中古車店って儲かるのか? 1台売ってあがる利益と損するクルマ

中古車店って儲かるのか? 1台売ってあがる利益と損するクルマ

 新型コロナ感染症拡大によって、半導体不足や東南アジアのサプライヤーの生産中止により、新車の生産が滞り納車までの期間が長期化している。その影響が即納車可能な中古車市場に及び、中古車相場が上昇している。

 新車と異なり中古車は定価がない商品。それゆえ、トレンドや需要と供給のバランスを見極める店主の目利きが必要となるのだ。

 新車の供給不足によって注目が集まる中古車。ここでは、中古車販売店はどのように儲けているのか。本当に中古車が爆売れしているのかを中古車販売店にインタビューしてみた。

文/萩原文博、写真/ホンダ、SUBARU、萩原文博

【画像ギャラリー】中古車で聞いた売ってあがる利益と損するクルマを画像で紹介(7枚)画像ギャラリー

中古車を販売するためには古物商許可証が必要な資格

中古車店って儲かるのか? 1台売ってあがる利益と損するクルマ
展示車がズラリと並ぶ中古車販売店(イメージ画像)

 中古車販売店を営むために必要な資格がある。それが「古物商許可証」というものだ。古物商許可申請は、古物(中古品)を取り扱う事業を運営する際に申請しなければならず、中古車にかぎらず中古品を扱うために必要な資格なのだ。

 古物商許可申請の手続きは店舗がある場合は店舗の、無い場合は自身の所在地を管轄する警察署で手続きする。もし、申請をせず古物の取り扱いを行った場合は無許可営業となり、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金の対象となる。

 古物商許可申請を行う場合、許可申請手数料として19,000円が必要で、一般的に申請を出した後、40日前後で古物商許可証が交付される。また、古物商許可申請を行うにあたって、予め駐車場などの車両を保管できるスペースを確保しておかなければならない。

 中古車の売買をするだけであれば古物商許可証だけで良いのだが、中古車を仕入れるためには、現在はオートオークションを利用しなければ円滑に仕入れることはできない。したがってオートオークションに入会する必要がある。

 オートオークションの入会条件は会場によって異なるが、古物商許可証取得から1年以上経過していること、常設の展示場・事務所を保有していることなどがある。

 そのほか、中古車の売買のほか、廃車の引取も行う場合は、自動車リサイクル法引取業登録を行う必要があり、これは保健所にある自動車リサイクル担当窓口で申請する。

 さらに、自動車保険の代理店になっていれば、ユーザーからの信頼感は高まる。ただし、代理店登録には試験を受ける必要があるため簡単ではない。こうして見ると、中古車販売店を開業するためのハードルはそれほど高くないことがわかった。

小売りだけでなく海外への輸出など多角的な経営が求められる

海外で人気爆発したスバルサンバーディアスクラシック

 コロナ禍の影響で、中古車が本当に爆売れしているのかと輸入車販売店に聞いてみた。この販売店では2021年10月は過去最高の66台販売したという。この販売店は約40台展示できるのだが、その1.5倍で過去の3~4カ月分を1カ月で販売しこれまでに味わったことのない忙しさだったという。

 しかし、11月になると10台しか売れず好不調の波が大きくなっているような感じだと話してくれた。

 新車同等の高年式車から安価な国産車を中心に販売している中古車販売店に話を聞いてみると、確かに新車の納期がかかるようになって、未使用中古車や距離の薄い程度の良い車は新車より高く取引され始めているという。その影響で、オートオークションに出品されるクルマも程度の良いクルマが少なくなっていると話す。

 新車の納車遅延による影響が、中古車市場に影響を与えているのは間違いない。そして販売する中古車で高い利益を得られるクルマや販売してもあまり儲からないクルマはあるのかと聞いてみた。

 それなりに利益が出るクルマは、販売して以降に故障がなければ輸入車。そして販売台数が少なく、人気の高い限定車などはそれなりに利益が出るとのこと。それは、輸入車は故障などのリスク回避の為、それなりに利益乗せて販売しているので、何もトラブル出なければ丸々利益となる。

 また限定車は数少なく、扱う販売店も少ない。したがって高値で売れるのでそれなりに利益がでるとのこと。一方、利益出ないのは流通台数の多いクルマで日産セレナ、トヨタノア、トヨタプリウスなどを挙げてくれた。結局、流通台数の多いクルマはどの販売店も所有しているので、価格競争になってしまうのだ。

 さらに、現在中古車販売店は小売りだけで、利益を生んでいるわけではないと話してくれた。スバルサンバークラシックのように、ただ同然の古い車が海外で人気が出ていきなり高騰することもある。

 また触媒が高騰したことで、これまで5~7万円で取引されていた3代目オデッセがいきなり15万円で取引されるようになったりするなど、小売以外でも色々な要素で儲かることがあると話す。結局は店主がどれだけアンテナを張り巡らせているのかというのがポイントになるのだ。

 最後に中古車を1台売るとどれくらい利益を生むのかと聞いてみると、10年位前は1台当たり20~30万あったが。しかしインターネットの普及による価格破壊で良心的な販売店では今や10万~20万。副業でブローカーみたいなことやっているところだと1台あたり2万円位と話してくれた。

 また、最近では新車ディーラーで中古車を安く売っていて、専門店は厳しくなっているという。新車が納車できないのであれば、戦略的な価格で中古車を販売し、新しいユーザーを獲得しているという。

 とにかくディーラーはユーザーを呼ぶための策を講じているのだ。これからユーザーが減るのは確実だから中古車販売店の仕事を奪おうとしているという。ディーラー系中古車販売店が戦略的な価格で来られたら、保証も付いているのでとても敵わないと話す。

 やはり中古車販売店も生き残るためには、小売りだけでなく輸出やパーツ販売など多角的な経営が求められているようだ。

【画像ギャラリー】中古車で聞いた売ってあがる利益と損するクルマを画像で紹介(7枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ