ランクル70周年!ヨンマルことランクル40はまだ買える? もう買えない?

新型ランクル70周年記念! パーツも復刻 ランクルといえばヨンマル! まだ買える? もう買えない?

 2021年8月1日、ランドクルーザーが誕生から70周年を迎え、8月2日は新型ランドクルーザー300が発売された。

 新型ランクル300も大いに魅力だが、50代以上のおじさん世代には、“ヨンマル”こと、1960年から1984年に生産されたランクル40系のほうが強烈に頭に残っているに違いない。

 嬉しいことに、トヨタは8月1日からランクル40の補給部品の復刻を発表した。「GRヘリテージパーツプロジェクト」として復刻、サプライヤーによる特別協力のもと、すでに廃版となってしまった補給部品を復刻し、純正部品として再販売する予定。

 そこで、本企画では、ランドクルーザー40系にスポットを当て、今中古車市場でどんな状況なのか、実際に購入した際のチェックポイントなどを伊達軍曹がランクル専門店に徹底取材!

文/伊達軍曹
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】祝ランクル70周年!! 丸目ライトが愛くるしいランクル40をギャラリーでチェック!!


■ランドクルーザー40系の魅力とは

 2021年8月2日、いよいよ新型トヨタ ランドクルーザー(300系)が日本でも正式発売された。

 伝統のフレーム構造は踏襲しつつ、TNGAに基づく新開発のGA-Fプラットフォームを採用。さらには新開発のV6ツインターボエンジン(3.3Lディーゼル/3.5Lガソリン)搭載や約200kgの軽量化、懸案だった盗難対策としてトヨタ初の「指紋認証スタートスイッチ」を標準装備するなどにより(※GXのみオプション)、事前受注が殺到。納車はなんと4年待ちの状態だという。

 なんとも魅力的な新型ランクル300ではあるが、新型がハイテク系の魅力を増せば増すほど、旧型のアナログな魅力も増していくように感じられる。

 そして数ある旧型ランクルのなかでも今、特にシブいと感じられるのは「ランドクルーザー40系」であろう。

ランドクルーザー生誕70周年を迎えた8月1日、トヨタはランドクルーザー40系の補修部品復刻を発表。復刻する部品はエンジン、駆動系、排気系が中心。写真は1961年式FJ40V

 40系は、トヨタジープBJ型(初代ランドクルーザー)と20系を経て1960年に発売され、1984年までの長きにわたって販売された3代目のトヨタランドクルーザー。

 ボディデザインは前身の20系を少々改良した程度だったが、シャシー関係はフルに改善および改良。当初のパワーユニットは3.9L直6ガソリンのF型エンジンのみだったが、1974年に3L直4のB型ディーゼルエンジンを投入。これ以降、「ランクルといえばディーゼルエンジン」というイメージが定着することになる。

FJ45(V)は4ドアのロングホイールベース(2650mm)車で国内では少数派。写真はFJ45Lピックアップ

 その後、ディーゼルエンジンの排気量は順次拡大されていき、日本国内のみならず世界中の悪路で大活躍したランクル40系は一大ロングセラーに。そして登場から24年後の1984年11月にようやく、後継モデル「ランドクルーザー70系」へのフルモデルチェンジが行われた。

 ……と、このようなランクル40系は、そのクラシカルなたたずまいにより、今なお世界中で大人気。インターネットオークションサイト「eBay」では極上モノのランクル40系が1000万円以上で取り引きされることもあり、国内の中古車マーケットで500万円以上の値札が付くことも決して珍しくはない。

 さらにはランクル生誕70周年となった今年8月1日、トヨタは40系の修理用部品を復刻し、来年から再販売すると発表。

 これは発売から60年以上たった今も世界各地で数万台が活躍してる40系ユーザーの声に応えるもので、まずはエンジンや駆動系といった基本性能に関わる重要部品を復刻する予定。そして2022年初頭以降、生産の準備が整った部品から順次発売するという。

■ランクル専門店に徹底取材!

1974年、ランクル史上初のディーゼルエンジンとなる3L、直4のB型エンジンを搭載するBJシリーズを発売。写真は2ドアショートホイールベース車(2285mm)の1974年式BJ40

ランドクルーザー40系の中古車情報はこちら!

フレックス・ドリーム ランクルさいたま北店のホームページはこちら!

 こうなってくると、否が応でも「クラシカルなランクル40系が欲しい!」という気分が盛り上がってくるわけだが、実際のランドクルーザー40系は最終年式であっても40年近く昔のクルマであり、なおかつ流通量も少ないため、「どこで買い、購入後はどうやって維持していけばいいのか?」ということが今ひとつよくわからない。

 また、おそらくはディーゼルエンジン搭載車が中心となるはずであるため、例の九都府県市ディーゼル車規制の関係で「そもそも買えるのか? 乗れるのか?」という不安もある。

 そこで、新旧すべてのランドクルーザーを長年取り扱っている専門店『フレックス・ドリーム ランクルさいたま北店』の店長・五嶋重徳さんに、具体的なあれこれを教えていただくことにした。

――ということで五嶋さん、まずはランドクルーザー40系の中古車相場について教えてください。カーセンサーnetなどを見ても「応談」が多くてよくわからないのですが、40系の相場は今、だいたいいくらぐらいなんでしょうか?

五嶋さん 世の中には販売価格で200万円台の個体もありますが、そういった価格の物件は正直、コンディション的には難ありと思われます。

 本日現在、当店には40系の販売車両はありませんが、もしも弊店で仕入れて販売するとしたら、おおむね300万円台でしょうか。モノによっては400万円台か500万円台になることもあると思います。

――なるほど。要するに40系の相場は300万~500万円ぐらい、ということですね?

次ページは : ■相場がないというのは???