【超売り時到来!!】空前の納車待ち長期化でぐいぐい値上がり中の中古車 3選

空前の納車待ち長期化でぐいぐい値上がり中の中古車 3選

 平時ならば、3月の大需要期が終わり、4月の中旬になれば中古車相場は横這いから値落ち傾向になっていた。

 しかし、コロナウイルス感染症拡大による世界的な半導体不足などの理由で新車の納車遅延が発生しており、現在でも中古車相場が値上がり傾向を示す車種が存在している。

 今回は、需要期が終了しても値上がり傾向が続いている中古車3モデルをピックアップ。値上がり傾向を示すのは人気車種に限らないことを覚えておいてもらいたい。

文/萩原文博、写真/日産自動車、萩原文博

【画像ギャラリー】値上がり中の中古車 3モデルの詳細を画像で紹介(17枚)画像ギャラリー

SUVの人気モデル、ハリアーの値上がりが目立つ!

空前の納車待ち長期化でぐいぐい値上がり中の中古車 3選
現行型ハリアーハイブリッドの走行シーン

 今回の調べた値上がり車種は、需要期前の2022年1月から終了後の4月にかけての流通している中古車の平均価格の値上がり幅の大きな現行モデルが販売されているもの。スカイラインGT-Rのようにすでに絶版となっていて、新車で手に入れることのできない車種は除外している。

 直近3カ月で流通している中古車の平均価格が270万円から286万円へと16万円アップしたのがトヨタハリアーだ。4代目となる現行型ハリアーは2020年6月から販売開始した。

 現行型ハリアーは新しい価値を提供するため、クルマの骨格であるプラットフォームにTNGAプラットフォーム(GA-K)を採用。ボディの高剛性化・低重心化を実現し、ドライバーの感性を重視した乗り心地と走りを両立させている。
また、外観デザインは、シンプルさとエレガントさそして逞しさが融合した流麗なクーペスタイルを採用している。

 インテリアは、馬の鞍をイメージした幅広く堂々としたセンターコンソールを採用。それを挟み込むインストルメントパネルとの組み合わせが「大らかな逞しさ」を演出し、その個性を強調している。さらに調光ガラスを用いた電動シェード付パノラマルーフをトヨタ自動車初採用した。

 搭載されるパワートレインは2.5L直列4気筒ガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムと2L直列4気筒ガソリンエンジン+CVTの2種類で、それぞれ駆動方式は2WDと4WD(ハイブリッド車はE-Four)を設定。

 安全装備では歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を装備。さらに、駐車場など低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]などの安全・安心をサポートする装備も充実している。

 ホームページの工場出荷目処を見ると、ハリアーは詳しくは販売店にお問い合わせください。となっている。この表示は短くても半年以上は納車まで時間が掛かりそうだ。

 現行型ハリアーの中古車は、約1,090台流通していて、価格帯は約263万〜約598万円となっている。グレードでは2Lガソリン車のZレザーパッケージが最も多く、次いで、Z、Gと上位は2Lガソリン車が独占している。ハイブリッド車もZレザーパッケージが最も流通台数が多く、上級グレードほど流通台数が多いのが特徴だ。

 続いては直近3カ月の平均価格が、130万円から142.5万円となり、値上がり幅が12.5万円を記録した日産NV100クリッパーリオ。このモデルはスズキエブリイワゴンのOEMモデルだが、本家エブリイワゴンの9万円を上回る値上がり幅を記録している。

軽自動車ではNV100クリッパーリオとN-BOXが大幅な値上がり

空前の納車待ち長期化でぐいぐい値上がり中の中古車 3選
現行型N-BOXカスタムの走行シーン

 NV100クリッパーリオは、エンジンを運転席下に搭載したキャブオーバータイプの1.5BOX車。現行モデルは、2015年2月に登場した。

 現行型NV100クリッパーリオは、クラストップの広く快適な室内空間を実現。さらに自転車や長めの荷物も積み込める多彩なシートアレンジが可能で、フルフラットモードにすれば車内泊もできる。

 搭載するエンジンは660ccの直列3気筒ターボエンジンのみで、4速ATと組み合わされる。NV100クリッパーリオは、軽1BOX系の車種でいち早く運転支援システムを搭載し、高い安全性を確保している。

 現行型NV100クリッパールオの中古車は約300台流通していて、価格帯は約59.5万〜約209.8万円。グレードでは上級グレードの660Gが最も多く、次いで660Eと2WD車が中心だ。

 そして、中古車の平均価格が3カ月前の122万円から現在は131万円へと9万円の値上がり幅を記録したのが、ホンダN-BOX。現行型のN-BOXは2017年9月より販売開始された。モデル体系は従来モデルと同様に標準モデルと押し出し感を強めたN-BOXカスタムの2種類を用意。

 外観デザインは先代モデルを踏襲しているものの、クルマの基礎となるプラットフォームをわずかひと世代で一新。高張力鋼板を採用するなど軽量化と高剛性化を両立させ、走行&燃費性能を向上させている。

 搭載されているエンジンは直列3気筒ターボには電動ウェストゲートを採用。一方の直列3気筒自然吸気エンジンにはホンダ独自のi-VTEC技術を採用。さらにCVTも改良が加えられ両エンジンともに走行性能が向上している。

 さらに現行型N-BOXにはホンダ独自の運転支援システム「ホンダセンシング」を全車に標準装備。高速道路での追従走行が可能なアダプティブクルーズコントロールを軽自動車として初採用したのに加えて、ホンダ車として初採用となる後方誤発進抑制機能を追加するなど、街乗りだけでなく、ロングドライブも視野に入れた充実した運転支援システムが充実している。

 2019年には一部改良が行われ、衝突被害軽減ブレーキの性能が向上し、横断する自転車や夜間の歩行者の検知精度を向上。2020年には内外装を変更するマイナーチェンジを実施。そして2021年の一部改良では、電子制御パーキングブレーキを採用。さらに、ACC(アダプティブクルーズコントロール)に渋滞追従機能を追加するなど快適性を向上させている。

 現行型N-BOXは中古車の平均価格の上昇とともに、流通台数も3カ月前の1万4500台から1万6500台へと増加している。特に現行モデルで2021年〜2022年式、走行距離500km以下といういわゆる未使用中古車が約2,770台も流通している。

 2021年末に電動パーキングブレーキを装着する一部改良を行い、その後2,000台の中古車の流通台数の増加は、未使用車の市場流入によるもの。と見て良いだろう。

 ホームページを見てもN-BOXは一部タイプ・カラーでは半年以上かかる場合があるものの、1カ月程度で納車可能となっているのだ。現在、現行型N-BOXの中古車は約9,800台流通していて、価格帯は約65.8万〜約265万円となっている。

 今回値上がりしている車種としてピックアップしたハリアー、NV100クリッパーリオとN-BOXでは中古車相場の平均価格が値上がりしている理由が違っていると言える。

【画像ギャラリー】値上がり中の中古車 3モデルの詳細を画像で紹介(17枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ