WRXだけじゃない! 好き者多数!! 絶賛値上がり中の中古スバル3モデルとは!

WRXだけじゃない! 好き者多数!! 絶賛値上がり中の中古スバル3モデルとは!

 スバルの走りの象徴のモデルがWRX。WRX S4は2021年11月にフルモデルチェンジを行い、2代目となる現行モデルが登場した。

 しかし6速MT車のみという硬派なスポーツモデル、WRX STIは2019年にファイナルバージョンを発売し、その幕を下ろした。

 現在、旧型WRXの中古車相場を見てみると、絶版車となったWRX STIに加えて、新型が登場したばかりのWRX S4も値上がり傾向。WRX S4の平均価格は約288.7万円。WRX STIは約467万円とその勢いが止まらない。

 しかしスバル車の中古車相場の値上がりはWRXに限った話ではない。詳しく調べてみると、中古車相場が値上がりしているスバル車を3車種発見。ここでは、現在進行形で値上がりしているスバル車3モデルを紹介する。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】値上がりしている中古スバル車3モデルの詳細を写真で紹介(12枚)画像ギャラリー

旧型レヴォーグは2Lターボ車の流通台数が少なく人気が集中

旧型レヴォーグSTIスポーツの走行シーン
旧型レヴォーグSTIスポーツの走行シーン

 一般的に中古車相場が値上がりするパターンは2種類ある。まず一つ目のパターンは、フルモデルチェンジを行い、旧型の高年式の在庫車が中古車市場に出回った場合だ。このパターンは、中古車の平均価格が上昇するとともに、流通台数も増加している。

 そして、もう一つのパターンが、生産終了となり中古車市場に流入するクルマが減少する一方で、平均価格が値上がりしていくというもの。これは生産終了やそのほかの要因で人気が高まり、需要と供給のバランスが崩れて中古車相場が上昇していくのだ。

 まず、現在値上がりしているスバル車として取り上げるのが、旧型レヴォーグだ。2020年にフルモデルチェンジを行い、2代目へと世代交代を行ったレヴォーグ。旧型の中古車相場は値上がり傾向となっている。

 旧型レヴォーグは新型スポーツツアラーとして、2014年6月より販売開始した。新世代のスポーツツアラーに相応しい流麗でスタイリッシュなシルエット。そして使い勝手の良い大容量のカーゴルームを実現。

 インテリアは、ドライビングを快適に愉しめるゆとりある空間とし、仕立ての良さを感じさせる上質なデザインを採用している。

 搭載されているエンジンは、軽快な走りを実現する動力性能と優れた燃費性能を両立した新開発の1.6L水平対向4気筒インテリジェントターボ“DIT”。そして最高出力300ps、最大トルク400Nmという高出力、高トルクの圧倒的な動力性能を発揮する2L水平対向4気筒パフォーマンスターボ“DIT”の2種類。

 組み合わされるトランスミッションはリニアトロニックと呼ばれるCVTで、2Lエンジンにはダイレクト感のあるスポーティで愉しいドライビングを味わえるスポーツリニアトロニックを採用している。

 安全装備では、スバル独自の運転支援システム「アイサイトver.3」を搭載。操舵支援機能であるアクティブレーンキープをはじめ、AT誤後進抑制、ブレーキランプ認識制御などの新機能、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールの性能向上により、最先端の予防安全技術を実現していた。

 2015年4月に一部改良を行い、スバル国内初採用となる先進安全装備「アドバンスセイフティパッケージ」を展開。2016年5月にはレヴォーグが持つ「走行性能」と「走りの質感」、「内外装の質感」をこれまでよりも更に高めた最上級グレードの STI Sportを設定。

 2017年7月には大幅改良を実施し、アイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載。更に、後退時自動ブレーキシステムなどを追加し、全方位の運転支援システムを充実させている。同時に内外装の変更を行い、機能性を向上させている。

 2018年4月に行った一部改良では、全グレードでアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良。2019年5月の一部改良で、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40km/h から30km/h に変更するなど安全性をさらに向上させている。

 現在、旧型レヴォーグの中古車は約1100台流通していて平均価格は約185万円。3カ月前の流通台数は約1550台で、平均価格は約176万円だったので、流通台数が約450台減少する一方で、中古車相場は約9万円も値上がりしていて、現在も進行形だ。

 この値上がりは、半導体不足などによる新車の納車遅延が大きな影響を及ぼしているのだ。旧型レヴォーグの中古車は1.6L車が豊富だが、最高出力300psを発生する2L車は数が少なく、値上がり幅はこれ以上大きくなっている。

次ページは : 優れたパッケージングのXVは安定した人気を誇るコンパクトSUV

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ