【C-HR、スバルXVら登場】最新国産 SUV 悪路走破性ランキング

 スバル XV、マツダ CX-5と新型の登場が相次ぎ、SUVはますます活況。

 ファション的にSUVを選ぶユーザーも増えてきたが、やはりいざとなった時に頼れるのは、未舗装路でも安心して走れる相棒だ。

 注目の国産SUV 5モデルを、悪路走破性で斬る!!

文:国沢光宏/写真:小宮岩男
ベストカー2017年6月10日号


楽しさ持つXVか、極悪路性能のCX-5か

 せっかくSUV買うなら優れた4WD性能持っているモデルを選びたい。ということで最も優れているのは新しいスバルXVとしておく。

 もちろん「極悪路走破性」という観点であれば、最低地上高で勝るCX-5に軍配を挙げる。

 悪路を走るときに最も重要なスペックのひとつが最低地上高なのだった。CX-5は220mmあり、XVの200mmを10%も上回っています。

【1位】SUBARU XV/CX-5に最低地上高が劣りながら、XVが1位の理由は?

 ガレ場走れば10%が決定的な差になる。けれど乗用車ベースのSUVでガレ場を走るようなケース、少ないと思う。

 私もアウトランダーPHEVを持っているけれど、お腹をガンガン擦るようなガレ場は走ったことありません。クルマを壊しますから。

 4WD性能が重視されるのは、一般的に雪道。アウトランダーPHEVでも雪道は思い切り走ってみた。

 CX-5だって相当な4WD性能を持つ。精密な駆動力コントロールに関しては、XVを凌ぐほど。

 なのになぜXVを1位にしたかとなれば、走り楽しさで大きくCX-5をリードしているからに他ならない。

 CX-5、駆動性能や安定性こそ高いが、走る楽しさという点で薄いのだった。お利口過ぎちゃう、と言い換えればわかって頂けるだろうか。ひたすらアンダーステアに終始するのである。

【2位】MAZDA CX-5/極悪路での走破性はテスト車のなかで随一

 XVは荷重移動によってアンダー消したうえで、テール流すことだって可能。「クルマで遊ぶ」という概念はマツダより圧倒的に濃い。スバルと比べればマツダって実用車的だ。

 また、XVは『Xモード』という40km/h以下の速度域にかぎり精密な駆動力配分を行う機能が付いている。

 スペックだけで評価するとCX-5優位ながら、乗り比べた結果、XVに軍配を挙げておく。

C-HRとヴェゼル 小型SUV 2台の評価は?

 エクストレイルも高い実力を持つ。前後均等に駆動力をかけるモードにすれば、本格的なクロカン4WDに迫る走破性を持つし、最低地上高だってキチンと確保している。

 楽しさや精密な駆動力配分ではXVとCX-5に届かないけれど、極限の状況にさえならなかったらまったく問題なし。

 雪道で頼もしい相棒になってくれることだろう。雪道上等の日本車である。

【3位】NISSAN エクストレイル/優れた4WDシステムと走破性には定評あり

 C-HRとヴェゼルは4WDの制御も最低地上高も「普通レベル」。普通の雪道で困ることこそないけれど、上に挙げた3モデルと比べたらいろんな場面で厳しい。

【5位】TOYOTA C-HR、【6位】HONDAヴェゼルハイブリッド/ともに悪路走破性への特化よりも、カジュアルで扱いやすいSUVというキャラが身上

 番外としておきたいのが後輪をモーターで駆動するアウトランダーPHEV。高速域になるとアシストなくなるため事実上FFになってしまう。

 ただ、低い速度域では粘り強い駆動力を発生するモーターにより優れた能力を発揮する。

【4位】MITSUBISHI アウトランダーPHEV/低速域でのモーターを利した駆動力は特筆

■悪路走破性で斬るSUVの実力採点チェック

実力採点チェックの結果はこれ!! 

 オンロードでのSUV評価はどうだ!? 『国産コンパクト&ミディアム SUV ランキング』はこちら

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ