速MTのコントロール性を重視した『いぶし銀チューン』を施した

 要するに「S15型シルビア中古車のほとんどはMT車で、エンジン的にはターボが6割以上となる。ただ、NAエンジン搭載車もそれなりには流通している」というのが、S15型日産 シルビアの大ざっぱな現在地だ。

 さらに少し細かく見てみよう。

 先ほど「S15型シルビア全体の相場は120万~500万円」と申し上げたが、そのなかでの内訳はどうなっているのか? つまり、けっこう安いやつも多いのか、はたまた500万円ぐらいの高値圏に集中しているのか? もしくは120万~500万円というゾーンのなかで、ほぼ等しくバラけているのだろうか?

 結論として、状況は下記のとおりであった。

・50万~100万円:1台
・100万~150万円:15台
・150万~200万円:30台
・200万~250万円:31台
・250万~300万円:32台
・300万~400万円:17台
・400万~500万円:7台

 ……基本的にはバラけているが、「現在のボリュームゾーンは150万円から300万円ぐらい」であることと、「決して400万円以上の超高値物件ばかりではない」ということは言えそうだ。

次ページは : ■中古で狙い目のグレードと価格